保護ネコカフェ『ねこかつ』に行ってきました!

昨日、友人と川越にある保護ネコカフェ『ねこかつ』さんに行ってきました。

保護ネコカフェ『ねこかつ』20130608


名前のとおり、猫カフェ・スタイルで保護猫たちと触れ合いつつ、本当の家族を探すシステムです。

保護ネコカフェ『ねこかつ』リーフレット
クリックで拡大できます




場所は、本川越駅前のクレアモール商店街の通りにある建物の1室。
1階は居酒屋「笑笑」の雑居ビルの3階で、狭くて結構急な階段の先にあります。


土曜の13時半から16時半頃まで長居してしまいましたが、私たちの他には入れ替わり立ち代わりで他に1~2組がいる程度の静かな空間でした。


保護ネコカフェ『ねこかつ』20130608


猫ちゃんたちもゆったりお昼寝モード。
皆人懐っこく、とても安心できる空間であることが感じられました。



そっぽ向いちゃってますが、腰の辺りのゴールドの被毛がとても美しく、瞳の綺麗な可愛い子でした。↓
保護ネコカフェ『ねこかつ』20130608


皆、換毛中で毛が浮いているのが気になりましたが。
(抜きたくなってウズウズする意味で)
スタッフの方がブラッシングしているのを見て、目が釘づけ!!!
猫毛フエルトの本が出ていますが、フエルトが作れるくらいたっぷり抜けます。
・・・あぁ、ブラッシングしてみたい。



1枚目の画像にも写ってますが、私たちがいた3時間、ずぅーーっと眠ってました。
寝子だねぇ。。。↓
保護ネコカフェ『ねこかつ』20130608



私は猫を飼ったことがないので、イマイチ触れ合い方がよくわかりませんが、動物さんの眠っている姿を眺めてるのって幸せです。(#⌒∇⌒#)ゞ
画像に写っている子たち、皆保護された子たちで本当の家族を待っています。


保護ネコカフェ『ねこかつ』20130608



虐待を受けていた子、飼い主から捨てられた子など、皆辛い経験をしていた子たちです。
ここで人間への信頼を回復して、今度こそ幸せを掴んで欲しいです。



この子はまだ2日前に保護されたばかりだそうで、ケージに入っていました。
飼い主の持ち込みだそうです。
ゴージャスな被毛に美しい顔立ち、これで9歳って言ってたかな?
純血種の猫ちゃんです。
保護ネコカフェ『ねこかつ』20130608


お迎えされた頃の溺愛された記憶が、鮮明にこの子の中にあるはずです。
連れてこられた時はかなりのシャーシャーちゃんだったそうです。
この子の心の内を思うと───本当にごめんなさい、と人間として誤りたくなります。




私は被捕食動物と暮らしているのでお迎えはできないので。
心ばかりの猫砂とフードを楽天から直送させていただきました。

でも、現地を訪れるとフードの取扱い(販売)があるんですね。
取り扱っているのは、ロイヤルカナン・シリーズで私が送ったものとは異なりましたが、フードの差し入れも多いようだし、他の物の方がよかったかな。
猫砂は歓迎していただけました。



帰り際に代表の方とお話をしましたが、こうした活動をされている方から直接お話しを聞ける貴重な機会となりました。
また機会を作って、ご支援・訪問したいと思います。





最後に。

被捕食動物と捕食動物を一緒に飼っている飼い主さんがいますが。
「仲良くしてる」とか「気にしてない」なんて軽く考えている方多いですが。
ほとんどの場合、飼い主の都合のよい思い込みですから。

猫を部屋に入れなくなっただけで毛引きが治った大型インコの例もあります。
見た目に症状が現れなくてももの凄いストレスを感じている子もいます。

人間だってパワハラ上司が着任した翌日から鬱病になるなんてことないですよね。
症状が現れるのは半年後かもしれないし1年後かもしれないし。
辛くても辛くても周りに気付いてもらえない人もいる。

人間は基本肉食だし、生態系ピラミッドの頂点にいるから理解できないのかもしれないけれど。
どうしても、あれもこれも飼いたいなら気配や匂いが届かないくらいの住み分けをしてあげてください。





