チカちゃんの四十九日

5月3日───チカちゃんの四十九日に城東動物霊園に霊座をお借りして、チカちゃんの納骨をしてきました。


受付で個別納骨をお願いしたい旨を伝えると、1階(別館納骨堂)、2階(本館納骨堂)の順に案内していただき、開いている場所をひと通り見せていただきました。

丁寧に案内していただいたものの、“ご近所さん”などもじっくり見て決めたいなぁと、ひと通り見終わったら即答を求められると思っていた私は、少々不安にかられていたのですが。

「では、ごゆっくり見てご検討なさってください」
と霊座区画番号をメモする為の筆記具を私に手渡し、いつもの静かで柔らかな笑顔で退出されて行かれました。


1月に見学をさせていただいた時にも感じたのですが、今回も1階は空気がひんやりしているのを感じました。
(室温の問題でなく、“場”が持つ“気”の質のようなものです。科学的じゃないけど)

なので、2階。
契約後、気に入った空きの場所があれば引っ越し可ということもあって、空いているのは隅っこや少し高い場所ばかり。
チカちゃん自身に決めてもらおうと、いくつかの候補に実際に遺影を飾ってピンとくる場所を探しました。


番号をメモして受付に戻り契約を済ませると。

「それでは、周りの方に負けないくらい明るく飾ってあげてください」
と送り出してくださいました。

この霊園に決めたのは、偏にここの関係者の方々の「温かい応対」です。
1月に見学、3月に火葬、そして今回の納骨が3度目になりますが、いつも変わらぬ静かで温かい言葉と笑顔。
改めて、この霊園と出会えてよかったと思っています。

余談ですが。
見学した他の霊園には、対照的に「ペット産業は儲かる」が透けて見えるような心無いところもありました。
縁起でもないと思われるかもしれませんが、人間も生前にお墓を購入したりしますし、事前に現地を訪れて検討されることをお勧めします。




さて、チカちゃん霊座の様子です。↓
チカちゃん霊座 (城東動物霊園)

ちょっと暗いですが、取り敢えず、お骨と遺影と供花(プリザ)を飾りました。

供花は、菊と紫陽花のプリザで、楽天で見つけました。↓ ※売り切れ


小さくて可愛らしくて、チカちゃんにピッタリでしょう!?



場所はこんな角っこ。↓
チカちゃん霊座周囲の様子 (城東動物霊園)



もうちょっと引くと、こんな感じです。↓
チカちゃん霊座周囲の様子 (城東動物霊園)


チカちゃんの場所、わかりますか?
皆さん、本当に明るく飾ってらっしゃる。

私はあまりゴテゴテ飾るのは趣味ではないのだけれど、取り敢えず、フォトフレームに「CHIKA」とシールでも貼りたいなぁと思ってます。
ここを訪れた方がチカちゃんの霊座に目を留めていただいた時に、ちゃんと名前をよんでもらえるよう。


この場所に決めたのは、犬・猫さんが多い中、この霊座と同じ面にウサギさんの霊座が3つ、そしてお向かいにジャンハムちゃんの霊座が1つ、そして斜向かいにゴルハムちゃんの霊座が1つあったから。
それぞれのハムちゃんの霊座に挨拶してきました。



シンプルだったので霊座の設置にはさほど時間もかからず、少し離れたところからチェックし、写真撮影もして。
「チカちゃん、じゃあね。また来るから」
───とチカちゃんの霊座を振り返って、遺影のチカちゃんと目があったら。
足が床に貼り付いたように、そこから一歩も動けなくなりました。


チカちゃんをここへ置いて帰っちゃうの?


しばらくその場に座り込んで、チカちゃんとの時間を過ごしました。


私が霊園を訪れてから退出するまで1時間ほど。
案内されている時、場所を検討している時、設置している時。
何人も参拝の方がいらしてました。
鼻を啜る音、生前と変わらずに赤ちゃん言葉で話しかける声───色々なものを耳にしながら。



一つの死別にいったい何度別れ(喪失感)を感じるんでしょう。
生前にも、老化に伴う身体能力(機能)を失う度に喪失感の涙を流しました。
生命を失った時、その遺体を前にして、何も反応を返さなくなった喪失感。
火葬によって肉体を失う時、もう触れることすら叶わなくなる喪失感。

そして納骨。
もうそこにはチカちゃんの魂も肉体もないのに。
それでも、それを手放すことにすら喪失感を覚えた。



昨日は、本棚の裏を掃除しました。
チカちゃんの生前、私がおいた敷材。
ほとんどお散歩をしなくなった頃で、もうチカちゃんが秘密基地を訪れることはないかもしれないけれど。
もしも訪れることがあったら、何もない空間にがっかりしないよう。
その後、チカちゃんは確か2度ここを訪れてくれたと思います。

食べ物は運び込んでいないのを確認し、四十九日まではそのままにと残していました。
敷材を片付けると、そこはもう「秘密基地」ではなく、ただの「本棚の裏」に戻りました。

それが悲しくて、また涙───。

ケージなどは明日片づけようと思っています。
きっと、また喪失感を覚えるんでしょうね。




今からちょうど3年前の2010年5月3日。
私は、ペットショップのHPでチカちゃんと出会いました。↓
チカちゃんとの出会い

縮小しちゃってるので見にくいと思いますが、5月2日HPデビュー、5月6日里親決定とあります。
私は5月3日にこれを見つけ、ちょうどG.W.でショップが休みな中だった為、5月6日までずーっとこの画像を眺めながらお迎えをするか悩んでました。

そんな訳で、5月3日はチカちゃんとの出会い記念日でもあります。





チカちゃんと出会えたことに感謝

チカちゃんと過ごせた日々に感謝




チカちゃん、本当にありがとう

大好きだよ





↓ ランキングに参加しています ↓
にほんブログ村 小動物ブログへ
にほんブログ村
いつもありがとうございます


↓ とっても励みになります。
スポンサーサイト

theme : ハムスター
genre : ペット

comment

Secret

No title

お疲れ様でした。
駄目だ・・・読んでいて涙が止まらんです。
hamori☆さんがチカちゃんとお別れする時の気持ちがよくわかるから・・・。

それにしても皆さん本当に明るく装飾されるんですね。
遠くから見ると、何が何だかw
みんな、ここにいる子たちはそれぞれのオーナーさんに愛されているのでしょうね。
私は最後は違った道を選びましたが皆それぞれの思いがあるのだと思います。

hamori☆さんも色々とやることがあって大変かとは思いますが、お体には十分気を付けてくださいね。
チカちゃん、どうか安らかに。

No title

チカちゃん、HPのお顔とだいぶ違いますね。
hamori☆さんのもとでとっても優しいお顔になったんですね。
チカちゃんの霊座の近くにはたくさん仲間がいますね。
hamori☆さんが一生懸命選んでくれた場所、
チカちゃんはきっと喜んでいると思います。
フォトフレームにCHIKAと名前をつけたらきっと我が子に
会いに来た方に名前を呼んで貰えますね(*^_^*)
チカちゃん、天国でお友達はたくさんできましたか??
お盆には下の様子を見に帰ってきてくれるのかな?

★にこしょーんさん

σ(^_^;)...スミマセン;
そうですよね。私もギュリちゃんの記事に共感しちゃいますもん。

都心は埋める場所すら確保できないですから。
こういう場所は余計に必要なのだと思います。
ここに納められているお骨ひとつひとつにそれぞれの想いがあると思いますが、悲しみよりも、たくさんの愛情と幸せが詰まっているように感じました。

ありがとうございます。
連休中にやりたかったことの消化率が滅茶苦茶低い気がします。
輝くんにスロープを新しく作ってあげたかったんだけど、いつになるやら・・・?

No title

カメラを引いて撮ったお写真でも
チカちゃんのカメラ目線のお写真が
ちゃんと分かりましたよ!!
周りがいくら華やかでも、お知り合いの子は
すぐに目に入ります。
チカちゃん、今どこにいるのかな?
霊園なのか、お空から見守っていてくれるのか
それとも近くを走り回っているのか・・・
それとも加奈ちゃんに挨拶をしているのかも。
姿は見えなくても、例えチカちゃんのせいかつ場所が
hamori☆さんのおうちからなくなったとしても
ずっと見ていてくれますよ。

★こまめ&チロルの主さん

( ̄∇ ̄;)・・・そうですねー。
目の周りや頭部の濃い色の毛がチャームポイントだったんですが...。
私がハゲさせてしまったせいですね。
お耳の色も違うし、すっかり別ハムです。(^▽^;)
仰る通り、ここにはたくさんの仲間がいるし、ここを訪れる方たちも温かい心で面会に来られる方ばかりだと思います。
だからこそ、チカちゃんに目を留めていただいたら名前を呼んで欲しいなと。
チカちゃん、友達多そうに見えますが、どうでしょう???

★Bellyさん

そうですね。
シンプルに写真を前面に出しているので、そう思ってみると目に留まりやすいかもしれません。
チカちゃん、今頃は中間世でソウルメイトたちと経験をシェアしている頃だと思います。
虹の橋でたくさんの仲間と遊んでいるでしょうし、四十九日を終え天国にも着いた頃かな?
もちろん、私の心の中にもいます。
生まれ変わりまでの1年間は思い出して名を呼んであげることで、いつでもこちらに来れると何かで読みました。
ありがとうございます!
そうですね、こちらが見守っているつもりでも、実は見守られているのかもしれません。
我が家のモフモフくんたち

げっ歯目のチンチラ、加奈ちゃんです。
2008年10月20日オランダ産 ♂カラー:ブラックベルベット
体重:679グラム(2017/6/3現在)


ジュウサンセンジリスのソニアちゃんです。腹壁ヘルニアをものともしない気の強いお嬢さんです。
2011年5月生まれ ♀
体重:285グラム(2017/4/15現在)


うさぎの薫くんです。開帳肢だけれど走るの大好き♪
2016年7月生まれ ♂
体重:880グラム(2017/6/3現在)


<<虹の橋を渡りました>>
ブルーデグーのティノくんです。撫で撫で大好きな甘えん坊さんでした。
2009年5月中旬オランダ産 ♂
2015年6月14日永眠


ゴールデンハムスターの靖睦くん(チカちゃん)です。後肢不自由でありながら歩くのが大好きな頑張り屋さんでした。
カラー:ロング ドミナントスポット シルバー系
2010年4月上旬生まれ ♂
2013年3月16日永眠


シマリスの輝(ヒカル)です。斜頸で回っちゃうけど元気で明るい男の子でした。
2011年2月生まれ ♂
リンパ腫で6か月の闘病の末
2016年8月6日永眠


↓ランキングに参加しています↓ブログランキング・にほんブログ村へ
ミニブログ設置しました♪
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
1249位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小動物
48位
アクセスランキングを見る>>
ご訪問ありがとう
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
子どもたちの幸せのために
Because I am a Girl 世界の女の子たちに、生きていく力を 国際NGOプラン・ジャパン

動物たちの幸せのために
地球生物会議ALIVE
人と自然の調和をめざす WWFジャパン公式サイト

★生産方法を知ってますか?★ 地球生物会議ALIVE 毛皮のページ
フォアグラの作られ方を知っていますか?

Say NO Project

★人間に有効とは限りません★ 医学的見地から動物実験に反対する

★里親という選択肢を★ 一般社団法人ALMA(アルマ) ~犬里親募集~
ちばわん ~犬猫里親募集~
ペットのおうち

保護猫カフェ『ねこかつ』@川越


関連リンク 他


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

更新履歴
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


ブログ村