チカちゃんの奇跡

昨晩、加奈ちゃんのお散歩終了間際にチカちゃんがプチ別荘から出てきて、アスレチックトンネルの上に上ろうとしているのを発見。

それまで加奈ちゃんケージの掃除をしていたので、一瞬「手洗ってないけど」と思ったものの、今のチカちゃんの体では落下などの衝撃を避ける方が優先!と、ケージに手を差し入れて、お腹の下に手を入れて介助して驚きました。

横腹がパンパンに膨れてる。
片側だけでなくお腹全体が弾力性のある大きなお腹になっていた。

腫瘍の説明でよく表現に使われているコリコリやプヨプヨとは違うけれど。
どう考えても尋常じゃない。

ティノくんのお散歩の番だったけれど、チカちゃんを優先すべきか?
そう思ったけれど、チカちゃんは元のプチ別荘に戻ってしまったので、予定どおりティノくんのお散歩開始。
ティノくんには申し訳ないけれど、早々にお散歩を終了した私は入浴。 ←いつもの手順です



私はこの日、たまたま2冊の本を読んでいました。

【送料無料】さよならの合図 [ 松田朋子 ]

【送料無料】さよならの合図 [ 松田朋子 ]
価格:1,029円(税込、送料込)

さよならの合図 ペットロスから再び笑顔を取り戻すまでの90日間

【内容情報】
15年間連れ添った愛犬エルザが旅立ってしまった…。後悔と自責の念にさいなまれ、ペットロスに苦しむ著者を救ってくれたのは、作者不詳の詩「虹の橋」とエルザとの楽しい思い出の数々だった。何かを失い、凍てついた心を抱えこんでいる全ての人々に贈る、喪失と希望の物語。詩「虹の橋」の世界をイラスト化して収録。

【目次】
1 それは突然に…(エルザはゆかいな高齢犬/手術の選択 ほか)/2 本当のさよならへ(動物霊園へ/みんな一緒 ほか)/3 ペットロスから虹の橋へ…(ごめんねエルザ…/泣いてもいいんだ ほか)/4 そして今…(姿が変わっても…/お骨について ほか)




永遠の贈り物 アニマル・コミュニケ-ションで伝える動物からの魂のメッセージ 旅立ってしまった動物に訊きたい5つのこと

【内容情報】
動物と話ができる世界的なアニマル・コミュニケーターが書きました。生きる意味、死んだその先のこと、動物とあなたの出会いの必然など、動物の言葉とは思えない、気づきに溢れる内容です。自宅で出来るアニマル・コミュニケーションのやり方も紹介。

【目次】
1 旅立ってしまった動物に訊きたい5つのこと(死ぬときに、苦しんだ?/本当にして欲しかったことは、何?/うちの子で幸せだった? ほか)/2 アニマル・コミュニケーションの世界(アニマル・コミュニケーションのしくみ/あなたにも出来るアニマル・コミュニケーション/悲しみと向かい合うための提案)/3 心に残るアニマル・コミュニケーション/会話集(「絆は続いているのよ」老犬ハギーの言葉/「あなたの存在そのものが贈り物よ」馬のダーシーの言葉/「自然界の秩序」馬のエンジェルの言葉 ほか)



2冊目の本は随分前にブックオフ・オンラインで誤って購入したらしく届いてびっくり。
そのまま放置していたのですが。
この本を読んだその日にチカちゃんの異変に気付いたのは偶然?

『永遠の贈り物』では、動物たちの死生観が事例として繰り返しでてきます。
過去世、中間世(死んでから生まれ変わるまでに戻る場所)を覚えていて、未来世まで知ってる動物たちは、生まれ変わるとそれまでの記憶を忘れてしまう人間のように死を恐れることはない。
それよりも気に掛けているのは、皆一様に「飼い主の心の準備ができるのを待ってる」と。

私もアニマルコミュニケーションを学ぶ者として知ってはいたけれど。
背中を押されたような気がした。


チカちゃんも待っていてくれている。
だから、私も伝えなくてはならない。
そう思うと、いろいろなことに気付いた。



入浴を終え、グズグズと身支度を終え、加奈ちゃんやティノくんを構って時間稼ぎ。
意を決して、チカちゃんに声を掛ける。
触れたお腹ははちきれんばかりにパンパンに膨らんでいる。

チカちゃん20130305

チカちゃん、苦しい?
苦しいの我慢しなくていいよ。
もう、



───言葉が途切れる。
決心したはずなのに、(私は大丈夫だから)のひと言が喉につかえて出てこない。


だから、チカちゃんと出会った頃の思い出、たくさんの驚かされたエピソードを1つ1つイメージを思い浮かべながら語った。
思わず笑みがこぼれる。
だって、チカちゃんて本当にスゴい、私の自慢のハムちゃんなんだもん。


チカちゃん、出ておいでよ!
一緒に遊ぼう!!



何度かそう声を掛けると、ようやく重い体を引き摺ってチカちゃんが出てくる。
相変わらず私の手に乗ろうとはしない。
自力でアスレチックトンネルの上に上ろうとするのを手助けして、いつものようにスロープを設置。
チカちゃんは自分でケージの外へ出てきた。


その時の動画がこちら。↓
[広告] VPS



昨晩のチカちゃんは、昔のようにアクティブだった。
そして、不思議なことに両後肢が、まるでフツーのハムちゃんのように体の下に収まっていた。
それは、後肢不自由をいうハンデを背負って今世を生き抜いたチカちゃんへ、まるで神様からのご褒美のようで。
その様子、上の動画で確認いただけたでしょうか。

動画の最後にチカちゃんが潜っていったところ、上の白いのがCDラックで、この下を通り抜けると本棚の裏へ通じています。
そう。
チカちゃん、10日振りに秘密基地を訪れました。



そして、その後は部屋を出てキッチンを通り過ぎ、玄関へ。
[広告] VPS


最近は玄関まで行っても、下へ降りることなくUターンすることが多かったのに、この日は自力でスロープを降りて扉の方へ。
その後、自力でスロープを上がると、トイレの扉の下を伺う。
なんだか昔のチカちゃんが戻ってきたようでした。

昔のようによじ登ったり、扉の下を潜り抜けたりすることはできないけれど。
部屋の隅々まで見回りして、部屋から出て玄関の方まで巡回して。
そして、自分の意志でハウスに戻ってくる。


その姿に勇気付けられた私は、プチ別荘に戻ったチカちゃんに再び声を掛けた。


チカちゃん、今日のお散歩は楽しかったね。
チカちゃんは本当にスゴいハムちゃんだよね。
チカちゃん、次ウサギさんに生まれ変われそう?
そうしたら、またウチにおいでね。
皆で待ってるよ!
加奈ちゃんもティノくんも輝もソニアちゃんも。
皆で待ってるから。
また一緒に暮らそう!

だから、

だから、

私は大丈夫だから。

もう苦しいの我慢しないでいいから。



そう伝えた時、チカちゃんの呼吸が荒くなり呼吸音が聞こえるようになった。



チカちゃん20130305

そして、ふと気づく。
チカちゃんがプチ別荘に引っ越したこと。

私、チカちゃんハウスにずっと不安を感じてなかった?
チカちゃんハウスは屋根が開くタイプではない。
チカちゃんはいつもハウスの奥深くで1日中過ごしているから、万一の時、どうやって見守ったらいい?
心配だからって度々ハウスをどかして確認するのはかえってストレスになるんじゃないだろうか。
(チカちゃんハウスは床のないタイプです)
確認した後で、ハウスを戻すのに体の一部をハウスの下敷きにしてしまうようなことはないかしら?
長年親しんだハウスをそのような時に急遽変える?
それとも、屋根を取り外せるようにハウスを真っ二つに切る?

結局何の解決策も見いだせなかったけれど、チカちゃんは上からも横からも姿を確認できるアスレチックトンネルに引っ越してくれた。
そのおかげで今は、チカちゃんの様子をいつだって確認することができる。


チカちゃん20130305


偶然と見過ごしてしまいがちだけれど、チカちゃんの優しさ、愛情深さは私がいちばん知ってるから。

この時、深夜1時半。
このまま付き添おうか。
そう思った時、チカちゃんおもむろに水で戻した乾燥・青パパイヤ(Yumikoさんからいただいたもの)をシャクシャクシャクシャクと食べ始めた。

私が深夜、一人で盛り上がったムードを一気にぶち壊し!(笑)


食欲があるなら大丈夫だね。
チカちゃん、この日の体重は95グラム
変化なし。(お腹の腫瘍?が気になるけれど)


チカちゃん、寝るね。
また明日会えるよね。



チカちゃん、今日もペレット食べてます。



(注)記事中のウサギに生まれ変わる云々は、チカちゃんのアニマルカウンセリングの中で告げられたことです。




↓ ランキングに参加しています ↓
にほんブログ村 小動物ブログへ
にほんブログ村
いつもありがとうございます


↓ とっても励みになります。
スポンサーサイト

theme : ハムスター
genre : ペット

comment

Secret

No title

チカちゃん、いい子だねー^^
思わずそう言ってしまいました。
なんでもわかっているとても心の優しい子なんですね。
スロープを上がろうと一生懸命な姿、そしてそれを助けてあげているhamori☆さんの姿、ふたりのやりとりに心を打たれました。
お腹の膨張は気になりますが、チカちゃんがこんなにも楽しそうにお散歩しているのならもっともっと自由にさせてあげたいですね。
チカちゃん、無理はしないでね。

★にこしょーんさん

(#⌒∇⌒#)ゞ ポッ・・・そうなんです。
チカちゃん、とっても優しい子なんです。
にこしょーんさんも既に実感されてるでしょうが、彼らってこちらが掛けた愛情を何倍にも何十倍にもして返してくれますよね。

チカちゃんのことは、もう病院には連れて行かないと決めたので、チカちゃんの思うように生きて欲しいです。

No title

読みながら、どきどきしました。
hamori☆さんが感じただろう、色々な
思いが伝わってきて、途中で泣いちゃいました。
「永遠の贈り物」は私も持っています。
大切な子がなくなったことをずっと引きずって
いたときに読んだので、受け入れられなくて・・・
今は本棚の奥にしまってありますが
久しぶりに読んでみようかな。。。

盛り上がったhamori☆さんの前で
チカちゃんは、まだそのときじゃないよ。
今日はもう大丈夫だからと伝えたかった
のかな。チカちゃんはすごいな。体にも色々な変化が
表れて、ときには思い通りにならないときもあるだろうに
それでもhamori☆さんの気持ちを読み取って
安心させてあげようと考えるなんて。
チカちゃんとhamori☆さんの絆の深さを感じすね。

お腹の状態、う~ん気になりますね。
病院にはいかないと決められたんですね。
このまま苦しみや痛みを感じることなく、穏やかに
過ごしていけることを心から願っています。

No title

わたしも読みながら涙・・・。
チカちゃんがお引越しをしたり、走ったりと
わたしの目の前にいるかのように可愛い姿が浮かびました。
チカちゃん、hamori☆さんに元気だよ~って伝えたかったのかな?
hamori☆さんが盛り上がっちゃってる姿をみて
あれれ~?なんでだろう?って思ったかな??
チカちゃんがハンデを持っているだなんて動画からは
絶対に想像できないくらいかっこいい走りですね。
お腹の状態はとても気になりますが
好きなものをたくさん食べて楽しく自分の時間を大切に過ごしてね。

No title

ああ。。。私も最後までドキドキしながら読みました。
明日また、会おうね!チカちゃん!

読みながらかつて私がジャンガリアンの子と暮らしてた時の事思い出して、涙がじんわり…
今のhamori ☆ さんと同じような想いだったよなぁ~と…
チカちゃん、本当にhamori ☆ さんが大好きなんですね(*^^*)
だからしっかり想いが通じあうんですよね(^.^)
ここ数日はそちらも春の陽気のようですね。
チカちゃんも心地よくプチ別荘で過ごせるかもですね(^-^)

★Bellyさん

共感していただいてありがとうございます。
「永遠の贈り物」、持ってましたか。
こういう考え方は、特にご自身を責めて責めて辛くなってしまっている飼い主さんにとっては、これを受け入れて自身の心が軽くなることすら罪悪感を感じてしまうかもしれませんね。
我が子を大切に思って献身的にお世話をした方ほど、「もっとできたはず」と思ってしまいがちですが、そんなに大切に思っているのであればこそ、自分の気持ちは横に置いて、彼らの気持ちになって考えて見られるといいですね。
て、Bellyさんの当時の様子は存じ上げませんので一般論です。
お気を悪くしたらごめんなさい。

これを書いている今も背後でチカちゃんのペレット・カリカリ音が聞こえてきます。
「まだそのときじゃないよ」だったんでしょうね。
チカちゃんらしくて、笑っちゃいます。

病院はそうですね。
お腹の感触を初めて感じた時は、一瞬病院が過りましたが。
病院に行ってどんな効果が得られるのか?ってことです。
チカちゃんの気持ちを無視してまで、病院に連れて行って、果たしてそれがチカちゃんの為になるのか。
よく「病院は嫌いだから」「ストレスになるから」と病院に連れて行かず、いよいよもうダメか!?って時に慌てて病院に駆け込む飼い主さんを見かけますし、「病院に連れて行かない」選択って辛いものですが、この選択は間違ってないと思います。
ただ、誤解しないでいただきたいのは、必要な治療を受けさせるのは飼い主の義務です。
そして私の決断を他の方に賛同していただくことを求めていません。自己責任です。
私は自分の場合も延命処置より尊厳死を優先して欲しいと思っているからこその決断です。

★こまめ&チロルの主さん

共感していただいてありがとうございます。
いつだってマイペースでやりたい放題のチカちゃん、正に「あれれ~?なんでだろう?」って思ってたと思います。(笑)
チカちゃん、本当に早く走りますよね。
目を開けてないなんて信じられないくらいです。
ありがとうございます。私もチカちゃんがそう過ごせるようサポートしていきたいと思います。

★mauさん

共感していただいてありがとうございます。
今日もチカちゃん、朝からごはんを食べたり、お水を飲んだり、微笑ましい姿を見せてくれています。

★み~たさん

共感していただいてありがとうございます。
み~たさんもご経験があるんですね。
今この時をとても大切にしたいと感じています。
東京地方、今週は春の陽気ですね。
加奈ちゃんは先週末、ヒーターを撤去しました。
チカちゃんのプチ別荘に時折柔らかな日が差すこともあります。
温度調節できるヒーターが届いた途端に室温が20度を越え、未だ出番なしですが、このまま暖かな日が続いて欲しいものです。

スゴ・ハムはやはりスゴイ

おおおぉぉぉぉ~!!!

ほんとに! 後ろ足がトコトコしてます!v-218
以前の記事でも徐々に後ろ足の開きが狭まってるということを読みましたが、これも今生でのチカちゃんの課題で、そろそろ仕上げにかかっているのかな?

ハウスからのお引越しの件、なるほどです。もしかしたら、いつも落っこちそうになっても、まるで大仏様の手のようにhamori☆さんが受け止めてくれたり、いつも危険な時には助けてもらえてたことがわかっていて、そろそろ自分の身に何かあるかもと感じ始め、何かあってもいつものようにヒョィッと助けてもらえるよう、よく見えるところに移動したのかなぁ? とも思ったりしてます。

チカちゃん、パパイヤ食べてくれてありがとう!
hamori☆さんが一人ドラマクィーン(笑)になってる横で、チカちゃん、「ちょっと、ちょっと、まだですけどぉ~v-403」て、苦笑していたかもしれませんね!

スゴ・ハム☆チカちゃん、まだまだ奇跡を見せてくれるかも?d(^ ^)

★Yumikoさん

でしょ!でしょ!!
チカちゃんの後肢、奇跡としか思えません。

パパイヤ、チカちゃんのお気に入りです。
画像でキャベツの上に置いてあるのがそうですが、見つけると何よりも先に食べてます。
そうそう。深夜にひとりで盛り上がっていたのに・・・お恥ずかしい。
まるでコントのようでしたよ。(笑)
我が家のモフモフくんたち

げっ歯目のチンチラ、加奈ちゃんです。
2008年10月20日オランダ産 ♂カラー:ブラックベルベット
体重:695グラム(2017/3/4現在)


ジュウサンセンジリスのソニアちゃんです。腹壁ヘルニアをものともしない気の強いお嬢さんです。
2011年5月生まれ ♀
体重:245グラム(2016/11/19現在)


うさぎの薫くんです。開帳肢だけれど走るの大好き♪
2016年7月生まれ ♂
体重:800グラム(2017/3/11現在)


<<虹の橋を渡りました>>
ブルーデグーのティノくんです。撫で撫で大好きな甘えん坊さんでした。
2009年5月中旬オランダ産 ♂
2015年6月14日永眠


ゴールデンハムスターの靖睦くん(チカちゃん)です。後肢不自由でありながら歩くのが大好きな頑張り屋さんでした。
カラー:ロング ドミナントスポット シルバー系
2010年4月上旬生まれ ♂
2013年3月16日永眠


シマリスの輝(ヒカル)です。斜頸で回っちゃうけど元気で明るい男の子でした。
2011年2月生まれ ♂
リンパ腫で6か月の闘病の末
2016年8月6日永眠


↓ランキングに参加しています↓ブログランキング・にほんブログ村へ
ミニブログ設置しました♪
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
1416位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小動物
54位
アクセスランキングを見る>>
ご訪問ありがとう
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
子どもたちの幸せのために
Because I am a Girl 世界の女の子たちに、生きていく力を 国際NGOプラン・ジャパン

動物たちの幸せのために
地球生物会議ALIVE
人と自然の調和をめざす WWFジャパン公式サイト

★生産方法を知ってますか?★ 地球生物会議ALIVE 毛皮のページ
フォアグラの作られ方を知っていますか?

Say NO Project

★人間に有効とは限りません★ 医学的見地から動物実験に反対する

★里親という選択肢を★ 一般社団法人ALMA(アルマ) ~犬里親募集~
ちばわん ~犬猫里親募集~
ペットのおうち

保護猫カフェ『ねこかつ』@川越


関連リンク 他


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

更新履歴
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ブログ村