↓ ランキングに参加しています ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます


↓ とっても励みになります。
スポンサーサイト

theme : 猫カフェ
genre : ペット

comment

Secret

No title

ニャンちゃんバナーで思わずポチw
猫カフェ、まるでにゃんこがコーヒーに入っているみたいなネーミング♪←私だけ?w
いろんな事情でその場所にたどり着いているんですね。
いつも色々考えさせられます。


★にこしょーんさん

犬を同伴するドッグカフェとは、名前は似ててもまったく異なりますよね。
飼い鳥に関しては、バードラン、バードカフェとワンちゃんと同じ同伴タイプですが、猫やウサギなどは触れ合いを目的とした展示動物タイプです。
触れ合い動物園同様、いろんな問題を抱えていますが、ここの子たちはストレスも少なそうでしたし、飼い主さんが見つかるまでの期間限定ですから、幸せを掴んで欲しいです。

No title

個人的に猫カフェってやり方はどうも疑問に感じる部分があり、行ったことないんですけど、この方法はいいアイデアですね!保護活動にはどうしても資金がいりますし、それをカフェで補いつつ、飼い主候補さんとのお見合いの場も作れるのだから、こういった場なら応援したいなと思いました。

一方で、それをいいことに持ち込みで飼育放棄していく人やっぱりいるんですね。友人が一般的な猫カフェでバイトしていたことがありましたが、やはりカフェの前に捨て猫ってちょくちょくあったそうです。

最近は、デグーについても、虐待や、保健所への持ち込みの話しをちらほら聞くようになってきました。偶然私の耳に入るのは、ほんの一握り、見えないところでは、もっともっと多くの命がないがしろにされているのでしょうね。悲しくなります。

No title

ねこカフェは反対ですが、ねこかつさんは
別ブログで読んで、とても良い方法だと思いました。
用品寄付も募っていたんですね・・それは知りませんでした。

ただ、猫保護さんは、正直あまりよい印象を持っていなくて・・
動物保護をしているのに、うさぎの毛を使った猫おもちゃを
平気で使っている方がおおい・・堂々とブログでそれを書いて
いるので、気分が悪くなることが・・・
ねこかつさんでは、それを使っていないといいのですが・・・

そうそう、小動物さんと猫や犬を同じ空間に置いて
仲いいんですアピールには笑ってしまいます。
そんなわけないだろーーーと。
あれは諦めと妥協の上に、成り立っている、悲しい
事実だと思います。

★Hirokoさん

私もこのシステムはとてもよいと感じました。
事前に与えられた情報だけで1匹を絞り込んで、たった一度のお見合いでトライアルに入るよりも、カフェであれば何度も何時間でも通うことが可能ですし、逆に里親候補の方の猫に対する接し方を見ることもできるので、引き渡す側にとっても里親詐欺の被害を防ぐことができるかもしれません。

> 一方で、それをいいことに持ち込みで
そうですね。猫カフェ然り、動物病院然り、動物園の前なんてのもあるそうですから。
本当に迷惑な話です。

デグーも増え過ぎて・・・が飼育放棄に繋がってないか心配です。
以前母から、知り合いが山へデグーを捨てたという話を聞かされて、やり切れない思いでいっぱいになりました。

★Bellyさん

特に用品寄付を募っているわけではないんですが。
よい意味で地域密着型のようなので、差し入れ持参で・・・て言うのが主かもしれません。
私たちが現地へ到着した時、階段の下に車いすがあって、老婦人が急な階段を下してもらっているところでした。
アニマルセラピーとしても、今はもう飼えないからという事情をお持ちの方だったとしても、とてもよい場だと思います。

猫のおもちゃですか...。
友人が棒の先に糸が垂れていてネズミが付いてるタイプのおもちゃと使っていましたが、フェザーもファーも付いていませんでした。
おもちゃが入っている引き出しまでは確認しませんでしたが、他の方が使っていたおもちゃも特に問題なかったように思います。

ウサギとネコの組み合わせは本当に多いですね。
ウサギ好きな人はネコ好きなんでしょうか???
直接攻撃されなくてもショック死などの事故事例もあるようですし、もう少し重く受け止めて欲しいと思います。

No title

こちらのような猫カフェ、確か北海道にもあったような(^^)
うさぎカフェはじめ、基本的にはあまり良い印象を持っていないのですが、このような活動をされているのは素晴らしい事ですよね。

記事とは関係なくて申し訳ないのですが、私が参加しているコミュニティで
昨年夏の猛暑でのびて目が虚ろになってるデグーさんの写真をアップしている方がいたので、『エアコンは!?』と尋ねたら、『基本使いませんが、今年は様子を見ながらつけるかどうか決めようと思います』なんていう答えが返ってきたので、私びっくりしまして、デグーさんの飼育書などに書いてある温度管理の事、熱中症で命を落とす危険性の事などを書いたら、『知りませんでした~』との事で....
うちの場合、初チンチラのホレイショをお迎えするまでに1年以上あれこれ調べて、考えて...って感じだったのですが、まあ、時間の長さは別にしても、普通、お迎えする前にある程度は調べたり、もしくは飼いながら学んでいくのでは...と思うのですが...(ましてや、この方の場合、ネット環境にいるわけですし...)
そのお写真のデグーさんのあの目がずっと頭から離れなくて、なんだかモヤモヤしてます(;;)
色んな種類の動物さんを飼うにしても、種類は1つでも、とにかくその動物の事を少しでも知って、また飼いはじめてからでも色々と学びながら、その子達の幸せを考えていきたいものですよね...
長々とすみません(_)
あの投稿見た瞬間に、『hamori☆さ~ん!大変ですっ!!』と一番に思ってしまったので...

ありがとうございました。

ご来店・物資のご支援や
ブログでのご紹介ありがとうございました。


いまのところ、積極的に支援を募っていませんが、
なんでも嬉しいですし、助かります。

仲間うちで、お店に来ている仔の数倍の
保護猫をかかえていますので、
使い道はたくさんあります。


私も『猫カフェ』は嫌いで、
お店を開く参考にするまでは行ったことがありませんでした。


街中の人がいるところで里親募集ができて、
気軽に入ってもらえて、猫がリラックスできる環境をつくって、
といろいろ考えているうちにこのスタイルになりました。


ファーを使った猫じゃらしですが、
実はお店にあります。。。

すみません。

私自身は絶対に購入しないのですが、
お客様からのいただき物を捨てるのもどうかと思い、
複雑な心境で使用させていただいています。

その点も、キチンと告知していかなきゃいけないな
とあらためて思いなおしました。

またぜひいろいろと教えていただければと思います。

★み~たさん

都内にも保護猫カフェあるようなので、また友人と行く約束しています。
うさぎカフェはね~。
最近、ふれあい動物園も子供が動物を追い掛け回さないようにする為なんでしょうけれど、ズラッと並べられた椅子に子供たちが座って、ひとり1ウサを膝の上に乗せて撫でてるんですよ。
あれ、楽しいのかな?ってすっごく疑問です。
だって、あの付き合い方、不自然でしょう?
でも、保護ウサギも抱っこOKか否かが里親が見つかる重要ポイントだったりするから、皆あれを求めてるんでしょうね。

デグーさんは割と寒がりで25、6度でも問題なさそうなので、それは30度超えてたのかなぁ。
『知りませんでした~』って言うのは、デグーが生き物で、人間と同じ哺乳類で、暑さ寒さを感じるってことを知らなかったんでしょうか。それとも、熱中症が日本でも近年は毎年死者が出てる死に至る症状だったことを知らなかったんでしょうか。と、思わず意地の悪いことを言いたくなっちゃいますが、最近想像力の欠如した人が多いから、何も考えてないんでしょうね。

動物愛護の問題は、行政や業者をなんとかすれば解決すると考えている活動家の方多いですが、私はやっぱり一般消費者(飼い主)の意識の問題がいちばんだと思うんですね。
飼えるかどうかも考えずに買って、誤った飼養で寿命を縮め、新たな'おもちゃ'が見つかれば興味が薄れ、邪魔になって手放す。
皆がみ~たさんのようにしっかり学んで検討してからお迎えするなら、無駄な命の消費もなくなって、結果悪徳業者も減るんじゃないかと思うのです。
今回み~たさんが「熱中症の危険」について知らせてあげたことで、そのデグーさんは快適な夏を過ごせるでしょうし、寿命も延びたでしょう。
こうして身近なところから少しずつ地道なことですけど、とても大切なことだと思います。

★ねこかつさん

こちらこそ、猫さんたちとの幸せな時間をありがとうございました。
ねこかつさんは、私も他ブログで知ってはいたのですが、ブログを拝見するようになったのは最近のことで、文章から伝わってくるお人柄、画像から伝わってくる猫さんたちへの愛情に心動かされ、猫好きの友人に声を掛け、先日の訪問となりました。
静かで猫さんたちが非常にリラックスしていて快適な空間であることが感じられ、行ってよかったと心から感じました。

ファーは、毛皮動物と暮らしている者にとっては、見た目も手触りもあまりにリアルでその毛皮の先に動物の姿が浮かんで気持ちが悪くなります。
猫飼いさんはまるで他人事のようにファー付のおもちゃを使いますが、犬や猫の毛皮だって安価な毛皮として日本にも輸入されています。
犬猫の毛皮 (動画も是非)
→ http://www.no-fur.org/about/dogcat/#.Ubu6Q_eCimS
猫をじゃらすおもちゃが実は猫の毛でできていたなんて想像してみてください。
もしも告知を検討していただけるのでしたら、リアルファーのおもちゃを禁止(反対)するよりも、猫好きさんにもファーは他人事じゃないって広く知ってもらえたら嬉しいです。(釈迦に説法でごめんなさい)

またご支援や訪問させていただきますね。
本当にありがとうございました。
我が家のモフモフくんたち

げっ歯目のチンチラ、加奈ちゃんです。
2008年10月20日オランダ産 ♂カラー:ブラックベルベット
体重:679グラム(2017/6/3現在)


ジュウサンセンジリスのソニアちゃんです。腹壁ヘルニアをものともしない気の強いお嬢さんです。
2011年5月生まれ ♀
体重:285グラム(2017/4/15現在)


うさぎの薫くんです。開帳肢だけれど走るの大好き♪
2016年7月生まれ ♂
体重:880グラム(2017/6/3現在)


<<虹の橋を渡りました>>
ブルーデグーのティノくんです。撫で撫で大好きな甘えん坊さんでした。
2009年5月中旬オランダ産 ♂
2015年6月14日永眠


ゴールデンハムスターの靖睦くん(チカちゃん)です。後肢不自由でありながら歩くのが大好きな頑張り屋さんでした。
カラー:ロング ドミナントスポット シルバー系
2010年4月上旬生まれ ♂
2013年3月16日永眠


シマリスの輝(ヒカル)です。斜頸で回っちゃうけど元気で明るい男の子でした。
2011年2月生まれ ♂
リンパ腫で6か月の闘病の末
2016年8月6日永眠


↓ランキングに参加しています↓ブログランキング・にほんブログ村へ
ミニブログ設置しました♪
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
1728位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小動物
68位
アクセスランキングを見る>>
ご訪問ありがとう
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
子どもたちの幸せのために
Because I am a Girl 世界の女の子たちに、生きていく力を 国際NGOプラン・ジャパン

動物たちの幸せのために
地球生物会議ALIVE
人と自然の調和をめざす WWFジャパン公式サイト

★生産方法を知ってますか?★ 地球生物会議ALIVE 毛皮のページ
フォアグラの作られ方を知っていますか?

Say NO Project

★人間に有効とは限りません★ 医学的見地から動物実験に反対する

★里親という選択肢を★ 一般社団法人ALMA(アルマ) ~犬里親募集~
ちばわん ~犬猫里親募集~
ペットのおうち

保護猫カフェ『ねこかつ』@川越


関連リンク 他


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

更新履歴
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブログ村