【転載】 ALIVE-news ◆動物愛護法 基本指針、基準等に関するパブコメ

[ALIVE-news]より転載です。


-----* 転載、ここから *-----


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ ALIVE-news ◆動物愛護法 基本指針、基準等に関するパブコメ┃2013.06.13
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

動物の愛護及び管理に関する法律の一部改正等に伴う動物の愛護及び管理に関する施策を総合的に推進するための基本的な指針及び動物の飼養及び保管等に関し定めた各種基準等の改正案についてのパブリックコメントの募集が始まりましたのでお知らせいたします。

パブリックコメントの募集期間は平成25年6月13日(木)から平成25年7月12日(金)までです。


-------------以下環境省報道発表--------------

平成25年6月13日

動物の愛護及び管理に関する施策を総合的に推進するための基本的な指針及び動物の飼養及び保管に関する基準等の改正案に対する 意見の募集(パブリックコメント)について (お知らせ)
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=16763

 動物の愛護及び管理に関する法律の一部改正等に伴う動物の愛護及び管理に関する施策を総合的に推進するための基本的な指針及び動物の飼養及び保管等に関し定めた各種基準等の改正案について、平成25年6月13日(木)から平成25年7月12日(金)まで、広く国民の皆様の御意見を募集いたします。

 環境省では、平成24年9月5日に公布された「動物の愛護及び管理に関する法律の一部を改正する法律(平成24年法律第79号)」の施行に向けて、必要となる告示の見直しを、中央環境審議会動物愛護部会の意見を聴きながら行っているところです。
 5月17日(金)に開催された同部会で、下記の7件の告示について改正案が取りまとめられました。

[1]動物の愛護及び管理に関する施策を総合的に推進するための基本的な指針
(平成18年環境省告示第140号)

[2]家庭動物等の飼養及び保管に関する基準
(平成14年環境省告示第37号)

[3]展示動物の飼養及び保管に関する基準
(平成16年環境省告示第33号)

[4]実験動物の飼養及び保管並びに苦痛の軽減に関する基準
(平成18年環境省告示第88号)

[5]産業動物の飼養及び保管に関する基準
(昭和62年総理府告示第22号)

[6]動物が自己の所有に係るものであることを明らかにするための措置について
(平成18年環境省告示第23号)

[7]犬及びねこの引取り並びに負傷動物等の収容に関する措置について
(平成18年環境省告示第26号)

 これらに関し、広く国民の皆様から御意見をお聴きするため、下記の意見募集要項のとおり郵送、ファクシミリ及び電子メールにより、平成25年6月13日(木)から平成25年7月12日(金)までの間、パブリックコメントを行います。

【意見募集対象】
添付資料1
動物の愛護及び管理に関する施策を総合的に推進するための基本的な指針改正案
http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=22454&hou_id=16763

添付資料2
家庭動物等の飼養及び保管に関する基準改正案
http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=22455&hou_id=16763

添付資料3
展示動物の飼養及び保管に関する基準改正案
http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=22456&hou_id=16763

添付資料4
実験動物の飼養及び保管並びに苦痛の軽減に関する基準改正案
http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=22457&hou_id=16763

添付資料5
産業動物の飼養及び保管に関する基準改正案
http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=22458&hou_id=16763

添付資料6
動物が自己の所有に係るものであることを明らかにするための措置について改正案
http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=22459&hou_id=16763

添付資料7
犬及びねこの引取り並びに負傷動物等の収容に関する措置について改正案
http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=22460&hou_id=16763


【参考資料】
(1)中央環境審議会動物愛護部会における検討状況(順次掲載しております)
http://www.env.go.jp/council/14animal/yoshi14.html

(2)動物の愛護及び管理に関する法律の一部を改正する法律
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/nt_h240905_79.html

(3)動物の愛護及び管理に関する法律施行規則の一部を改正する省令
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=16489

(4)動物取扱業者が遵守すべき動物の管理の方法等の細目の一部を改正する告示等
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=16584



※転送・転載可です。転載・転送される場合は[ALIVE-news]より転載と明記してください。



-----* 転載、ここまで *-----



こうしたパブコメは、業界関係者が“自分たちの利益を守る為”の意見を毎回大量に提出していると聞きます。
圧力も相当あるとかないとか。



ところで、添付資料2の家庭動物についてなんですが。
表現を明文化したところが多いのかな?
でも、家庭動物だけに外から見えないことが多くて、いくら法律を作っても、
(1)飼い主に法律をどう周知するのか?、
(2)違反してることを他者がどうやって気付けばいいのか?、
(3)違反者に注意勧告、罰則はされるのか?、
(4)改善されない場合、虐待を受けている動物を飼い主から取り上げる(保護する)ことができるのか?
結局、何も変わらない気がして心配です。


そして、犬猫に関して動物愛護センターは引き取りを拒否できるって。。。
センターは今、様々な努力をして殺処分0を目指しているところも多いけれど、基本ここに持ち込む人は「処分してくれ」と言う気持ちで持ってくるはず。
つまり死んでも構わないと思っている動物を引き取ってもらえなかったら、「じゃ、しょうがないから大切に育てよう」って思うより、絶対捨てるでしょ!?


既に自治体によっては、一度持ち込むと「二度と持ち込みません」と誓約書を書かされるところがあり、それが動物の遺棄に繋がっている、または繋がることが危惧されてるとも聞きます。



今の日本の動物愛護環境で、アニマルポリスの導入は飛躍し過ぎかもしれないけど、もうちょっとこう監視体制というか、管理できたらいいんだけれど。

いっそペットショップで購入時に住んでいる自治体への届けも一緒に登録するとか。
あ~でも、家庭繁殖させた子が漏れるか...。

何かいい方法ないかねぇ???



↓ ランキングに参加しています ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます


↓ とっても励みになります。
スポンサーサイト

theme : 動物愛護
genre : ペット

comment

Secret

No title

う~ん、こういう問題は難しいですね。
動物関連の仕事をしている方からしたら
死活問題だから、必死になるでしょうし・・・

お店での生体販売の禁止
避妊・去勢手術をしていない動物さんの一般家庭への販売禁止
避妊・去勢手術ができない動物を愛玩動物とすることを禁止
動物さんの繁殖は、国が管理する機関一つでのみ行う
これぐらい厳しくしないと、だめではないかな~と思います。
日本人は動物に対して、下に見る傾向があるので、厳しい
法律が必要ですよね。

今一番気になるのが、実験動物の扱い・・・
それは、それは辛い思いしていそうで、考えただけで怖いです。

こういう機会に動物と暮らす方が動かないと、日本は変われないですよね。
パブコメ、送りたいと思います!!

No title

twitterで今回のパブコメに関しての記事を見てたので、ブックマークしてました(^^)
前回のときも出しましたが、結局色んな圧力でうやむやになりましたよね...
hamori☆さんが私のブログへのお返事に書かれていたように、私も最終的には個々の人間の心の問題だと思っています。
どんなに悪徳な業者や、生体販売がなくなっても、みんなが里親になる選択をしようと、捨てる人は捨てる、適正飼育をしない人はしませんから...
避妊去勢に関しても、それをすれば良しとするなら、チンチラとかも麻酔や抗生物質の危険性などなどを無視して、無茶な手術をしてでも販売しようとするだろうし....避妊去勢に関して規制されると、うちの子達はうちで飼えなくなるかも...とも思うし...(^^;
ただやはり動物を家族として迎えるのなら、犬の際に届出を行うように、あらゆる動物、生物に関して登録制にすべきだとは以前から思ってます。
イギリスでも犬や猫に続いて、うさぎさんを登録制にという運動が起こっていますし。
所謂『マイナンバー』制度が導入されれば、そのあたりの管理、これまでよりはきちんと出来るでしょうし...
家庭動物もですが、産業動物も...オランダではついに毛皮工場の廃止が上院で可決されたそうで、日本もまだ残っているミンク工場などに関して、動いて欲しいと願います...
そしてやはり先進国の中でもっとも不透明と言われている実験動物に関して、きちんと数や実験内容、場所などの把握を他国のように国が把握できるような状態にもっていきたいですよね...
かなり長い道のりとなるでしょうけど...
長々とすみません。
何だかここにパブコメ記入してるみたいになりましたねw
ごめんなさい(_)

★Bellyさん

幼犬、幼猫の8週齢問題も含めたペット用動物、畜産動物が劣悪な環境にあるのは、消費者の『安く』というニーズがあるからなんですよね。
TPPの勝ち組と言われているサクランボなんて高くても売れるからより品質よく作れるし、野菜も有機野菜とか高くてもニーズがありますよね。
フシギなのは、例えばブランド牛肉のひとつである松坂牛なんて、高いけれど牧草を与えられているわけじゃないし、放牧もされてない。牛舎の中で穀類を与えられ、ビールも飲んでる(?)とか。ちっとも健康的な食材じゃないわけです。
これが消費者のニーズなわけだから、Bellyさんが仰るように動物関係の仕事をしている人からしたら、何を選択すればよいのかジレンマはあるでしょうね。

実験動物の問題も、動物実験の話題を出すと、「それじゃ、薬を飲まないのか?」「化粧品だって洗剤だって・・・」とわざわざ噛みついてくる人いますが、日本の場合、無管理でブラックボックスのせいで人類の幸せと全く無関係の科学者の知的好奇心を満足させるだけの無意味で残酷な実験の犠牲になっている動物がたくさんいるってことをまず知ってほしいです。

いつも思いますが、Bellyさんは本当に問題意識の高い方ですよね。
この間の「ねこかつ」の「ファー付ねこじゃらし」のこととか、以前にもありましたが、Bellyさんのコメントを読んでいると、「あ~~~(滝汗)、ごめんなさい!全然思いつきもしませんでした!!」って思うことしばしばあります。σ(^_^;)アセアセ...

★み~たさん

み~たさん、twitterに、Facebookに、Google+にとスゴイですよね。
私、絶対放置しそうなので興味はあるものの未だ何も手を出せてません。
Google+はアカウントを持っているので、そこから始めようかなぁと思いつつ・・・。(汗)

み~たさんの仰るとおり、法整備されている動物愛護先進国と言われるドイツや他の欧州国だって、手放す人はいて、日本なんかより立派な施設が莫大な寄付で成り立ってたりする訳なんですよね。
ただ、家でも家具でも古いものを大事に使う欧州文化と使い捨ての日本文化、例えは悪いけれど、動物に対しても新しい物を求めてしまうのは文化的背景があるんじゃないかと思ってます。
狭い日本の住宅事情や、あと日本て動物嫌いの人多いですよね。ペット禁止マンション、ペットは頭までキャリーに閉じ込めてという電車マナー。
だから仕方ない、とは言いませんけど、同じ土俵に置いて比較はできないなぁと思ってます。
やり方はどうであっても、動物さんたちが苦痛を感じることが少ない方向に導いていきたいですね。

こんにちは(^^)
Google+、楽しいですよ♪
動物だけでなく、色んな国々の自然や植物や景色等の写真を沢山見れて、旅行しているような気分になれますo(^o^)o
う~ん、私は『同じ土俵』に上がれると考えてるんですよ(^^;
Google+とfacebook始めてよくわかった事なんですが、どの国も状況はさほど変わらないんですよね…
ドイツもフランスも、アメリカ、スペイン、ルーマニア、イギリス、シンガポールetc. …
イースターやクリスマスになればうさぎさんを始め、小動物達が〇〇%offなんていうセールになり、安易にプレゼントなどとして買って、しばらくすると飽きて飼育放棄…狭いケージに入れられたまま構ってもらえず、ひどい場合は屋外の小さな小屋で忘れ去られたまま変わり果てた姿に…(;_;)
飼い主にひどい目に合わされる子達…
保護活動をしている人を村から追い出そうと、集団で執拗に嫌がらせをしたり、元飼い主から取り返しのつかない傷を負わされ、なんとか保護された子に、保護宅の庭に忍び込んで再度傷を負わせたり…
毎日のようにアップされる新しい保護っ子達の写真と記事…
日本と同じように日々一生懸命、できるだけ多くの人に知ってもらおうとブログやSNS、YouTubeなどで呼びかける人達…
最近ではドイツの遊園地で狭いケージに閉じ込められてるうさぎさん達の飼育環境改善の署名呼びかけなどもあってます…
『ああ、一緒なんだな…』って痛感しました(^o^;)
法が制定されてても、やっぱり厳しい現状はなかなか変わらないものなんですよね…
(それを知る事が出来ただけでも、fbとかG+始めて良かったと思ってます。)
だからって諦めたくはないから、いつかそのうち、私は見届けられないかもだけど、動物達が少しずつでも暮らしやすくなる世界がくれば…人間の心が少しでも動物に優しくなれば…と、願うばかりです(^.^)
長々とスミマセン(__)

★み~たさん

Google+、イマイチよくわからないんですよねぇ。。。オバチャンなもので (ーー;)
最近は移動時間中にブログチェックとメールチェックをしてますが、それすら間に合ってない状況なので、これ以上チェックを増やすのは無理!と消極的になっているのも多分にあります。
動物関係に関わらず、日本のニュースは内容も見方も偏っていると言われているので、海外のニュースや情報ってとても興味はあるんですけどね。
外国語も苦手だし、ちょっと取り残され感を感じている今日この頃です。
我が家のモフモフくんたち

げっ歯目のチンチラ、加奈ちゃんです。
2008年10月20日オランダ産 ♂カラー:ブラックベルベット
体重:679グラム(2017/6/3現在)


ジュウサンセンジリスのソニアちゃんです。腹壁ヘルニアをものともしない気の強いお嬢さんです。
2011年5月生まれ ♀
体重:285グラム(2017/4/15現在)


うさぎの薫くんです。開帳肢だけれど走るの大好き♪
2016年7月生まれ ♂
体重:880グラム(2017/6/3現在)


<<虹の橋を渡りました>>
ブルーデグーのティノくんです。撫で撫で大好きな甘えん坊さんでした。
2009年5月中旬オランダ産 ♂
2015年6月14日永眠


ゴールデンハムスターの靖睦くん(チカちゃん)です。後肢不自由でありながら歩くのが大好きな頑張り屋さんでした。
カラー:ロング ドミナントスポット シルバー系
2010年4月上旬生まれ ♂
2013年3月16日永眠


シマリスの輝(ヒカル)です。斜頸で回っちゃうけど元気で明るい男の子でした。
2011年2月生まれ ♂
リンパ腫で6か月の闘病の末
2016年8月6日永眠


↓ランキングに参加しています↓ブログランキング・にほんブログ村へ
ミニブログ設置しました♪
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
912位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小動物
42位
アクセスランキングを見る>>
ご訪問ありがとう
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
子どもたちの幸せのために
Because I am a Girl 世界の女の子たちに、生きていく力を 国際NGOプラン・ジャパン

動物たちの幸せのために
地球生物会議ALIVE
人と自然の調和をめざす WWFジャパン公式サイト

★生産方法を知ってますか?★ 地球生物会議ALIVE 毛皮のページ
フォアグラの作られ方を知っていますか?

Say NO Project

★人間に有効とは限りません★ 医学的見地から動物実験に反対する

★里親という選択肢を★ 一般社団法人ALMA(アルマ) ~犬里親募集~
ちばわん ~犬猫里親募集~
ペットのおうち

保護猫カフェ『ねこかつ』@川越


関連リンク 他


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

更新履歴
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


ブログ村