薫くん、はじめての歯切り

2週間前になりますが、5/20(土)に薫くん、歯切りしてきました。

薫くん♪

歯切りに至るまで色々あって。
5/7の記事で「次回診察時に状況により歯切りしてもらうことにした」って書いたけど。
5/13の診察時、また歯切りに関する説明が繰り返される。

無麻酔でバチンと切るのか、全身麻酔をかけて削るのか。
それぞれのリスクとか。
・・・・・・いや。もうそれ何回も聞いてるし。
ティノくんの時に歯切り経験してるし。
田向先生の講演も何度も聞いて情報得てるし。

5/13まで様子を見たことで、ペレットを1割くらい残すようになってて。
なのに、先生は「まだ、口の中は傷ついてない」「涎も出てない」
つまり、まだ早いって言うんですよ。

でもね。なんで口の中が傷つくまで待たなきゃいけないんでしょ!?
人間にも、どうにもならなくなるまで先延ばしして病院に行く派と、悪化する前に病院に行く派がいると思うけど。
私は断然、後者なんです。
悪化する前に行った方が、経済的にも時間的にも、何より身体的にも負担が少ないと考えるから。

薫くんはただでさえ食と排泄が不安定なのに、口の中が傷ついて痛くて食べられなくなったら・・・。

薫くん♪

で、先生に「牧草を食べなくなっている。ペレットも残すようになってきている。でも食欲がない訳じゃない。生野菜や食べやすいものは待ち構えていてすごい勢いで食べてる。ペレットは牧草を固めたようなものだから、奥歯を擦り合わせるように動かした時に尖った歯が口の中で当たっている可能性がある。」と説明。

お腹空いてるのに口が痛くて食べれないなんて可哀想じゃない。

それでも先生が納得しないので、「取り敢えず、この食欲が落ちている状況をなんとかしないといけない。歯の問題があるならそれを解消して、それで食欲が戻ればいいし戻らなければ別の原因を探らなきゃいけない。潰せる問題から潰したい」と。

でもまだ引き延ばそうとするので、「翌週5/20(土)はお尻回りの毛刈りをしてもらう予定なので、同時にすると負担では?」と返すと、「麻酔が効いている間に毛刈りする」と言われたので、その方が薫くんの精神的負担が軽くなると思い、5/20(土)に歯切り&毛刈りをしていただくことになりました。

薫くん♪

が。
5/20(土)はいつも診ていただいている先生がお休み。
ほらー、引き延ばすからー。(怒)
と思っていたら、院長先生が診てくださいました。(実はちょっと期待してた♡)

で、またしても「まだ早い」の説明が・・・。
だーかーらー、こうして引き延ばしてる間にペレットを2~4割残すようになってるんだって!!(涙)
こちらも負けずに力説し。
ようやく、歯切りへ。

薫くんを預けて、帰宅───前に近所のホームセンターで前記事の「潰れたネジをはずす工具」を探してたら、病院から電話。
院長先生からで、無事歯切り終了。下の臼歯3本の尖ったところを削ったとのこと。

3本!?
ここまで3週くらい歯を切る切らないの話してたけど、3本とは初耳だよ!!

薫くんと加奈ちゃん♪

薫くん、翌日からペレット完食です!\(^o^)/



参考までに歯切りについてまとめると。
無麻酔でニッパーみたいなものでバチンとカットする方が断然安価です。
ただ、微調整は利かないので切り過ぎることによって左右差が出て食べにくいことも。
更に歯への負担も大きく、歯根への影響や歯が縦に割れてしまう可能性もあるようです。

一方、全身麻酔の場合は、まず麻酔のリスクがあります。
これは人間も一緒ですね。自分の手術の時も承諾書みたいなものにサインさせられたし。
で、全身麻酔に耐えられるか、血液検査したりX線検査したり。
そんなこんなで、費用と時間が結構掛かります。
専用の歯を削る電動の工具(?とは言わないよね。)みたいなもので歯を切るので、切り口が綺麗だし、微調整も利く、何より歯への負担が軽く済みます。
費用がネックだけど、うさぎさんのことを考えるなら断然こっち。


そう言えば、事前の血液検査で、薫くん、中性脂肪が多いと言われました。
オヤヂか!?ゞ( ̄∇ ̄;)
で、「草食動物で中性脂肪って?」と質問すると、「タンパク質」という答えが返ってきたんだけど。
タンパク質!?
確かに食欲が落ちてたので、食べてくれるアルファルファは少し多めにしてたけど。。。

そして、麻酔から覚めるのに少し時間が掛かったそうです。
次回麻酔の時に調整してもらえるの、かな?


