ジリスちゃん、通院2回目&お名前決定!!

ジリスちゃん、お名前決めました。

ソニアちゃんです。
ソニアちゃん



特に意味はないんですが、サンダーソニアから名付けました。
サンダーソニアってこんな花。↓



花言葉は、祈り。
その他、信頼・共感・可憐・愛らしい 等々。



 ̄m ̄ ふふ
こんな花言葉に笑っちゃうくらいワイルドなお嬢さんです。




やっぱりね、
朝に夕に声を掛けても、呼んであげる名前がないのは可哀想だから。
いろいろ考えたんだけれど、結局最初に思い浮かんだ名前に決めちゃいました。




そんなソニアちゃん、朝晩のお薬は断固拒否!! ↓(笑)
ソニアちゃん、隠れる


本来は手を怖がらないよう、また噛まれないようタオルで包むのですが、敷材が邪魔して捕まらないので今朝からはペット用の皮手袋を着用。
シマリスより身体も大きいだけあって、手袋越しにガッツリ噛まれました。
痛いけれど、手袋のおかげで手に食い込むことはないので我慢できるレベルです。
噛まれるのを怖がっていたら、リス飼いなんて勤まりません。
(嘘、じゅうぶん怖いです。シリンジ持ってる生手の方を狙ってくるんだもん)


それでも捕まらない。
リスってどうしてこうスルスルと素早いんでしょう。
シリンジに飛び掛って噛み付くのを利用して飲ませるのがやっとです。


本来ならば。
今がいちばん警戒心を解き、信頼関係を形成する大切な時期なんでしょうが。
普段はそっとしておいて、朝晩の投薬の時だけ接してるって...。
嫌われる要素満載だし。


その証拠に、お迎え当初から撫で撫ではOKだったのに、今は警戒音で鳴かれます。orz

そうそう!ソニアの毛、意外な程柔らかいんです。
輝(ヒカル)は割りとしっかりした毛をしているんだけれど、ソニアは繊細な感じ。



ソニアちゃん

さて。
ソニアちゃん、先週の木曜に2度目の通院をしてきました。


前回、診ていただいた先生、なかなかよかったのに。
てっきり同じ先生に診ていただけるものと思ってたら、いつもの先生でした。
(ちょっとがっかり...)


体重は、180グラム。

・・・・・・えぇっっ!!?


2日前は147グラムだったよね!?
と思ったら、2日前は176グラム、私の記憶違いでした。
びっくりしたー。


でも、体重が増えてるってことは食事は一応摂れてるってことだね。

今回は栄養補給(?)に点滴してもらうのが目的だったので、もしも腹壁ヘルニアだったらどういう治療になるのか等の説明を受け、食事の状況について話してきました。


次回は木曜。
今度はエコー検査です。


それでダメならバリウムって方法もあるって言われたけど。。。
えぇーーっっ!!バリウムぅ!!?
毎年、バリウム飲むのって苦労してるんだよ!(怒)
台の上で何回転もさせられたり、落ちる落ちる落ちる!ってくらい頭を下に台を傾けられて必死でバーにしがみついたり、タダでさえお腹を膨らませられて苦しいってのにお腹にパーンチ☆って感じで圧迫させられるし。
もぉ嫌な印象しかないんですワ。

何をされてるか理解してる人間だって、こんなに苦痛なのに。
こんなに小さな子にするなんて・・・!


・・・ハァハァε-(。_。;)ノ┃ スミマセン;
バリウム嫌いなもんで熱く語り過ぎました。σ(^_^;)


ただ、もしも腹壁ヘルニアで腸が飛び出しているのであれば、バリウムが腫瘍部分に流れるのを確認できるそうです。


そして、検査がこんなにのんびりしているのは、悪性腫瘍の可能性が低いから。
悪性の場合、1日1日でどんどん大きくなるそうです。
今のところ、大きくなっているようには見受けられません。
腹壁ヘルニアも腸がはみ出している腹壁の穴の部分が腸を締め付けるとたいへん危険なのですが、今のところ排泄はしっかりできているので、緊急性は低いとの判断。


ソニアちゃん、隠れる


ソニアをお迎えして1週間。

飼い主失格なことに、未だに何を食べてるのかよくわかりません。
牧草は毎回かなり減ってるので、食べてると思いたいんですが、敷材代わりに運んでるだけかもしれないし。
穀類も食べてるような食べてないような。
フリーズドライ・コーンと生ピスタチオは好きみたいです。

皮膚が露出しているところを見ると血色は悪くないし、飛び掛ってくる様子は窮鼠猫を噛むと言うよりは、ある程度安心して反撃しているようにも見えるので、何かしら食べて体力回復してるんでしょう。



ソニアが仲間たちと最初に里親募集されたのは2011年の10月。
その時の画像ではケージの中にたくさんのジュウサンセンジリスが詰め込まれていました。
その後もたびたび募集告知と画像が出ていて、徐々に頭数が減ってた。
里親さんの元へ引き取られたのか、命を落としたのか。

箱うさぎさんで有償譲渡(業者からの引き取り料?)となっているのは、無償で動物を手に入れた飼い主は、動物にお金をかけることをしない人が多いからだそうです。

・・・逆か。

そもそも動物にお金をかけたくないから、無償の里親募集を狙うのか。


ちょっと珍しい動物を軽い気持ちで引き取ったとしたら。
馴れない、噛み付く、すばしっこい───
生態に関する情報も少なく、恐らく診れる獣医さんも少ないでしょう。
私自身、暗中模索ですが、これから情報を発信していければと思います。
(語学が堪能な方なら、外国のサイトで情報が得られるんだけど)



ではでは、お名前決まったソニアちゃんをこれからも応援お願いします。



↓ ランキングに参加しています ↓

にほんブログ村
いつもありがとうございます


↓ とっても励みになります
スポンサーサイト

theme : ジリス&ハタリス
genre : ペット

comment

Secret

ソニアちゃん♪

とっても可愛いお名前になりましたねー。
腫瘍が悪性の可能性が低いとのことで良かったデス。
すごいなー、しっかりと見たことがなかったんですけど
背中の模様とってもキレイですねー。
オケケが結構柔らかいっていうのも意外~。
ナデナデしてあげたい!!!
敷材に潜るのが大好きな動物さんだから、何を食べているのかって
きちんと見るのも難しいですよね。

バリウム・・・、わたしも飲んだことありますが辛い・・・。
ソニアちゃん、飲むことになったら頑張るんだよ!!!

★こまめ&チロルの主さん

お褒めいただいてありがとうございます。
そーなんですよ!背中の模様キレイでしょう!?
被毛が全部生え揃ったら、本当に13本線があるか数えてみようと思ってます。

バリウム経験ありますか。
飲む時がいちばん辛いんですよね。
毎回決死の覚悟(?)で挑んでます。

ソニアちゃん、本当に可愛いお名前ですちね(*^^*)
去年、地元のショップにリチャードソンジリスがいたんですが、牧草を口に目一杯くわえて、巣作りみたいな事をしてました(^.^)
ソニアちゃんも似たような事するのかなぁ?
うさぎさん出すらきちんと診れる病院は意外と少ないから、ジリスとなると余計に少ないですよね(>_<)(地方なら尚更)
本当に安易にお迎えせずに、色々リサーチして、またお迎えしてからもhamori☆さんみたくしっかり向き合って、日々学ばれる飼い主さんがどんどん増えれば、不幸な動物達も減るかもですけどね。

ようこそ! ソニアちゃん!

御命名おめでとうございますv-22

ソニアちゃんのためにやってるのに理解されず悲しいですね~。
でも早く治療しないと治せるものも治らなくなっては困りますし、辛いところですね。

前記事ですが、タンポポ!
う~ん残念。是非ソニアちゃんにプランターからワイルドに直食いして頂きたかった...。

生態に関する情報、実はお迎えしましたの記事を読んでから、名前と見た目しか知らなかったので、どんな動物か調べてみたんです。やはり何でもありの米国なら愛好家達のサイトとかあるかな? と、検索してみたんですが、ペットとしての飼育情報が見つからず、ほとんどが北米に生息する野生動物としての情報ばかりでした。

日本では珍しい動物でも、米国では郊外のお家の裏庭に現れるような、ありふれた動物と言う感じみたいですね。まあでも、私も語学堪能と言うわけではないので、もっとちゃんと読んで役に立ちそうな情報あったらお知らせします。

ところで、検索しているときに見つけたリス好きさんのサイトでジュウサンセンジリス-13 lined ground squirrelを 『13 liner (サーティーンライナー)』と呼んでいましたが、呼びやすいし、いい表現だなぁと思いません???

バリウム、たいてい10時間以上飲まず食わずで行くので、とりあえず一口目は美味しく感じてしまう私はヤバイでしようか!?v-11

ソニアちゃん、早くよくなるよう祈ってます。

★み~たさん

名前褒めていただいて嬉しいです。ありがとうございます♪
輝は新聞紙を口いっぱいに銜えて眠る1時間前(午後2~3時)頃から巣作りしてますよ!
ソニアも姿は見たことないけれど巣作りしてるので、やってるんでしょうね。
ペットショップでよく見かけるジリスはリチャくらいですもんね。
私が持ってる飼育書もプレーリードッグとリチャについてで、それ以外は紹介だけ。
エキゾ専門の動物病院でも、担当してくれた獣医師に「飼育方法については(飼育書の監修をされている)院長に確認してからご説明します」と言われました。

ネットでも情報がほとんど見つからず、正しい知識を持っている獣医師も全国に何人もいないでしょう。
私が今回里親募集に手を挙げたのは、罹り付けの動物病院の院長が飼育書の監修をしていたから、正しい知識と適切な治療を受けられると思ったからです。
『可哀想』という感情だけで救うには限界があります。殺処分されないだけマシという考え方にも賛同しかねるし。
ソニアに(ペットとは言え)ジリスらしい生活をさせてあげることが目標です。

★Yumikoさん

ありがとうございます!
いえいえ。悲しくはないんですよ。
昔、実家で初めて犬(ポメ)を飼った時、帰宅した私をあの舌出しポメ・スマイルで尻尾ブンブン振って玄関で迎えてくれた時、ちょっとね・・・腹立ったんですよ。「人に尻尾振って機嫌取る犬が!!(怒)」って、そのまま犬なんですけど。私、お追従する人間が大っ嫌いなもので。すぐにこれは犬だから仕方ないんだって納得しましたけど。
エキゾは基本野生動物なので野生を尊重するし、自己主張できることは大切だと思ってるので寧ろいいことだと思ってます。

「プランターから直食い」憧れますねー。
タンポポは本当に残念です。今から種まきしても・・・間に合わないかなぁ。。。
そうですよね。原産地ではフツーにいるんでしょうね。
ハリネズミとかも原産地ではフツーに郊外のお庭に現れるようで、ネットで画像を見て衝撃を受けた記憶があります。
『13 liner』なんか可愛いですね。

バリウムが美味しいなんて、Yumikoさんヤバイです!!私は発泡剤の後のあのドロっとした重たい飲み物を毎回決死の覚悟で飲んでます。(涙)
我が家のモフモフくんたち

げっ歯目のチンチラ、加奈ちゃんです。
2008年10月20日オランダ産 ♂カラー:ブラックベルベット
体重:695グラム(2017/3/4現在)


ジュウサンセンジリスのソニアちゃんです。腹壁ヘルニアをものともしない気の強いお嬢さんです。
2011年5月生まれ ♀
体重:245グラム(2016/11/19現在)


うさぎの薫くんです。開帳肢だけれど走るの大好き♪
2016年7月生まれ ♂
体重:800グラム(2017/3/11現在)


<<虹の橋を渡りました>>
ブルーデグーのティノくんです。撫で撫で大好きな甘えん坊さんでした。
2009年5月中旬オランダ産 ♂
2015年6月14日永眠


ゴールデンハムスターの靖睦くん(チカちゃん)です。後肢不自由でありながら歩くのが大好きな頑張り屋さんでした。
カラー:ロング ドミナントスポット シルバー系
2010年4月上旬生まれ ♂
2013年3月16日永眠


シマリスの輝(ヒカル)です。斜頸で回っちゃうけど元気で明るい男の子でした。
2011年2月生まれ ♂
リンパ腫で6か月の闘病の末
2016年8月6日永眠


↓ランキングに参加しています↓ブログランキング・にほんブログ村へ
ミニブログ設置しました♪
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
1642位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小動物
64位
アクセスランキングを見る>>
ご訪問ありがとう
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
子どもたちの幸せのために
Because I am a Girl 世界の女の子たちに、生きていく力を 国際NGOプラン・ジャパン

動物たちの幸せのために
地球生物会議ALIVE
人と自然の調和をめざす WWFジャパン公式サイト

★生産方法を知ってますか?★ 地球生物会議ALIVE 毛皮のページ
フォアグラの作られ方を知っていますか?

Say NO Project

★人間に有効とは限りません★ 医学的見地から動物実験に反対する

★里親という選択肢を★ 一般社団法人ALMA(アルマ) ~犬里親募集~
ちばわん ~犬猫里親募集~
ペットのおうち

保護猫カフェ『ねこかつ』@川越


関連リンク 他


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

更新履歴
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ブログ村