【転載】 ◆ ALIVE-news ◆H22年度の犬猫処分数:速報値

ALIVE-newsからの転載です。

-----* 転載、ここから *-----

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ ALIVE-news ◆H22年度の犬猫処分数:速報値┃2012.1.6
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当会では、毎年、全国の動物行政を所轄する自治体(H22年
度は108自治体)に、犬猫の処分や動物行政全般に関する
アンケート調査を実施しています。
このほど、平成22年度の犬猫の処分数(速報値)を取りまとめ
ましたので、お知らせ致します。
現段階ではまだ精査できておりませんので、今後数字が若干変わる
可能性があります。あくまでも速報値としてご覧下さい。

犬の殺処分数 53,317(前年度65,956) 前年度比12,639匹の減少
猫の殺処分数 158,705(前年度173,300)前年度比14,595匹の減少
合計殺処分数 212,022(前年度239,256)前年度比 27,234匹の減少

犬猫の殺処分数は、毎年、3万匹前後が減少しており、このまま推移し
ていけば、先進的な自治体においては殺処分ゼロも夢ではありません。

数字の確定と、その他の項目の統計や内容の分析、入力等を現在作業中です。
3月中には「全国動物行政アンケート結果報告書(平成22年度版)」として
発行いたしますので、今暫くお待ちください。


※転送・転載可です。転載・転送される場合は
[ALIVE-news]より転載と明記してください。


-----* 転載、ここまで *-----
発行:NPO法人地球生物会議(ALIVE) 事務局 http://www.alive-net.net/



「毎年3万匹前後が減少」というのは嬉しいことですね。

ただ、これは殺処分数だけの数字。
行政と協力して頑張っている保護団体さんがたくさんあるし、殺処分数を減らす為に努力している行政もあっての数字。
そして何より、“里親”さんの存在です。
どんなに行政や保護団体が頑張ったって、里親さんなしには救えませんから。

海外の動物先進国と言われている国々だって、殺処分数“0”と言ったって、飼い主に捨てられる犬猫がいないわけじゃない。
寄付で賄われているような大きなセンターがあって、そこから引き取ることが文化として根付いているだけ。
殺されるリスクがない分、気軽に連れて行かれて、何度もオーナーチェンジなんてことがないのか、ちょっと疑っちゃいます。
(何冊か本を読んだけど、殺処分数が少ないことばかり大きく取り上げられてて、そこにいる犬猫がどうしてここにやってきたかには触れられてないんだもん)
文化として、“安楽死”も根付いてるしね。


話を元に戻すと、私がいちばん気になるのは、“持込数”が果たしてどれだけ減っているのか。
その犬種の特性も知らず、しつけもせずに“バカ犬”呼ばわりしている“バ飼い主”。
盲導犬などで活躍しているレトリバーは、訓練しなくても“お利口”だと信じてる人結構いるらしいです。


犬猫に比べれば出回る量が圧倒的に少ないエキゾチック・アニマルは?
適切な環境が用意できずに死なせてしまうケースや、誤った食事による病死。
思ったように懐かず、手に負えなくなって狭いケージに閉じ込めっぱなし。
などなど、外に見えてこない問題もたくさんあるんでしょうね。


どんな生き物でも、私たちと同じように感じる心と感覚があるんだってこと忘れないでください。



ランキングに参加しています。お願いします。
にほんブログ村 小動物ブログ チンチラへ
にほんブログ村
Thank you!!

ペットのおうち



↓ とっても励みになります
スポンサーサイト

theme : 動物愛護
genre : ペット

comment

Secret

そうそう、簡単に飼育できると思って飼ったはいいけど
一度は思う「こんなはずじゃなかった~」
自称も他称も動物バカの私ですが、それでも
仕事で疲れていたり、仕事に失敗した後(笑での
お世話の時にはかなり体が重い・・・
そのときにいつも思うのが、愛情が少ない飼い主さんの
お家の子はきちんとお世話をされているかな。。。と
自分の事じゃないからいいやと、投げ出されていないかなって
心配になります。
簡単に飼って、簡単に捨てられないように、まずは
蛇口を止めなければ、いくら里親が増えても持ち込みは
減らないですよね。

★Bellyさん

「映画ですごくお利口だったから」って買う人多いらしいんですけど、理解不能です。
最近は洋画3Dアニメで、モルモット、フクロウ、カメレオンとペットとして飼えそうな動物を主役にしたものが続いたので、ヘンなブームが来ないか内心ドキドキしてました。
あぁ、Bellyさんの気持ちすごくわかります。
私、週末のケージ洗い、辛くなってくると心の中で「愛情、愛情」と唱えて、作業が雑にならないようにしてますもん。
たまに、フンで真っ黒に汚れたホイールを回しているハムスターの動画を見ると、ゾッとします。
(それを公開しちゃう辺り、飼い主はなんとも思ってないんでしょうね)

“蛇口”───そうですね。
「可愛い子供の顔が見たい」とか「1回くらい出産の経験をさせても」なんて人間の身勝手な理由で繁殖して里親募集してる人も業者と変わらないんですけどね。
動物先進国スイスは法律で1匹飼いは禁止されてるそうです。
単独生活をする動物やねずみ算式に増える動物をどうしているのか気になります。

やっと投稿できました。

お久しぶりです。旬が過ぎすぎたコメントですいません。
いろいろ調べるうちに収拾付かなくなって、そうするうち、また一言や二言、
言いたくなる新記事がアップされ、一人で勝手にパンクしておりましたァ~(T T)

今更でしかも長文ですが、せっかく調べたのでコメントさせて下さい。
そして参考サイトのURLを着けたかったのですが、どうもURLを書き込むと
FC2に投稿拒否されるので、google検索すると結果のトップに出るキーワードを
【】内に記載しましたのでご興味あればご検索下さい。m(_ _)m
--------------------------------------------------------------

私も動物愛護の進んだ国の状況に関していいことばっかり書かれてたりで、
ホンマかいな? と素直に受け取れない部分があり調べてみました。
(あくまでもネットでの調査)

スイスの保護センターは、欧州の他国で保護された犬達を引き受けて
いるそうです。そしてスイスでは許可を受けたブリーダーまたは
保護センターからお迎えするしか犬を手に入れる方法がなく、
保護センターなどはその人が飼い主としてふさわしいか審査が相当厳しいらしい。
スイス在住の日本人がセンターから引き取り希望したが共働き夫婦と言うだけで
昼間面倒見る人が居ないからと断られたとご自身のブログで書かれてました。

で、さすがにもう、そんな面倒なことやってられない、
いま犬が飼いたいんだっ! て人も増え、闇ルートで子犬を手に入れる
人たちも増えてきているそうです。そうなると近隣他国の法律が厳しくない国から
持ち込まれ、売れ残った犬はが捨てられてる可能性があるようです(闇で買いたい、
と言う人はきっとカワイイ「子犬」がお目当てでしょうから)。そして、
保護センターは、殺処分しない、里親が見つからなければ終生面倒見るわけですから、
どんどん余裕がなくなってくる、と言う状況だそうです。

★スイス在住経験あり、旦那さんがスイス人の方のサイト
【 源泉の犬たち The Silent Scream 】

制度は立派で日本も是非スイスやドイツを手本にしていくべきでしょう、
でも制度が立派=全国民立派、とは限りません。別に私は国粋主義者では
ないですし、スイス人やドイツ人に恨みもありませんし、
ドイツ人の知人もいますし、その他の外国人の友人も何人かいます。
だからこそ国籍の違いで人間のレベルが違ってくるわけではないと。
なので欧州の一部の国のことなのに動物愛護に関してやたら「外国では」
「欧州では」という言い方をされることに嫌気がさすときがあります。
外国って、中国も「外国」だし、ごみ収集車にノラ犬生きたまま
放り込んでるウクライナも「外国」ですし「欧州」です。

「里子返品」に関してですが、さすがにスイスはお迎え時の審査が
厳しいのでほとんど無いとは思いますが確認できなかったのでわかりません。
しかし米国ではけっこう多いようです。米国人の女性でシェルターから引き取った犬を
飼っている方がご自身のブログで「シェルターから犬を引き取らないで!」
というタイトルで記事を書かれてました。なんで!?と、内容を読んでいくと要するに
一度引き取って、でも手に負えないと返しに行くと、そのときにはシェルターは
新たな犬猫で満杯で受け入れる余裕などなく、安楽死リストに載ることに
なってしまう。結局その犬の最期を早めてしまうだけ、ということです。

米国で犬猫の里親になられる方たちの多くは、困ってる動物を助けたい
と言う善意で来られる方達でしょうが、やはりペットショップでは
何万円もするがセンターから引き取れば手数料だけで済むからと
引き取る方たちも多いそうです。でも手に負えなくなり「問題犬」
として返してしまう。

★シェルターから犬を引き取らないで!
【 Just Another Pretty Farce Don't Adopt A Shelter Dog 】

★動物愛護国を自負する英国でも...
【 petpress 英国で捨てられるキャリー・バッグ・ドッグの数が急増! 】

残念ながら、国籍・人種問わず、困った人達はどこにでも居ます。
だからこそ法律による規制が必要なわけで、そういう意味でドイツや
スイスの法律の「良いところ」を手本に日本も動物に関する法制度を
充実させる必要があるとおもいます。

つづいて「1匹飼い禁止」に関してですが、群れて暮らす種類の動物に
孤独を感じさせてはいけない、ということだそうで、おなじケージに
入れる義務はなさそうですが、それに関しては調べが付かなかったので
正確にはわかりません。しかし、その対象動物にハムスターが含まれてますが、
ハムスターって単独生活ですよね? しかも、一日の大半を地中で一人で
過ごすのが基本の彼らは果たして「寂しがったり」するのでしょうか、
そして、その動物達が「寂しい」と感じてるかどうかどうやって判断するのか...

そして、2匹飼っていて1匹が死んでしまった場合はどうするのか!?
大変ダァー!! 摘発されてしまう!? ...いえいえ、心配ご無用!

「レンタル」すればいいんですよ!

そもそも2匹とも同時に亡くなることはまずないので、結局永久に
飼い続けることになるので、残された1匹が亡くなるまでツレを
レンタルするわけですが、この商売自体がスイスの動物愛護の精神には
反しないのだろうか...。

★Rent-A-Guinea Pig Service-レンタルモルモット
【 SPIEGEL ONLINE Hope for Lonely Rodents 】

そしていろいろ検索する中"Hamster explosion..."という文言が...
えぇーっ! ハムスター爆発!? まさか、ハムスターを利用したテロ!?
いえ、ちゃいます、スイスのチューリッヒのペット病院でハムスター患者が
「爆発的に」増加してるとのこと。ハムはちっさいので賃貸住宅でも飼育許可を
もらう必要がなく飼いやすいので人気があると。しかし不適切な餌や与えすぎ
による肥満等で病気なってしまう。その病院のハム患者の半分は不適切な飼育
による病気であると、獣医さん談。

★The Local
【Hamster explosion at Zurich pet hospital】

光あれば影がある、ということでしょうか。
長くなってすいません。

★Yumikoさん

す、スゴイ!!v-405 全部調べたんですか!!?
とても興味深く読ませていただきました。

> センターから引き取り希望したが共働き夫婦と言うだけで昼間面倒見る人が居ないからと断られた
日本でも、一人暮らし不可とか、長時間留守のない方とかありますからね~。
でも、むしろペットショップの方がそういう条件必要なんですけどね。
まだ何時間かおきに給餌しなければならないような幼齢犬を日中留守にしている家庭でも買えちゃうわけで。
離乳食を食べてるような人間の赤ちゃんを朝晩2回の食事だけで育てようなんて絶対考えられないですよね。
健康被害も出てるし、必要な給餌を怠った“虐待”なんですけど、飼い主にそういう自覚ないんだろうなぁ。。。

米国はわたし的には動物先進国という認識ないです。
10年以上前の出版物なので情報古いですけど、エキゾチックアニマルの輸入量で、日本が第2位、米国が第1位。
この場合のエキゾって、珍しい野生動物を捕獲して・・・ってものも含まれてます。←v-359
ヘンな雑種を故意に作り出してるミックス犬も米国発祥でしたよね。
サイズの異なる犬種を掛け合わせるにはメスの体の方が大きくないと母体の命に関わる負担が掛かるんですが、疑問に感じる組み合わせも見かけます。

“安楽死”については、日本の感覚からすると「まだ安楽死を進める段階でない」状況でも安楽死を選ぶ日本在住の外国人(欧米?)飼い主さんが多いらしく日本人獣医師はやりきれない思いをすることがあるらしいです。
外国人の種別がわかりませんが、“安楽死を選択することが飼い主の責任”と感じているようで。
だから、日本人が死から目を背けるように保健所に連れて行く代わりに、飼い主の責任として安楽死を選択するなら、行政の殺処分の数の単純な比較では推し量れない文化の違いもあるのかな~と。

ペットのレンタルには驚きました。
法律の辻褄合わせで、レンタルされる動物の気持ちは考えてないんでしょうかねぇ。

レポートありがとうございました!
我が家のモフモフくんたち

げっ歯目のチンチラ、加奈ちゃんです。
2008年10月20日オランダ産 ♂カラー:ブラックベルベット
体重:679グラム(2017/6/3現在)


ジュウサンセンジリスのソニアちゃんです。腹壁ヘルニアをものともしない気の強いお嬢さんです。
2011年5月生まれ ♀
体重:285グラム(2017/4/15現在)


うさぎの薫くんです。開帳肢だけれど走るの大好き♪
2016年7月生まれ ♂
体重:880グラム(2017/6/3現在)


<<虹の橋を渡りました>>
ブルーデグーのティノくんです。撫で撫で大好きな甘えん坊さんでした。
2009年5月中旬オランダ産 ♂
2015年6月14日永眠


ゴールデンハムスターの靖睦くん(チカちゃん)です。後肢不自由でありながら歩くのが大好きな頑張り屋さんでした。
カラー:ロング ドミナントスポット シルバー系
2010年4月上旬生まれ ♂
2013年3月16日永眠


シマリスの輝(ヒカル)です。斜頸で回っちゃうけど元気で明るい男の子でした。
2011年2月生まれ ♂
リンパ腫で6か月の闘病の末
2016年8月6日永眠


↓ランキングに参加しています↓ブログランキング・にほんブログ村へ
ミニブログ設置しました♪
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
1229位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小動物
47位
アクセスランキングを見る>>
ご訪問ありがとう
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
子どもたちの幸せのために
Because I am a Girl 世界の女の子たちに、生きていく力を 国際NGOプラン・ジャパン

動物たちの幸せのために
地球生物会議ALIVE
人と自然の調和をめざす WWFジャパン公式サイト

★生産方法を知ってますか?★ 地球生物会議ALIVE 毛皮のページ
フォアグラの作られ方を知っていますか?

Say NO Project

★人間に有効とは限りません★ 医学的見地から動物実験に反対する

★里親という選択肢を★ 一般社団法人ALMA(アルマ) ~犬里親募集~
ちばわん ~犬猫里親募集~
ペットのおうち

保護猫カフェ『ねこかつ』@川越


関連リンク 他


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

更新履歴
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ村