ソニアちゃんの訴え (アニマルカウンセリング)

さてさて、前回までの3話でソニアちゃんのカウンセリングをお伝えして来ました。
初となる4話目です。

ソニアちゃん、カウンセリングの最後に先生に自分の気持ちを伝えました。

ソニアちゃん♪


私はどの子にも、先生の元に連れて行くことが決まった日から、
「○○ちゃんとお話できる先生のところに行くよ」
「(私に)伝えたいことがあったら考えておいてね。内緒のお話でも聞いてもらえると思うよ」
と必ず毎日のように伝えています。

でも、普段言えない(表現できない)ことを伝えるのにとても勇気が必要なのは私たち人間だけじゃありません。
「こんなことを言ったらママ(飼い主さん)に嫌われちゃうかも」
「告げ口したと思われたら、(ほかの子に)もっと意地悪されちゃうかも」
追い詰められている子にすれば、状況が更に悪化するのは死活問題です。
その他、動物たちにだって自尊心や羞恥心もあります。

だからどんなに優秀なアニマルコミュニケーターでも、動物の気持ちをなんでも即聞き出せるかというとそんなことはなく、最後まで口に出せない子や、30分も1時間も悩んだ末にようやく勇気を出して重い口を開く子もいるそうです。



さて、ソニアちゃんの訴えはこうでした。

ソニアちゃん♪


自分がこの家に来てから、自分のことを快く思っていない方がいるので、ママから説明して欲しい。



「誰だと思いますか?」
「hamori☆さんから、1番愛情を注いで欲しいし、べったりしたいと思っている子です」



「快く思っていない」と聞いて最初に浮かんだのは加奈ちゃんでした。

でも。
愛情を注いで欲しくてべったりしたい? ─── ティノくんか?
でもなー、ティノくんは遠慮しちゃう子で、愛情を独占したい気持ちはあっても、自分が!と、他を押しのけてまで主張する子じゃないはず。



答えは、加奈ちゃんでした。

今考えてみると、加奈ちゃんからのメッセージを私は受け取っていたのかもしれません。

チカちゃんが亡くなる少し前の2月下旬か3月上旬頃。
ふと、加奈ちゃんに訊いたことがありました。

「加奈ちゃんは、自分1匹だけの方がよかった?」

自分でも何故そんなことを言ったのかわかりません。
加奈ちゃんと見つめ合っていた時に、不意に「加奈ちゃん1匹との暮らしでも、私は十分満足できたんじゃないか」と思ったのです。
その時は、仕事のこと、チカちゃんのことで疲れているのかと気にも留めませんでした。




ソニアちゃんはこう訴えます。

ソニアちゃん♪


自分は今世、ここまでとても辛い状態にいた。
ここへ来てようやく安心することができた。
ここで幸せに暮らしたいだけ。
ママの愛情を奪おうなんて考えていない。


そう伝えて欲しいと。


動物さんたちは、波動にとても敏感で、直接目と目を合わせなくても、言葉を交わしたり、強い思念を受け取ったりすることができます。
加奈ちゃんは目力がとてもあるそうです。

うんうん。
それはね、私も時々、ふと視線を感じて振り返って、加奈ちゃんの凝視に飛び上るほど驚く時があるから。
敏感なソニアちゃんなら、とても怖かっただろうね。


加奈ちゃんは、ティノくんみたいに撫でて~、構って~と要求する子ではないけれど、自分が見つめたら気付いて欲しい、見つめ返して欲しいと願っているそうです。
それが、最近待たされることが多くなったと不満を持っているよう。

(^▽^;)あ~。
そうだね。
うん、そうかもしれない。

気付けば、朝、「おはよう」の挨拶をしに加奈ちゃんが顔を出さなくなった。
「お帰り」と迎えてくれなくなった。
それは、加奈ちゃんだけでなく、ティノくんも。

恐らく、極度の寝不足が続いていたので、気付かずに無視しちゃうことが何度か続いたんだと思う。
このことは、気づいた時に本当に申し訳ない気持ちになりました。
こういうちょっとした習慣というのは一朝一夕でできるものではなく、それでいてこう言う些細な習慣ほど、本人にとっては大切なことだったりするから。


それは主に仕事とチカちゃんのことが原因で、ソニアちゃんが増えたこととは関係なかったのだけど。
タイミングが悪かったか...。

加奈ちゃんだけでなく、今ウチにいる他の子たちも、
もうこれ以上増えて欲しくない
と思っていると言われてしまいました。


そんなわけで、先日、ソニアちゃんのエネルギー治療に訪れた時は、「まだ、hamori☆さんのところへ来る方はいらっしゃるから」と言われたけれど、この日は先生からのそういう発言はありませんでした。




で、ソニアちゃんの勇気ある訴えを受け止めた私がすることは。

NEC_2347.jpg

当然ながら、加奈ちゃんに苦言を言うことではありません。

加奈ちゃんへは、
いつも皆に気を配ってくれてありがとうね。
加奈ちゃんのことが、とても大事だよ!
と言うことを伝えてあげること。

そして、
ソニアちゃんは、過去世も今世もこれまでとても辛い経験をしてきたから、ウチで安全で幸せに暮らしたいと願っているのであって、決して、私の関心を独り占めしようとか、愛情を奪おうとは考えていないんだよ。
と伝えてあげることが大切と言われました。


加奈ちゃん、hamori☆家モフモフ隊の隊長として、みんなに目を配っていると思いましたが。
確かに、目を配ってくれているのでしょうが。
それを見て私が喜ぶことをちゃんと理解していて、他の子を見ていることが私から認められるポイントになると思ってそういう態度を取っている部分もあるそうです。

う~む、なかなかの策士よのぉ。。。o( ̄ー ̄;)ゞ



多頭飼育の場合、それぞれの子にかける愛情は平等じゃダメと言います。
質なのか量なのか何を求めるのか、そしてその子の望む割合に基づいて愛情を分配すること。

そんなことわかってます。
構って~撫でて~なティノくんには、スキンシップに誰より時間を掛けていたつもりだし。
スキンシップを好まないチカちゃんには、本人の自由に任せ、声掛けと見守り中心だったし。
輝とは目が合えば声を掛け、構って欲しいと寄ってくればスキンシップ。
加奈ちゃんとは、、、加奈ちゃんとはもっと複雑で単純には説明できないけれど。


それが、バランスを崩しちゃったんですね。
「おはよう」や「お帰り」だけじゃありません。
ティノくんは、べったり甘えてくることを求めてこなくなりました。
以前なら、ティノくんが求めれば何時間でも付き合ったのに。

今年1月以降は、チカちゃんのお散歩のタイミングが合わないと、その晩は散歩に出てこなくなってしまったので、チカちゃんがハウスから出てきたら、ティノくんが私の脇の下でべったり甘えていても、無情にも引き離すことを何度もしちゃってたんですね。
気付けば、ティノくんがそうして甘えてくることはなくなりました。


一度失われてしまった信頼や習慣を取り戻すことは、とても難しいことです。


チカちゃんが亡くなって、ようやく周囲に目を向け、今は時間が取れる限り彼らの気持ちに耳を傾けるようにしていますが、覆水盆に返らず。

それまでうまくやっていたつもりでも、看護や介護、看取り、そして新たな子を迎えた時はどうしてもバランスが崩れます。
これは、人間の家族介護やベビー誕生などでも同じで、ある意味仕方のないことかもしれません。
ただ、動物さんたちにも、嫉妬や独占欲があるってこと、知ってあげてください。



なんだか尻切れで取りとめもない文章になっちゃってスミマセン;


私自身、未だ信頼回復中なので、結論が出ていません。
てゆーか、5月18日のトウレプで、無理とわかりつつも出会いを期待していた・・・なんて言ってる場合じゃないんでしょうねぇ。。。



↓ ランキングに参加しています ↓
にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
にほんブログ村
いつもありがとうございます


↓ とっても励みになります。
スポンサーサイト

theme : ジリス&ハタリス
genre : ペット

comment

Secret

No title

加奈ちゃんが、お家を見守る役目をしているのも
ただhamori☆さんが喜んでくれるからだったなんて
なんかけなげで泣けてきます。

ティノ君もhamori☆さんの横に自分が満足するまで
くっついていたかったんですね・・・

多頭飼育の我家にとっても、とても思い当たることが多すぎて・・・
心が痛みます。

仕事がどうしても忙しい時期には時間との戦いなので
掃除して、ペレット(朝はおやつ)で終了
と、ふれあいタイムもなく、自分のことをしちゃう

その行動が、愛情を行動で示して欲しいと思っているBellには
ストレスでもあり大きな不満だったようで、ピークの時期には
よく噛まれてました(汗

わが道を行くシフォンやマイペースのくるみには、何でもないことでも
Bellには辛いことだったと後からは思うんですが・・余裕がない時期には・・

きっと加奈ちゃんもティノ君も寂しい時間を過ごして
hamori☆さんへ甘えていいのか迷っているだけだと思います。

今まで一緒に過ごしてきた時間があるんですもんね。
そんなに時間が掛からずに、仲良しさんに戻れると思いますよ!!

Bellも始めは怒ってもうもとにはもどれないと思ったこともありましたが
一生懸命ふれあい時間をとって、愛していることを伝え続けたら
許してもらえました。

加奈ちゃん、ティノ君ともっと仲良しになれるといいですね。
輝君はどう思ってるんだろう?

そしてソニアちゃん、勇気を持って話してくれてよかったですね。
きっとhamori☆さんのお家で一生を終えたいと思ったからこその
行動ですよね!!

No title

我が家はとても考えなければいけない問題です。
私が今、気をつけていることは家族が増えたからと言って
触れ合う時間を決して削ったりしないこと。
今まで通り同じ時間触れ合ったり話したりすることです。
むしろ今まで以上に話しかけたりするようになってしまったかも・・・。
うちの子達は私に対して不満がたくさんあると思います。
うちもカウンセリングを受けたらたくさん言いたいことを聞けるんだろうなー。

ソニアちゃんは伝えたいことをきちんと教えてくれたんですね。
それは加奈ちゃんにとってもティノくんや輝くんにとっても
そしてhamori☆さんにとっても良かったんですよね。
やっぱり直接会話ができない分、こうやって気持ちをしることが
できるのは素敵なことだと思います。

みんなhamori☆さんのことが大好きだから戸惑ってしまったんですね。

No title

また更に深い内容になってきましたね。
モフさんたちの本心に、また色々考えさせられてしまいます。
全員に差別することなく接する難しさ、よくわかります。
hamori☆さんの場合、種類がことなるので更に難しいのではないかと。
それにしても加奈ちゃん、ずっと見てきたモフ隊長さん、加奈ちゃんに限らず、やはりみんな見て感じているんですね。
気持ちが通い合っている瞬間やすれ違っている瞬間てわかりますよね。ギュリの時に一番それを感じました。
私もいつも思うんです、自分の独りよがりでなければいいなと。
なので自分の勝手な思い込みで接することのないようそれなりに気をつけてはいるのですが・・・うちの子たちの気持ち、どうなんだろう?
そしてそう、一度信用を失うと取り戻すことはとても難しいです。
・・・なんだか色々不安になってきてしまった(><)
また参考にさせていただきますね。

我が家も現在4匹いるわけですが、それぞれのお散歩の時間などは削る事なくゆったりとって、可能な限りコミュニケーションもとるように心がけてます。
削るのは自分の睡眠時間(笑)
仕事の日は、朝の牧草補充→出勤→夜10時頃帰宅→我が子達との時間&ケージの掃除という感じ(^.^)
でも、それでもブログにも以前書いたように、みずほが遠慮がちに甘えたがってるのに気づくのが遅くなったりと、まだまだきちんと彼らの想いに気づいてあげる事ができてません(>_<)
加奈ちゃんがみんなに目配りして…のところを読んで、みずほの事を思いました。
みずほはホレイショやリラともケージ越しに穏やかに会話出来て、しかもつばめへの優しさも忘れない。
そんなみずほをみて『みずほ、おりこうさんね。』『お父さんとお話したの?』と声をかけると、こちらに近寄ってきたり、どことなく嬉しそうにする…優しくて控えめでしっかりものだけど、やっぱり自分を見て欲しい、かまって欲しいという気持ちか実は強いんじゃないかなぁと思うんです。
なんだかまとまりがなくなってきましたが、我が家にもまだまだ私が気づいてあげれてない問題が山のようにあると思います。
それに気づいてあげて、みんなが少しでも心地よく過ごしてもらえるように…多分これからも睡眠時間は削っちゃいますね(笑)
私は我が家で我が子達と過ごすのが何より大好きなので、苦になることはないです(^.^)
あ、睡眠時間は公休の午後にカバーしてる感じですが(笑)
加奈ちゃんもティノくんも、きっとわかってくれます。
『失った信頼を取り戻すのは難しい』、けれども、これまでずっとhamori☆さんの事を信頼してきてたんですもの、必ず通じるはずです(*^^*)

Re: No title

飼い主さんの役に立ちたいと思っているのは、何もワンちゃんだけじゃないんですよね。
そして、どの子も飼い主さんに喜んで欲しいと思っています。
加奈ちゃんも色んな方法でアピールしますが、私が加奈ちゃんの視線に気づくのが遅いだなんて・・・。
Bellちゃんのように不満をはっきり伝えられる子ばかりなら不満にも気付けるんですけどね。
・・・難しいです。

BellちゃんもBellyさんと分かり合いたいからこその『本気』だったんでしょうね。
Bellちゃんて、本当に賢いんですねー。

★こまめ&チロルの主さん

主さんのところは、“ファミリー”ですから問題よりも、むしろ家族間でどんなお話をしてるのか気になりますね。(^-^)
思念のようなものでもお話してるでしょうし、砂浴びの砂に置手紙する(においなどによって健康状態その他を伝える)話も聞きますし。
モカ&ラテちゃんのことも、きっとこまめちゃんのお腹の中にいた頃から、みんなで噂になってたかも・・・?
主さんの元で誕生した子たちは、生まれてからずっと同種の仲間と同じケージでくらしてますから、100%人間に依存してる訳じゃないですし、人馴れもしてるから100%仲間依存でもなく、環境変化にタフに対応できる子が多いかもしれませんね。
親や仲間から社会化を学ぶって最強じゃないかと思ってます。

そうなんです!
ソニアちゃんの訴えは、加奈ちゃんやティノくんにとってもよい結果をもたらすもので。
この勇気ある行動をたくさん褒めてあげました。

★にこしょーんさん

そうですね。
こうして考えると、人間と何も変わらないですよね。
相手が求めている愛情表現だったり、そのタイミングだったり。
それを間違えるとすれ違っちゃうわけで。
日本人は愛情表現が欧米人に比べると控え目で決して得意ではないかもしれないけれど、それを凌駕する必殺技“空気を読む(察する)”がありますから。(笑)
案外、日本人て言葉に頼らないアニマルコミュニケーションて得意なんじゃないかと思っちゃいます。

★み~たさん

本当に。いつもみ~たさんのコメントは驚くほど深夜ですもんね。(^_^;)

み~たさんのところも、主さん同様ファミリーですから!
だから“よそ者”って敵視はないんでしょうけれど、それでも表現力豊かな子、静かに見ている子などなど個性ってあるものなんですね。
控え目なみずほちゃんのことにも気付いて目を配ってくれるみ~たさんに見守られて、みずほちゃんもとても幸せだと思います。
睡眠時間・・・くれぐれも私のように自分の限界を超えて、お世話中に眠気で意識が飛んじゃうなんてことのないようご自愛くださいね。益々睡眠時間が減るし、彼らを危険にさらす可能性も孕んでます。"o(-_-;*)
我が家のモフモフくんたち

げっ歯目のチンチラ、加奈ちゃんです。
2008年10月20日オランダ産 ♂カラー:ブラックベルベット
体重:679グラム(2017/6/3現在)


ジュウサンセンジリスのソニアちゃんです。腹壁ヘルニアをものともしない気の強いお嬢さんです。
2011年5月生まれ ♀
体重:285グラム(2017/4/15現在)


うさぎの薫くんです。開帳肢だけれど走るの大好き♪
2016年7月生まれ ♂
体重:880グラム(2017/6/3現在)


<<虹の橋を渡りました>>
ブルーデグーのティノくんです。撫で撫で大好きな甘えん坊さんでした。
2009年5月中旬オランダ産 ♂
2015年6月14日永眠


ゴールデンハムスターの靖睦くん(チカちゃん)です。後肢不自由でありながら歩くのが大好きな頑張り屋さんでした。
カラー:ロング ドミナントスポット シルバー系
2010年4月上旬生まれ ♂
2013年3月16日永眠


シマリスの輝(ヒカル)です。斜頸で回っちゃうけど元気で明るい男の子でした。
2011年2月生まれ ♂
リンパ腫で6か月の闘病の末
2016年8月6日永眠


↓ランキングに参加しています↓ブログランキング・にほんブログ村へ
ミニブログ設置しました♪
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
1249位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小動物
48位
アクセスランキングを見る>>
ご訪問ありがとう
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
子どもたちの幸せのために
Because I am a Girl 世界の女の子たちに、生きていく力を 国際NGOプラン・ジャパン

動物たちの幸せのために
地球生物会議ALIVE
人と自然の調和をめざす WWFジャパン公式サイト

★生産方法を知ってますか?★ 地球生物会議ALIVE 毛皮のページ
フォアグラの作られ方を知っていますか?

Say NO Project

★人間に有効とは限りません★ 医学的見地から動物実験に反対する

★里親という選択肢を★ 一般社団法人ALMA(アルマ) ~犬里親募集~
ちばわん ~犬猫里親募集~
ペットのおうち

保護猫カフェ『ねこかつ』@川越


関連リンク 他


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

更新履歴
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


ブログ村