チカちゃん、緊急検査後、歩行困難に!

先週の祝日の月曜日、チカちゃんの爪が伸びていたので、急遽、病院に爪切りに行ってきました。
チカちゃん

病院は相変わらずの混雑で、いつもとは違う先生の診察。
触診の際、やたらチカちゃんの腹部を執拗に触っていると思ったら。

チカちゃんの右腹部に1センチ程度のしこりを感じる、と。


爪切りに来ただけなのに、検査の説明が始まって。
イマイチ反応が悪い私に、1週間後に再度触診して大きくなっていないか確認することもできるけれど、ハムスターの1週間は劇的に腫瘍が大きくなっていることもあると言われ。


そんなこと分かってるけれど。


でも、もう老化が進んでいるハムスターに今更検査して原因究明して手術するの?


間もなく3歳になるのに手術して延命できるとは思えないし、チカちゃんの為になるとは思わない。



だけど、チカちゃん本人の前で「もう年だし検査とかはもういいです」とはどうしても言えなくて。
レントゲン検査をお願いしました。

チカちゃん、スロープを上る

チカちゃんを預けてから、1時間。
なぜこんなに時間がかかるのか。


なぜ私は検査を断らなかったんだろう?


お迎え直後、チカちゃんの後肢不自由が先天的なものなのか、後天的な事故なのかを知りたくて、レントゲン検査を受けさせた。
それから少ししてチカちゃんの頭部から背中にかけて地肌のピンクが痛々しいほどのおハゲになり、その後も地肌が見えるほどではないけれど、毛が千切れてしまっているようなおハゲは今も続いている。
私はあの時のレントゲン検査のストレスがきっかけだと思っているし、だから本人の為にならないことは絶対にしちゃいけないと心に深く刻んだ、


はずなのに!
私は一体なにをしているんだろう?



ようやく名前を呼ばれて診察室に入る。
レントゲン写真からは何もわからなかった。
すかさずエコー検査を勧められるが断り退出。


先生からは、かなり抵抗したので今日は疲れちゃってると思います、との言葉。
帰りのプラケの中ではカリカリカリカリとプラケを引っ掻く音。
今までにないことだったので、ちょっと気になった。


チカちゃん♪


その晩、いつものお散歩の時、足元がおぼつかないチカちゃん。
最近は老化が進んで、足に力が入りにくくなっていて、転びやすくなっている。



そして翌晩、火曜日。
異変に気付く。
チカちゃんの左後肢の小指側が赤く内出血のようになっている。
歩く時の足の着き方がおかしい。



水曜日。
問題の左後肢、足の甲が腫れている。
そして、チカちゃんの開き気味の後肢が、左側だけ縮こまるようにして明らかに動きが悪い。



木曜日。
左後肢は足の甲も裏もパンパンに腫れている。
そして、脚は完全に縮こまってしまっている。
小指側の内出血と思われたものは、違和感から自咬してしまっているようで更に悪化。



チカちゃんはもともと後肢不自由で、腰の辺りが上からギュッと押しつぶされたように平らで両後肢が開き、足を少し引き摺りながら歩いてました。
片脚が内側に入ってしまうとバランスが取れなくなり、左側へコロンと転がっちゃう。


最近は、以前のように玄関へ行ったり、窓際へ行ったりすることはほとんどなくなり、本棚裏の秘密基地でごはんを食べたり毛繕いしてまったり過ごすチカちゃん。
それが、木曜日の晩は秘密基地へすら行かず、すぐに自らケージへ戻り、ハウスに引き篭もっちゃいました。

チカちゃん♪


チカちゃんの左後肢の違和感に気付いてからのこの3日間。


どうして!
どうして!!
どうして!!!


なぜ検査を受けさせてしまったのか。

自責の念に駆られ、歩くことが大好きなチカちゃんから生きる喜びを奪ってしまったことを悔やんでも悔やんでももうどうにもならない。
絶望感に襲われた。



金曜日。
私が深い絶望感に陥りながらも、チカちゃんの足の様子を窺うと───


変わらず足はパンパンに腫れ、内側に縮こまっている。
でも、



あれ?
昨日より歩けてない???



どんな時もポジティブさを忘れないチカちゃん。
飼い主が絶望に浸っている目の前で、この困難を自ら乗り越えたのです。


脚の動きが悪いのは変わらず。
だけど、今までも不自由な足で壁を登り、どこへでも突き進んできたように。
今回も自らの不自由を克服しました。


チカちゃん、今日も元気です。


そうだね。

チカちゃんは最初からいつだって前を上を目指して、どんな困難も乗り越えてきたよね。
私はどれだけチカちゃんに励まされ勇気をもらっただろう。


この晩、チカちゃんはごはんを全部頬袋に詰めて秘密基地へ運び、その後ケージで敷材を頬袋に詰め、何度もケージと秘密基地を往復していました。
ごはんを全部持って行っちゃったので、ペレットなど補充していたらそれも秘密基地へ。




そして土曜日。
輝の2歳の健診、ソニアちゃんの定期健診、チカちゃんも追加で予約していたけれど。
チカちゃんは連れて行かず。


病院の受付で、前回の検査の後、チカちゃんの脚に異変が起きたことを伝え、今日でなくてもよいので回答が欲しいと告げました。
前日のチカちゃんの様子に励まされ、冷静に話すことができました。



名前を呼ばれて診察室に入るといつもの先生。
検査から今までの経緯をひと通り説明すると、足の異常はしこりのせいではないか?内臓に疾患がある場合もそう言った症状が出る、などいろいろ説明されたのですが。

でも、検査の直後から脚の具合が悪くなっている。
検査後、かなり抵抗したとも言われた。
これでは検査の時になにかあったと疑いたくなりますよね?と。

そもそも、検査して原因がわかったとしても手術って選択肢はないと思うんですが?
と言うと、投薬などの治療の可能性もあることを示唆されました。



明確な回答は得られなかったけれど、ここで回答を求めたところでチカちゃんの幸せには繋がらない。
病院に一石を投じたことは意味があると思うし。


それに、チカちゃんは生きる希望を失ってなんかいない。
今後は私がより慎重になって正しい判断をすればいいんだから。




ボケちゃってるけれど、チカちゃんの左後肢です。
チカちゃんの腫れ上がってる左後肢

腫れてるのわかるかなー?



そして、これが金曜の晩のお散歩の様子。
[広告] VPS

不自由になってしまった動画を撮るつもりが、図らずも嬉しい動画となりました。

それでも、チカちゃんの歩く後姿。
右後肢だけしか映っていないのがわかります。



因みに少し前から足腰が弱ってきてたので、敷材をうさぎの座ぶとんに切り替えました。↓
チカちゃんケージ、歩きやすいように敷材やめてざぶとんへ


ハウス内は自ら敷材で温度調整をしているので、ハウス外にも若干の敷材エリアを残しつつ。
アスレチック・トンネルの上からのジャンプが覚束なくなって、転がり落ちることも少なくないので、クッション代わりの座ぶとんです。

布製品は繊維が脚の不自由なチカちゃんの指に絡む危険があるし。
今までの敷材は歩きにくくて脚の負担になる。

なかなかいい感じになりました。



スゴいハムスター、略してスゴ・ハム☆チカちゃんをこれからも応援よろしくお願いします。



↓ ランキングに参加しています ↓
にほんブログ村 小動物ブログへ
にほんブログ村
いつもありがとうございます


↓ とっても励みになります。
スポンサーサイト

theme : ハムスター
genre : ペット

comment

Secret

心配ですね

動画、確かに右後足しかみえませんでした。
でも歩く姿はとても充実していそうでいた。
本当にお散歩が好きなんですね^^

記事にはしたことありませんが、ギュリが病院の診察を受けた直後から症状が悪くなったことがあります。その他に、爪を切ってもらった時に、付け根通り越して指を切られ、ギュリがキャ!!っと鳴いたのですが、その先生は自分は何もしていないと言わんばかりの顔で『んー?痛くないはずだぞー』と言っていたのを覚えています。その時から、ギュリの左前足の指がなくなり、当然爪もはえてきません。
私が症状を説明しても、軽く聞き流されることが多かったその病院、いつしか、何言ってもどうせ聞いてもらえないというようになりました。初めは私も少々反抗的にもなったりしましたが、医者の変なプライドでそれが気に入らないようでムッとした様子でそれはない、の一点張り。4カ月間も抗生剤漬けでも症状悪化、こちらがレントゲン検査を申し込んだときの先生は『検査して原因がわかったところで全抜歯しても、おそらく麻酔でだめだよ』と言われて転院しました。診ることができないなら、最初から断ればいいのに!と強く思った。
もっと早く今の病院を探していたらといつも後悔しています。

今の病院は、ギュリを一番に考えてくれるので、無理な検査等はじっくり相談してから決めるいい病院です。そして、とても積極的で細かい話もきちんと聞いてくれる。憶測で物事を判断したり口にしたり一切せず。

hamori☆さんのチカちゃんを一番に思う気持ち、大賛成です。
ストレスになって益々悪化することありますものね。
でも、本当にみんなから勇気をもらっていますよね。わかります。
だから自分も頑張れる。すごくよくわかります。
チカちゃん偉いね!
自分が大変な目にあっても、いつも一生懸命でかつ周りに希望と安らぎを与えてくれる。本当に感心です。
hamori☆さんもお疲れのことでしょう。気が休まらないとは思いますが、体調崩さないようにしてくださいね。
長々と申し訳ありません。
失礼します。

★にこしょーんさん

ギュリちゃんとにこしょーんさんも辛いご経験をされているんですね。
別に医療ミスを裁判沙汰にしようとか何らかの補償を求めようとしているわけじゃない。
ただ、事実は事実として飼い主に伝えて欲しいだけなのに。
私が行っている動物病院自体は悪くないと思ってます。
若い男の先生だったので、動物を救いたいという意気込みが強過ぎたのか、検査などの経験を積みたかったのか。
いつもの女性獣医師であれば、そんなこともなかったと思います。

お気遣いいただきありがとうございます。
心配事も多いけれど、ハンデをものともしない彼らの生き様って本当に素晴らしいです。

No title

hamori☆ちゃん、みてください僕は元気ですよ。
こんなに早く走れるですよ。
って言っているみたいですね(*^_^*)

どんなハンデを背負っても、自ら克服する姿は
わたしも見習わなければいけないし
チカちゃんに教えてもらえることがたくさんありますね。

わたしも、何かあったらすぐに病院へ行ってしまうと思います。
落ち着いて考えたらもっと様子をみて負担をかけないようにとか
考えられることもあるだろうけど、子供たちのこととなると
何かあったら気が気じゃありません。
hamori☆さんの家族への気持ちよくわかりますよー。

ドキドキしながら記事を読みました。
チカちゃん、ほんとに頑張り屋さん、前向きですね(*^^*)
私は一旦落ち込むと、ほんっとにとことん落ち込んでしまうんですが、そんなとき、何度もホレイショ達に救われました(^.^)
動物達のパワーって本当にすごいですよね(^^)v
チカちゃんの検査中の様子、気になりますよね…
病院側から何らかの回答があれば良いのですが…
チカちゃん、これからも応援してます(^-^)/

★こまめ&チロルの主さん

温かいメッセージをありがとうございます。
チカちゃん、昨晩は更に元気に走ってました。
シンプルに生きてる彼らは常に前向きで、すぐにグルグルと考え込んじゃう私にはある意味羨ましくもあります。
今回もチカちゃんに救われました。
動物さんとの暮らしは本当に素晴らしいですね。

★み~たさん

チカちゃんは本当に素晴らしい存在です。
チカちゃんとの暮らしが素晴らしかったからこそ、輝やソニアちゃんのお迎えに繋がったと思っています。
み~たさんにとってホレくんたちが素晴らしい存在であることはブログなどを通じてとてもよくわかります。
本当に彼らってスゴイですね。

獣医師という国家資格で仕事してる以上、説明責任はあると思います。
が、モンスター・飼い主とかいて、簡単に謝れない社会になりつつあるのかもしれませんね。
足の状況、お腹のしこり、いろいろ気になることはあるけれど、最後までチカちゃんがチカちゃんらしく生きられるようにサポートできれば幸せです。

No title

チカちゃんがかなり暴れているというのに、そのまま
レントゲンを続行したのでしょうか!?
きちんと説明はありましたか。
獣医さんを信頼しているからこそ、我が子の治療や
検査をお任せしているので、何かあったらお話して
欲しいですよね。
我が家もBellを落とされた時に、まるでこちらが
わるいかのように言われたことがありました。
(でもまだお迎え当初で何も言えなくて・・・・)

でもチカちゃんの頑張りはすごい!!どんな困難があっても
それを淡々と乗り越えていくチカちゃんは、スーパーハムちゃんですね。
新しい藁座布団は気に入ってくれましたか!?

超スゴいです

チカちゃん元気になってよかったですね~
常に前向き、今を生きているチカちゃんは本当に素晴らしいです。
チカちゃんの辞書には「ハンデ」という文字は無いのでしょう。

チカちゃん:「え~? ハンデて何? おいしいのぉ~?」

とか、言いそう!?

そして、チカちゃんハウスのリフォーム、いい感じですね~b(^ ^)
他の子達のハウスも上手いこと作ってらっしゃると、いつも
感心してます。

それでは、スゴいハムスター、何故略すか!?(笑)
Sugo-Ham☆チカちゃん!v-91 ますます長生きしてくださいね~!!!

No title

どうもお邪魔させていただきます。

hamori☆さんのお考えのように、積極的治療は、時として逆に患ハムを苦しめてしまう結果になりかねませんもんね…
私は、高齢であれば特に消極的治療の選択も有りだと考えます。
投薬ですら、無知な医師であればにこしょーんさんのようなかわいそうな結果をもたらしてしまいますしね。

チカちゃんの必死に生きようとしている姿、感動してしまいました。
どうぞチカちゃんに幸多き人生がまだまだたくさん訪れますように。

チカちゃんの生命力の強さに、感服しました。

★Bellyさん

> チカちゃんがかなり暴れているというのに、そのまま ・・・
私も気にしてるのは“そこ”なんです。
飼い主の目の前で処置をする、病院によっては手術も立ち会えるような話を聞いたことがありますが、掛かり付けの病院は診察室で行われる診察以外は、裏の処置室で行われ、飼い主は待合室で待ってないといけないんです。
だから、チカちゃんがどのような状態にあったのかはまったくわかりません。
チカちゃんを初めて診た先生だったから、チカちゃんの後肢がふつうの子のように柔軟に動かせないことを知らなかったのかもしれません。
チカちゃんの今世の目標である「人間との信頼関係」に悪い影響が出なければよいと願っています。

Bellちゃん、落とされたんですか!?
そして、謝罪もなかったんですね。
うさぎさんてただでさえ骨がもろくて、下手な獣医師だと補ていで骨折させると聞いたことがあります。
Bellちゃんが大事に至らなかったのならよいのですが。

チカちゃん、毛が長くて紙チップの敷材がいっぱいくっついちゃうし、砂浜のように足が潜って歩きにくそうだったんですが、うさぎの座ぶとんにしてから歩きやすくなったようです。

★Yumikoさん

返信が遅くなってごめんなさい。
そして、郵便物受け取ってます。相変わらず音沙汰なくて申し訳ないです。

チカちゃん、本当に素晴らしいです。
チカちゃんなら、ハンデもものともせず食べちゃうかもしれませんねー。

ハウスのことお褒めいただいて嬉しいです。
みんなにそれぞれ畳一畳分くらい与えられるといいんですけどねー。

えぇーっ!?
だってスゴいハムスターって長いんだもん。
って、「い」しか略されてないことに指摘されて気づきました。( ̄Д ̄;) ガーン

★こたろうさん

コメントありがとうございます!
そして、ご賛同いただきましてありがとうございます。

病気の時、怪我をした時に必要な治療を受けさせないのは飼い主としての責任を果たしていないと言うのは大原則だと思います。
1分1秒だって長く生きていて欲しいという気持ちも当然あります。
でも、長く生きることだけが本人にとって幸せとも思わないし、長生きさせることだけが飼い主の愛情だったり責任を果たすことではないと思ってます。

ハムスターは、ペットの中でも軽く見られがちですが、チカちゃんを通じて、その命がどんなに素晴らしくと尊いものか少しでも多くの方に知っていただけたら嬉しいです。
我が家のモフモフくんたち

げっ歯目のチンチラ、加奈ちゃんです。
2008年10月20日オランダ産 ♂カラー:ブラックベルベット
体重:695グラム(2017/3/4現在)


ジュウサンセンジリスのソニアちゃんです。腹壁ヘルニアをものともしない気の強いお嬢さんです。
2011年5月生まれ ♀
体重:245グラム(2016/11/19現在)


うさぎの薫くんです。開帳肢だけれど走るの大好き♪
2016年7月生まれ ♂
体重:800グラム(2017/3/11現在)


<<虹の橋を渡りました>>
ブルーデグーのティノくんです。撫で撫で大好きな甘えん坊さんでした。
2009年5月中旬オランダ産 ♂
2015年6月14日永眠


ゴールデンハムスターの靖睦くん(チカちゃん)です。後肢不自由でありながら歩くのが大好きな頑張り屋さんでした。
カラー:ロング ドミナントスポット シルバー系
2010年4月上旬生まれ ♂
2013年3月16日永眠


シマリスの輝(ヒカル)です。斜頸で回っちゃうけど元気で明るい男の子でした。
2011年2月生まれ ♂
リンパ腫で6か月の闘病の末
2016年8月6日永眠


↓ランキングに参加しています↓ブログランキング・にほんブログ村へ
ミニブログ設置しました♪
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
1416位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小動物
54位
アクセスランキングを見る>>
ご訪問ありがとう
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
子どもたちの幸せのために
Because I am a Girl 世界の女の子たちに、生きていく力を 国際NGOプラン・ジャパン

動物たちの幸せのために
地球生物会議ALIVE
人と自然の調和をめざす WWFジャパン公式サイト

★生産方法を知ってますか?★ 地球生物会議ALIVE 毛皮のページ
フォアグラの作られ方を知っていますか?

Say NO Project

★人間に有効とは限りません★ 医学的見地から動物実験に反対する

★里親という選択肢を★ 一般社団法人ALMA(アルマ) ~犬里親募集~
ちばわん ~犬猫里親募集~
ペットのおうち

保護猫カフェ『ねこかつ』@川越


関連リンク 他


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

更新履歴
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ブログ村