とにかく薫くん、頑張りました♪
次回の歯切りがずっとずっと先でありますように。

明日は薬がなくなるので、薫くん、加奈ちゃん共定期的な通院です。
加奈ちゃんは、エコー検査かな?
それで悪化してなければ、夏の間は本人の通院は控えたいんだけど。。。




↓ ランキングに参加しています ↓

にほんブログ村
いつもありがとうございます


↓ とっても励みになります。
スポンサーサイト

theme : うさぎ
genre : ペット

tag : 不正咬合 うさぎ 開帳肢

comment

Secret

No title

薫君、大変な状態でしたね。
麻酔を考えると、できるだけぎりぎりまでと
考えるのでしょうか?

Bellも一度だけ歯をきりましたが、その時は
麻酔なしだったので、先生もすぐ切ってくれました。
どんどん食欲が落ちてきている薫君をいつも
近くで見ているhamori☆さんからすると
気が気でないですよね・・・・
院長さんが決断してくれてよかったです。

次の歯切りまで期間が長く開いてくれるのが一番いいですが
次からはhamori☆さんの言葉を担当の先生が
もっと重く受け止めてくれたらいいですね。

★Bellyさん

病院の態度は、モンスターオーナーが多いのかなぁと勘ぐっちゃいました。
よくない結果が出た時に、病院や先生のせいにするオーナーさんいそうですよね。
先日、薫くんを入院させた時も「24時間ずっと人がついて看ている訳ではないことをご了承ください」って言われて。
「そりゃあ、人間の病院だって夜間の見回り2回くらいで部屋に看護士が常駐してるわけじゃないし当然じゃん」て思いましたが。
看護士さんの目が離れている間に不測の事態があったら、「この子がこんなにたいへんな状態で入院してるのに、目を離すなんてこの病院の管理体制どうなってるの!!」なんて言い出すオーナーさんがいたのかなぁと。

今回歯切りしてもらったことで、直後からいい結果が出ていることは病院に伝えてあるので。
次回はもう少し簡単に了解してもらえるかもしれません。
我が家のモフモフくんたち

げっ歯目のチンチラ、加奈ちゃんです。
2008年10月20日オランダ産 ♂カラー:ブラックベルベット
体重:679グラム(2017/6/3現在)


ジュウサンセンジリスのソニアちゃんです。腹壁ヘルニアをものともしない気の強いお嬢さんです。
2011年5月生まれ ♀
体重:285グラム(2017/4/15現在)


うさぎの薫くんです。開帳肢だけれど走るの大好き♪
2016年7月生まれ ♂
体重:880グラム(2017/6/3現在)


<<虹の橋を渡りました>>
ブルーデグーのティノくんです。撫で撫で大好きな甘えん坊さんでした。
2009年5月中旬オランダ産 ♂
2015年6月14日永眠


ゴールデンハムスターの靖睦くん(チカちゃん)です。後肢不自由でありながら歩くのが大好きな頑張り屋さんでした。
カラー:ロング ドミナントスポット シルバー系
2010年4月上旬生まれ ♂
2013年3月16日永眠


シマリスの輝(ヒカル)です。斜頸で回っちゃうけど元気で明るい男の子でした。
2011年2月生まれ ♂
リンパ腫で6か月の闘病の末
2016年8月6日永眠


↓ランキングに参加しています↓ブログランキング・にほんブログ村へ
ミニブログ設置しました♪
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
1519位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小動物
61位
アクセスランキングを見る>>
ご訪問ありがとう
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
子どもたちの幸せのために
Because I am a Girl 世界の女の子たちに、生きていく力を 国際NGOプラン・ジャパン

動物たちの幸せのために
地球生物会議ALIVE
人と自然の調和をめざす WWFジャパン公式サイト

★生産方法を知ってますか?★ 地球生物会議ALIVE 毛皮のページ
フォアグラの作られ方を知っていますか?

Say NO Project

★人間に有効とは限りません★ 医学的見地から動物実験に反対する

★里親という選択肢を★ 一般社団法人ALMA(アルマ) ~犬里親募集~
ちばわん ~犬猫里親募集~
ペットのおうち

保護猫カフェ『ねこかつ』@川越


関連リンク 他


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

更新履歴
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ村