FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソニアちゃん、永眠

ソニアちゃん、本日(2018年3月18日)永眠しました。
部屋ん歩中のことでした。

ソニアちゃん♪

一昨日、通院した際の問診では、

「元気です♪体重も維持できてるし。少し前は夜辛そうな顔をしてることがあったけれど。 最近はケージ内の温度も25℃キープできているからか、いい表情してます。」

「ペレットも3g食べてるし、穀類も貯食する元気が出てきました。リンゴやニンジンをすりおろしたものや、カボチャをペースト状にしたものは完食してます。ただ、生の葉野菜はまったく食べなくなっちゃいました。その代わり、緑の粉(ベジタブルサポートドクタープラスエキゾチック、野菜のミックスパウダー)はすりおろしリンゴやカボチャペーストに混ぜれば食べてくれます。」

「あとピンクのお薬、夜飲んでくれないんですよね。朝は大好きなラクトバイトや生バナナにつければ食べてくれるし。緑キャップのお薬は自分で飲んでくれます。朝起きてこない時は、すりおろしリンゴやカボチャのペーストにかければ食べてくれるけど。最近、夜は起きてこないことが多くて。眠りも深いので、なかなか起きないし、起きたタイミングであげてもマズいから断固拒否!されます」

なぁんて、まるで何も心配事なんかないかのように話してました。


ただ、昨晩。ソニアちゃんの背中に出血を伴う傷を発見。↓
ソニアちゃん♪

昨日は終日ケージで過ごしていたので、ケージ内で怪我したんだと思います。
ハウスの入り口か、土を入れてる容器の蓋に背中を擦ったか。
触っても腫瘍のようなものは感じなかったので、皮膚が剥き出しになるほど強くこすったことに違和感を感じつつも、少し様子を見て傷が悪化するようなら病院に連れて行こうと思いました。


そして今日3月18日は動物霊園で毎月恒例の合同慰霊祭に参列するつもりで、ソニアちゃんのケージを午前中に洗うことにし、ソニアちゃんが目覚めた10時頃から部屋ん歩開始しました。
ケージを床に下ろして、ケージ上部を外したところで、待ち構えていたソニアちゃん。
土の容器の蓋に乗って外に飛び出せばよいものを、焦り過ぎて土の容器から出ちゃったんですね。
床からケージを乗り越えるのは結構たいへん。
元々ジャンプ力はあるけれど、ヘルニア部分も大きく重くなって体に負担が掛かっているからね。
床に降り立ち、ケージの縁に手を掛けて外を覗くも、ジャンプできてなかったのでダメ元で手を差し伸べました。

とは言え、今まで私の手に乗ったことのないソニアちゃん。
私の手を踏み台にして、なんて発想がなくて乗ってはくれず。
そこからケージを乗り越えられないと判断したソニアちゃんでしたが、ケージの角と土の容器に囲まれたところに私が手を差し伸べたので退路が塞がれ。
次の瞬間、私の手に両前肢を乗せてくれたのです。
この時は絶対噛まれないと信じてたので、指先をクンクンされても穏やかな気持ちで静かに待っていると、後肢も。
完全に私の手のひらに体を乗せてくれました。
時間にすれば十数秒くらいなものだと思いますが、初めてのことで内心は歓喜に湧いていました。


ソニアちゃん♪


なるべく部屋ん歩の時間をとってあげようと、ケージを洗ってセッティングし、先に出掛ける準備を整え、12時少し前に本棚の後ろにいるであろうソニアちゃんに声を掛け、本棚の後ろを行き止まりにしている、モフさんたちのごはんが入っているボックスを移動させました。

ソニアちゃんの体が少し見えました。
たまに深く眠っていると、私に気付かないことがあるので、それかな?と思っていたんですが。
敷いてあるキッチンペーパーから少し外れたところに体が横たわっていて、顔半分をキッチンペーパーに潜らせている。
なんか様子がおかしいと思い、キッチンペーパーをどかすとソニアちゃんと目が合った。
なのに、逃げようともしない。
ソニアちゃんに声を掛けて体に触れると、───冷たい。

それでもね、しょっちゅう低体温にさせてしまっていた私は、触れたヘルニア部分が冷たいのは本棚の裏が冷えていたせい?と思い込もうとしていました。
ソニアちゃんの冷えた体を抱き上げても、亡くなったとは信じられず、頭は思考停止状態。

動物霊園に行くべきか行かないべきか。
何をすべきか。
働かない頭のまま、薫くんと加奈ちゃんにお別れの挨拶をさせて、取り敢えず慰霊祭に行くことにしました。


ソニアちゃん♪


今年1月4日に『拡張型心筋症』と診断され、かなり状態が悪いと言われましたが、あれから2か月半、最期の日まで元気に過ごしました。
一時は食欲の低下と共に体重も減少したけれど、他でカバーし体重を戻すことができたので一度も強制給餌はなし。
昨晩は大好きな生ヘンプとビーポーレンを食べ、今朝は大好きなラクトバイトを舐め、すりおろしリンゴを完食しました。
大好きな部屋ん歩中にお気に入りの本棚の裏の秘密基地でひっそりとなくなりました。
享年6歳と10か月。寿命だったと思います。

ソニアちゃんは元気だったので、本人に直接言うのは躊躇われたけど、心臓病と診断されて以来、ずっと心で伝えてきたことがあります。
「絶対にひとりで死んじゃダメだよ。ソニアちゃんは私に抱っこされながらっていうのは難しいかもしれないけど。ひとりは寂しいから。私がいないところで、ひとりで死ぬのはダメだからね」って。
そういう意味では、ソニアちゃん、ちゃんと考えてくれたのかな?って思います。
私が在宅している時で、私がすぐに発見できるタイミングと場所を選んでくれた。

そして、亡くなる直前には、私の手のひらに乗るという最高の贈り物をくれました。
最後にもう一度、あの美しい声が聴きたかったな。


城東動物霊園20180318

上画像は、今日動物霊園に咲いていた花です。
一昨日3月16日は、愛ハム☆チカちゃんの命日でした。
あの日から5年が経ちました。
霊園で火葬の予約をしてきました。
3月20日(火)15時からです。


今までソニアちゃんの応援ありがとうございました。



↓ ランキングに参加しています ↓

にほんブログ村
いつもありがとうございます


↓ とっても励みになります。
スポンサーサイト

theme : ジリス&ハタリス
genre : ペット

tag : ジュウサンセンジリス 腹壁ヘルニア 心臓病 拡張型心筋症

comment

Secret

我が家のモフモフくんたち

げっ歯目のチンチラ、加奈ちゃんです。
心臓弁膜症と診断されました。
2008年10月20日オランダ産 ♂カラー:ブラックベルベット
体重:710グラム(2018/4/20現在)


うさぎの薫くんです。開帳肢だけれど走るの大好き♪
2016年7月生まれ ♂
体重:940グラム(2018/4/21現在)


<<虹の橋を渡りました>>
ブルーデグーのティノくんです。撫で撫で大好きな甘えん坊さんでした。
2009年5月中旬オランダ産 ♂
2015年6月14日永眠


ゴールデンハムスターの靖睦くん(チカちゃん)です。後肢不自由でありながら歩くのが大好きな頑張り屋さんでした。
カラー:ロング ドミナントスポット シルバー系
2010年4月上旬生まれ ♂
2013年3月16日永眠


シマリスの輝(ヒカル)です。斜頸で回っちゃうけど元気で明るい男の子でした。
2011年2月生まれ ♂
リンパ腫で6か月の闘病の末
2016年8月6日永眠



ジュウサンセンジリスのソニアちゃんです。腹壁ヘルニアをものともしない気の強いお嬢さんです。
2011年5月生まれ ♀
拡張型心筋症と診断され
2018年3月18日永眠

↓ランキングに参加しています↓ブログランキング・にほんブログ村へ
ミニブログ設置しました♪
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
1740位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小動物
60位
アクセスランキングを見る>>
ご訪問ありがとう
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
子どもたちの幸せのために
Because I am a Girl 世界の女の子たちに、生きていく力を 国際NGOプラン・ジャパン

動物たちの幸せのために
地球生物会議ALIVE
人と自然の調和をめざす WWFジャパン公式サイト

★生産方法を知ってますか?★ 地球生物会議ALIVE 毛皮のページ
フォアグラの作られ方を知っていますか?

★人間に有効とは限りません★ 医学的見地から動物実験に反対する

★里親という選択肢を★ 一般社団法人ALMA(アルマ) ~犬里親募集~
ちばわん ~犬猫里親募集~
ペットのおうち

保護猫カフェ『ねこかつ』@川越


関連リンク 他


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

更新履歴
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2018年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


ブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。