FC2ブログ

『あとで』は永遠に訪れないこともある

昨日(2018/3/20)、ソニアちゃんを天へ送りました。

冬のような冷たい雨の日でした。

(この後、お花で飾ったソニアちゃんの遺体の画像があるので苦手な方はご遠慮ください。)


城東動物霊園20180320


霊園へ少し早く到着すると、受付から「お待ち合わせの方が見えてますよ」と言われ。
「いえ、違います。hamori☆ですが」と返すと、人違いではないようで。

ブログを読んで、デグ友 くぅさんが来てくださいました。(感涙)

私が書類に記入している間、初対面のソニアちゃんを撫でて、声を掛けて下さりました。


ソニアちゃんのイメージカラーは女の子らしいピンク。

白とピンクのお花で飾ったソニアちゃんです。↓

ソニアちゃん20180320

書類を書き終わると、すぐに名前を呼ばれました。
到着して腰を落ち着ける前に書類が渡されたので、トイレで鏡を見る暇もなく。
ソニアちゃんを撫でながらお別れをする心の準備をする暇もなく。

火葬場へ。
さすがに5回目で手順はわかっているので、ソニアちゃんの遺体を移し。
周りを先ほどの生花で飾り、ソニアちゃんが大好きだったラクトバイトを付けた生野菜も。
ペレットなどのごはんは係の人に渡すと、紙皿に入れ、お顔の近くに置いてくれました。
不思議なことにソニアちゃんの瞼が下りて、完全ではないものの目が閉じていました。

ソニアちゃんを撫でながら、
「ありがとう、大好きだよ、次に生まれてくる時も幸せにね」と。

その後、お焼香をし、合掌して火葬へ。
火葬時間30分と告げられ、部屋へ戻る。

他に何組もの方々が、愛しい子を抱きしめながらお別れをし、待っていました。
ワンちゃん、ネコちゃんが多いので、私のように片手で持てるようなボックスにお花を敷き詰めた遺体を持っていると毎回必ず覗き込まれます。
特にお子さんなんかは興味津々で。(汗)

家族連れが多い中、いつもひとりぽつんと外を眺めながら物思いに耽ってましたが、今回はくぅさんがいてくれたおかげで色々お話しながら待つことができました。

30分経ち、再び火葬場へ。
お骨もきれいに残っていて、背骨、尻尾、骨盤、肩甲骨、そして頭蓋骨には歯もきちんと確認できました。
やっぱり臼歯の下の歯はなかったような...。
こちらも5回目なので落ち着いて拾うことができました。
「慣れ」というと不快に思う方もいるかもしれないけれど、ひとりなので周りを見て、という訳にもいかないし。
慈しんできたその子に最後にしてあげることなので、できるだけきちんとしてあげたいという気持ちがあります。


この後、くぅさんと場所を変えて2時間以上お話していました。
沈んだ心が慰められました。
心より感謝です。


そして、姿を変えてソニアちゃん帰宅しました。↓

ソニアちゃん20180320

一昨日購入した花は火葬してしまったので、今度はソニアちゃんの名前の由来となった『サンダーソニア』。
ソニアという名は、ジュウサンセンジリスの『リーン』という鈴のような鳴き声から、この花をイメージして名付けました。
サンダーソニアはお彼岸用のブーケでしか売ってなかったので菊の花ばかりです。
白いバラの蕾は、ソニアちゃんを天へ送る為のお花の残りです。



昨日今日と一気に冬へ戻ったかのような冷たい雨が降っていますね。
室温が20度切っていますが、もうソニアちゃんの保温を心配しなくていいと思うと、ホッとする思いと寂しい気持ちが交錯しています。

ソニアちゃん最期の日の前日、バナナを切らしていました。
バナナはソニアちゃんの食欲低下後も毎朝最初に食べてくれていたので切らさないように気を付けていたんですが。
バナナがないことに気付き、夕方買いに行こうかと思ったのですが、「明日(3/18)外出するし、その時に買って帰ればいいか」と後回しにして、朝バナナを出しませんでした。
朝バナナを始めてから一度もなかったことで、ソニアちゃんも習慣化してたと思うので「ない!」とガッカリしたことと思います。
そしてナッツ類も。
食欲が落ちた時もナッツ類だけはしっかり食べてくれていたので、食欲が落ちて以来こちらも欠かさず毎日小量を与えていたのですが、元々ナッツ類は週末の部屋ん歩終了後にケージに戻ったご褒美に与えていたんです。
前日に食餌の用意をしている時、「明日(3/18)は部屋ん歩後にもナッツをあげるからから控えるかな」とその日に限って与えなかったんです。
どちらも、最近少し食欲が復活していて体重も安定していた為の私の心の油断でした。

結局、私は「あとで」与える機会を永遠に失いました。
ソニアちゃんは最後の日、写真すら撮っていませんでした。
前日の晩に背中の傷を撮った顔も写っていない写真が最後の写真です。

そして、同じく心臓病である加奈ちゃんもこんな風に突然失うことがあるのかもしれないと今更ながらに心に深く突き刺さりました。



最後に。
3月16日は愛ハム☆チカちゃんの命日でした。
あの日から5年が経ちました。
どの子も命日の月には御塔婆をお願いして、18日の合同慰霊祭に参列しています。
合同慰霊祭の後は、次の慰霊祭までお塔婆がこうして飾られます。↓
城東動物霊園20180320

チカちゃん、わかりますか?
右から3つめの『靖睦(ヤスチカ)』くんです。
そう、チカちゃんは男の子なんですね。
因みに加奈ちゃんも男の子です。
ペットショップで女の子として売ってたので女の子の名前なんです。
生後6か月で性成熟し男の子であることが発覚したけど、名前は定着してたのでそのままにしました。




↓ ランキングに参加しています ↓

にほんブログ村
いつもありがとうございます


↓ とっても励みになります。
スポンサーサイト

theme : ジリス&ハタリス
genre : ペット

tag : ジュウサンセンジリス 城東動物霊園

comment

Secret

我が家のモフモフくんたち

げっ歯目のチンチラ、加奈ちゃんです。
心臓弁膜症と診断されました。
2008年10月20日オランダ産 ♂カラー:ブラックベルベット
体重:710グラム(2018/4/20現在)


うさぎの薫くんです。開帳肢だけれど走るの大好き♪
2016年7月生まれ ♂
体重:940グラム(2018/4/21現在)


<<虹の橋を渡りました>>
ブルーデグーのティノくんです。撫で撫で大好きな甘えん坊さんでした。
2009年5月中旬オランダ産 ♂
2015年6月14日永眠


ゴールデンハムスターの靖睦くん(チカちゃん)です。後肢不自由でありながら歩くのが大好きな頑張り屋さんでした。
カラー:ロング ドミナントスポット シルバー系
2010年4月上旬生まれ ♂
2013年3月16日永眠


シマリスの輝(ヒカル)です。斜頸で回っちゃうけど元気で明るい男の子でした。
2011年2月生まれ ♂
リンパ腫で6か月の闘病の末
2016年8月6日永眠



ジュウサンセンジリスのソニアちゃんです。腹壁ヘルニアをものともしない気の強いお嬢さんです。
2011年5月生まれ ♀
拡張型心筋症と診断され
2018年3月18日永眠

↓ランキングに参加しています↓ブログランキング・にほんブログ村へ
ミニブログ設置しました♪
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
2986位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小動物
116位
アクセスランキングを見る>>
ご訪問ありがとう
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
子どもたちの幸せのために
Because I am a Girl 世界の女の子たちに、生きていく力を 国際NGOプラン・ジャパン

動物たちの幸せのために
地球生物会議ALIVE
人と自然の調和をめざす WWFジャパン公式サイト

★生産方法を知ってますか?★ 地球生物会議ALIVE 毛皮のページ
フォアグラの作られ方を知っていますか?

★人間に有効とは限りません★ 医学的見地から動物実験に反対する

★里親という選択肢を★ 一般社団法人ALMA(アルマ) ~犬里親募集~
ちばわん ~犬猫里親募集~
ペットのおうち

保護猫カフェ『ねこかつ』@川越


関連リンク 他


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

更新履歴
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2018年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブログ村