開帳肢より深刻な薫くんの状況

薫くん、先週日曜(10/30)、そして今日(11/3)、通院しました。
今、病院で薫くんを預かってもらってるので、この後迎えに行ってきます。


薫くん♪


ずっと院長先生に診察してもらってたんだけど、急な学会が入ったからと先週木曜日に病院から連絡があり。
元々、開帳肢をどうケアしていくかを院長先生に相談して、他はいつもの先生でいいなと思っていたものの。
何となく切り替えるタイミングを逸していたので、いつもの先生で再予約してもらいました。


10/30の体重は、700グラム。順調に増えています。
食欲はあるもののフンの状態が良くならないことを相談。
そして1か月経過したので、2回目のレボリューションでした。


ここで、先生から気になる指摘。
診察で仰向けにすると、フンが出掛かっている(肛門に挟まっている)状態で、先生が手でそれを取ると、本来ならキュッと締まるはずの肛門が閉じないって言うんですね。
しばらく、下半身を触診していた先生から、「尻尾は動いていますか?」と質問。

は?

いや、薫くんモフモフな割に尻尾小さくて見えないし。
そもそも、フツーのうさぎの尻尾の状況がわからん。


そこで、レントゲンを撮ることになりました。


結果、お腹の状況はかなり悪く、触診でもかなり張ってると指摘があったとおり、ガスも溜まっていて。
今は食欲があるので、しばらく投薬で様子をみるが、状況によっては入院となると言われました。
このくらいの月齢の子だと、容体が急変することがあるらしい。

骨に関しては、背骨が通常は緩やかなカーブを描いているはずが、薫くんの場合、波を打ったように歪んでいる場所がある。
骨盤は、通常のうさちゃんと比較し変形あり。
まぁこれは、開帳肢もあるし、多少は仕方ないね。


そして、『ラキサトーン』と、消化管機能促進剤と食欲増進剤を混合した粉末状のお薬を処方されました。
ラキサトーンは、シリンジであげるのですが、薫くん、長毛なので抱きかかえると口の場所がわからない。
うさぎさんて意外とマズルがないんですね。
最初から拒否気味だったのに、一度目測を誤って薫くんの顎に付けちゃったら、気を悪くしたのか、それ以降全力で拒否。
液体プルーンのような色とねっとり感なので、ホント申し訳ないことしちゃいました。


お腹の方はいまだにゲル状の粘液が出続けていて、しかもフン切れが悪いせいで常にお尻が汚れている状態。
毎日、ムース状のシャンプーでお尻回りのケアをしているんだけど、状況は悪化する一方。
そこで、先生からお尻回りの毛刈りを提案されました。

と言う訳で、今日午前中に診察を受けた後、毛刈りの為に病院に預けています。
昼の休診時間中に看護士さんたちで処置してくださるそうな。
昼の休診時間て、たいていは午前の診療が伸びてるし、手術の時間でもあるし。
休む時間なんてほとんどないんでしょうね。
本当に頭が下がります。


薫くん♪


で、本日午前中の診察について。

食欲は相変わらず旺盛。
ただ、お腹の方は悪化してる気がします。
ハウスの中にタオルを敷いているんだけど、ゲル混じりの便でかなり汚れます。

体重を量ると680グラム。
ここへ来て初めての減少。
成長期なのに。。。

この後、なかなか厳しい診断がされました。
この日も、肛門にフンが挟まった状態で、先生が引き抜くとやはり肛門は開いたまま。
この筋肉が弱い為に、腸の中でフンを切る力がなく繋がった長いフンになるのではないかとのこと。
腸も筋肉の動きと無関係でなく、ロップちゃんやドワーフホトなどで、腸自体の動きが弱い子というのがいて。
季節の変わり目にうっ滞を起こしたり、状況が改善せず通院が切れなくなる子もいるとか。
薫くんもそうなる可能性が高いと言われました。
そう聞いて、いちばん気になるのは「自力排泄」ができるのか否かということ。
過去の事例ではできる子がほとんどのようです。


また、頭部が体に比べて大きいことを指摘され。
脊椎に変形があるので、今後の成長の過程で全身がバランスよく成長できない可能性なども示唆されました。

顔、大きいなぁとは思ってましたが。
ベビーの内は人間だってアンバランスだしそんなものかと思ってたら、そういうレベルじゃなかったのか。



さて。
そろそろ薫くんを迎えに行く時間なので。
この辺で。


なんかね。
今後のこととか説明されて、
「あぁ、薫くんは、そういうのも含めて、ウチを選んで来てくれたんだろうな」
と思いました。


では迎えに行ってきます。



↓ ランキングに参加しています ↓

にほんブログ村
いつもありがとうございます


↓ とっても励みになります。
スポンサーサイト

theme : うさぎ
genre : ペット

comment

Secret

No title

薫君、糞の状態が悪いのは心配ですね。
ゲル状ですか・・・お腹の中の菌のバランスが
崩れているんでしょうか・・・。
お薬は口の脇から思い切って奥まで入れて
引き抜くときもすばやくするといいみたいです。
異物が口の中にいる時間を短くするように
したらBellもお薬飲んでくれるようになりました。
(我が家も今投薬中です)
しっぽはちっこをするときや、歩きながらも
ぴこっと上にあげて白い部分を見せるような
しぐさはしませんか?
ご老人のBellは下がり気味ですが(笑
若い子はぴんと上にあげて、うごきも
ぴこぴこと早いです。
骨の変形は先日私も病院の先生とお話ししたばかりでした。
まだまだ若いので、薫君が色々な問題を乗り越えて
もう少し成長して体がしっかり作られると
安心ですよね。良い先生もいらして、勉強家のhamori☆さんの
元なら薫君のこれからの未来も明るいと信じています!!
前記事の薫君、きれいな毛並みになってましたね♪

★Bellyさん

アドバイスありがとうございます♪
お腹はレントゲンでもボコボコした感じのものが写っていて、素人目に見ても状態が悪そうでした。
ずっとお腹がグルグル音を立ててるのが聞こえるし。
生野菜を減らしたり、なるべくグルテンフリーにしたり色々模索中です。

抱えてると上から口の位置が見えないんですよね。(-"-;)
「思い切って奥まで」ですか・・・頑張ってみます。
尻尾はやっぱり反応ないみたいです。
尻尾フェチとしては、ピコピコ見てみたかったなぁ。。。
我が家のモフモフくんたち

げっ歯目のチンチラ、加奈ちゃんです。
2008年10月20日オランダ産 ♂カラー:ブラックベルベット
体重:679グラム(2017/6/3現在)


ジュウサンセンジリスのソニアちゃんです。腹壁ヘルニアをものともしない気の強いお嬢さんです。
2011年5月生まれ ♀
体重:285グラム(2017/4/15現在)


うさぎの薫くんです。開帳肢だけれど走るの大好き♪
2016年7月生まれ ♂
体重:880グラム(2017/6/3現在)


<<虹の橋を渡りました>>
ブルーデグーのティノくんです。撫で撫で大好きな甘えん坊さんでした。
2009年5月中旬オランダ産 ♂
2015年6月14日永眠


ゴールデンハムスターの靖睦くん(チカちゃん)です。後肢不自由でありながら歩くのが大好きな頑張り屋さんでした。
カラー:ロング ドミナントスポット シルバー系
2010年4月上旬生まれ ♂
2013年3月16日永眠


シマリスの輝(ヒカル)です。斜頸で回っちゃうけど元気で明るい男の子でした。
2011年2月生まれ ♂
リンパ腫で6か月の闘病の末
2016年8月6日永眠


↓ランキングに参加しています↓ブログランキング・にほんブログ村へ
ミニブログ設置しました♪
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
1466位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小動物
53位
アクセスランキングを見る>>
ご訪問ありがとう
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
子どもたちの幸せのために
Because I am a Girl 世界の女の子たちに、生きていく力を 国際NGOプラン・ジャパン

動物たちの幸せのために
地球生物会議ALIVE
人と自然の調和をめざす WWFジャパン公式サイト

★生産方法を知ってますか?★ 地球生物会議ALIVE 毛皮のページ
フォアグラの作られ方を知っていますか?

Say NO Project

★人間に有効とは限りません★ 医学的見地から動物実験に反対する

★里親という選択肢を★ 一般社団法人ALMA(アルマ) ~犬里親募集~
ちばわん ~犬猫里親募集~
ペットのおうち

保護猫カフェ『ねこかつ』@川越


関連リンク 他


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

更新履歴
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


ブログ村