シマリスの斜頸、2度目の通院

輝(ヒカル)が投薬を開始してから1週間、
昨日2度目の診察に行ってきました。

病院はいつものみわエキゾチック動物病院

症状(ローリング)は変化なし。
成長期なもんで、1日1日活動量が増えて、ただ床を旋回しているだけじゃなく、ハウスの屋根にも飛び乗り、今のプラケ(約30×40センチ)じゃ狭く感じるねー。
ベビーちゃんで保温の為、プラケを使っているけど、そろそろケージに移したいと相談してみたら、OK出ました。

同じ薬を処方され、もう少し様子を見ることになりました。


先生、相変わらず

「治るかもしれないし、治らないかもしれない」

「よくなったとしても、頸が曲がったままだったり、完治はない」

をしつこいくらい繰り返すの。


あれだね、
私、社会福祉学科を出てるんだけど、最初に医療と福祉の違いについて習ったのが、

医療はマイナス面を見ます。
悪い部分を見て、それを正常に戻す為の治療をするのが医療。

対して、福祉はプラス面を見ます。
体に不自由があっても、使える部分を見つけて、できること活かすのが福祉。

わかるかなぁ。
例えば、歩けなくても、座位が保てるなら、車椅子で部屋から出る、建物から出ることができるし、
箸が持てなくても、スプーンが握れるなら、時間が掛かっても自力で食事することができる。
こういうできることを伸ばしていきましょうってこと。


獣医師としては、斜頸を正常な状態に戻すのが使命だから、完治に拘るんだろうね。

でも、私としては、治らないものであれば、それはそれで受け入れようと思ってるし、
そもそも、輝を引き受けた時点で、斜頸が完治するなんて思ってなかったし。

ただ、生きてるものは死ぬまで生き続けなきゃいけないから、少しでも苦痛がなくなればいいし、
生きることが退屈でなければいいと思う。


と、思わず語ってしまいましたが、
輝はものすごく食欲があって、いっぱい食べるし、
ハイパーなのはシマリスの特性だし、
とにかく元気いっぱいなので、悲観はしてないんです。

何より、シマリスの見た目の美しさ、可愛らしさにメロメロだしね。

これは、今日ケージに移した直後。乾燥イチゴを食べてます。↓
輝、乾燥イチゴを食べる

この縞模様がとても美しいと思う。
手にじゃれ付いてくる姿も可愛いし・・・噛むけど。


多分ね、
ウチに来る運命だったんだよ。

じゃなきゃ、なぜ地震以降出不精になっていた私が、神奈川のペットショップまで行く気になったのか、自分でも不思議だもん。

そうそう。
輝のお迎え記事に書いた、ドキペのアフリカヤマネくん、その後すぐにお迎えが来たようです。
私のウチに来る運命ではなかったんだね。
お迎えが来て、本当によかった。


本来は、健康で丈夫そうな子を選ぶべきです。
でも、必要に応じて適切な医療を受けられる環境があって、
自分本位でない見守る愛情が持てるなら、
ペットショップの片隅にある里親募集のケージ、または告知にも目を留めてください。


ランキングに参加しています。が励みになります。
にほんブログ村 小動物ブログへ
Thank you!!
スポンサーサイト

theme : シマリス
genre : ペット

comment

Secret

No title

福祉と医療。。。なるほどです☆
「縁」って絶対必然ですよね!?

やまねくんが気になってそこに行ったとしても
行こうとおもったのは
輝くんが、迎えに来て~!って
呼んだのかもしれないですよ(^^)

わたしもペットショップのすみっこに
ちょこんといる子を連れて帰ったことがあります

もちろん健康な子との出会いも偶然ではないと
思うのですが

そのときの店員さんが言ってたこと
思い出しました

「弱い子は健康な子よりも
手もかかるし健康な子以上に
気にかけてもらって
大事にかわいがってもらわなくちゃ
いけないから
飼い主を選ぶんです!
だから里親募集してる子がいたって
いつも連れて帰りたくなるわけじゃないでしょ~」って

輝くんに選ばれたんですねきっと(*^-^*)

★SG99☆さん

そうですね、輝に選ばれて、引き寄せられたのかもしれません。
そうだったら嬉しいな。

確かに、いつも連れて帰りたくなるわけじゃないですよね。
チカちゃんの時も、ネットで一目見たときから、不思議と気になって仕方がなかったし。

その店員さん、いいこと言うなぁ。。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

★"Secret"さん

コメントありがとうございます。
斜頸とわかっていてお迎えした輝と違って、途中から斜頸になったというのは
ショックも大きかったでしょうね。
私も輝に対してまったく同じ気持ちを持っています。
誕生日が迎えられるのか、だんだん悪化するのか、
先の見えない不安はあるけれど、ずっと見守って行きたいと思います。
我が家のモフモフくんたち

げっ歯目のチンチラ、加奈ちゃんです。
2008年10月20日オランダ産 ♂カラー:ブラックベルベット
体重:679グラム(2017/6/3現在)


ジュウサンセンジリスのソニアちゃんです。腹壁ヘルニアをものともしない気の強いお嬢さんです。
2011年5月生まれ ♀
体重:285グラム(2017/4/15現在)


うさぎの薫くんです。開帳肢だけれど走るの大好き♪
2016年7月生まれ ♂
体重:880グラム(2017/6/3現在)


<<虹の橋を渡りました>>
ブルーデグーのティノくんです。撫で撫で大好きな甘えん坊さんでした。
2009年5月中旬オランダ産 ♂
2015年6月14日永眠


ゴールデンハムスターの靖睦くん(チカちゃん)です。後肢不自由でありながら歩くのが大好きな頑張り屋さんでした。
カラー:ロング ドミナントスポット シルバー系
2010年4月上旬生まれ ♂
2013年3月16日永眠


シマリスの輝(ヒカル)です。斜頸で回っちゃうけど元気で明るい男の子でした。
2011年2月生まれ ♂
リンパ腫で6か月の闘病の末
2016年8月6日永眠


↓ランキングに参加しています↓ブログランキング・にほんブログ村へ
ミニブログ設置しました♪
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
1249位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小動物
48位
アクセスランキングを見る>>
ご訪問ありがとう
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
子どもたちの幸せのために
Because I am a Girl 世界の女の子たちに、生きていく力を 国際NGOプラン・ジャパン

動物たちの幸せのために
地球生物会議ALIVE
人と自然の調和をめざす WWFジャパン公式サイト

★生産方法を知ってますか?★ 地球生物会議ALIVE 毛皮のページ
フォアグラの作られ方を知っていますか?

Say NO Project

★人間に有効とは限りません★ 医学的見地から動物実験に反対する

★里親という選択肢を★ 一般社団法人ALMA(アルマ) ~犬里親募集~
ちばわん ~犬猫里親募集~
ペットのおうち

保護猫カフェ『ねこかつ』@川越


関連リンク 他


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

更新履歴
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


ブログ村