しあわせの記録

輝(ヒカル)くん、本日10時に火葬してきました。


昨日のお花はこんな感じに仕上がりましたよ!↓
輝くん☆

ヒマワリが可愛いね♡
カスミソウの使い方が分からず、花束にして輝くんに持たせ、脚の腫瘍の傷隠しに少々。


昨日は、闘病記録を新しい方から遡って読み返していたんですが。
自分で言うのもヘンですが、語り口が明るいんですよね。

ブログということでなく、輝くんへの接し方では多少気を付けていたところはあります。
輝くん、お迎え当時は文字どおり、若干頸が傾いていたし高速回転もひどかった。
当時、私はアニマルコミュニケーションを学んでいたので、先生のところにエネルギー治療を受けに何度か行ったのですが。
初回だったかな?
私のネガティブなエネルギーを引き受けちゃってるって言われたんです。

私はペットにネガティブな言葉や行動をとるなんてことは、それこそ自分の愚痴を聞かせることだって絶対にしていないはずなのに、と思ったら、ペットに直接そうした行動をとらなくても、ネガティブな気持ちを抱えて部屋で過ごしていると、部屋にネガティブなエネルギーが溜まるって言うんですね。
で、そういうのに敏感な輝くんは、ネガティブなエネルギーを飼い主の代わりに引き受けちゃったという。

部屋のエネルギーは浄化し、自分自身の浄化にも努め。
その後、斜頸が悪化した際に何度かエネルギー治療を受けに行ったけれど、ネガティブなエネルギーを受けたと言われたことはありません。

スピリチュアルを学んだことで、精神的に今は安定しているけれど。
そういう過去があったので、輝くんの闘病が始まった時は、それまで以上に気持ちを切り替えました。
帰宅してマンションの集合玄関にあるポストから新聞等を取り出すタイミングで深呼吸して笑顔になって、それからエレベーターを上がるという...。

まぁ今期は仕事がトラブル続きで胃を痛めたりしてますが、それでもね。
輝くんには前向きに、前向きに。声掛けしていました。
嫌がる右目の点眼もね。
「輝く~ん、目薬しま~す♪」
「右のお目目で~す♪」
「ヒカちゃんは、えらいシマリスさんなので目薬できちゃいま~す♪」
ってね。
嫌がって補ていするタオルに隠れても、
「ヒカちゃんは賢いシマリスさんだね~。右のお目目隠してるの?(笑)」
「ヒカちゃ~ん、右のお目目見せてくださ~い♪」
「ヒカちゃん、スゴイね。お目目瞑って抵抗するんだ?(笑)」
「それでも、ヒカちゃんは目薬をするのです♪」
みたいな。

一度私が叱った話を書きましたが、本当にその時くらいです。
必死になったり、悲壮感出したりすると、全部伝わっちゃうからね。
それも表面的なものじゃなくて、心の中が伝わっちゃうから。
そう言う意味で、私は直前まで「輝くんは大丈夫だ」と信じていました。
それは「治る」ってことじゃなくてね、「まだ大丈夫」って。

ただ、手首を骨折したひとつ前の記事のタイトルに「いつまで治療を続けるべきか」と書いた辺りから、私の心が揺らぎ始めた。
手首を骨折して、更に揺らぎは大きくなった。
それまでの私の「まだ大丈夫」が、その時「もういいよ」となって、輝くんに伝わったのかもしれない。
そんなことも考えました。



火葬の時、係の方に
「亡くなる前、半年間ガンで治療をしていたんです。体重も半分になっちゃったし。骨もボロボロで骨折もしちゃったので。焼き過ぎないようにお願いします。骨が拾えなくなっちゃうから」
と伝えました。

火葬が終わって、お骨上げに火葬場へ移動すると、先ほどの係の方から、
「キレイに骨が残っていますよ」
と言われました。

多少調整してくれたのかな?
遺体の周りに飾ったほとんどの花は跡形もなく焼けてしまったのに、菊の花が2輪面白い感じに花の形で残ってました。


頭蓋骨もしっかりしていたし、大腿骨かな?脚とか腕とかの細くて長い骨もきちんと残っていました。
肩甲骨も拾って。

さすがプロ!
こんな小さな小動物の骨まで見極められるんだね。
他の火葬場じゃ、これほど小さな動物の骨はほとんど残らないだろうと言っていました。
そのくらい難しいそうです。


そして、チカちゃんたちへご挨拶。
なんか、周囲のメンバー入れ替わっているような・・・?↓
城東動物霊園20160808

そういう記録も含めて写真撮影してきました。


実は今回、いちばん泣いてないかも。
と言うのもね。

霊園への移動中、火葬中、そして帰宅中と、輝くんのお迎え時からのブログ記事を読み返していたんです。
過去記事って未熟で恥ずかしいかと思いきや、輝くんの斜頸の通院記録や、ケージのレイアウトのこと、食餌のこと・・・。
そこには、輝くんの為に、色々調べて試行錯誤してる“しあわせの記録”が。

記事を読み返せば、最初の頃は斜頸の高速回転がひどくて自分の勢いで吹っ飛んでステージから落下していたことや。
落下時の衝撃を吸収する為に敷いていた『うさぎの座ぶとん』の下に潜り込んで、『うさぎの座ぶとん』をバラバラに破壊してみたり、その下に敷いていた新聞紙までビリビリに破いて、ケージ中に破れた新聞紙が散乱してたり、ハウスを倒したり、そして潜っていたせいで後頭部が擦れておハゲを作っていたりといったやんちゃぶりも。
飼育書を読んで「シマリスには自然に近い食事を」ってことで、冷凍コオロギや冷凍ミルワームをチカちゃんと一緒に与えたり、活ミルワームはソニアちゃんと一緒に与えていたなぁ。。。
すっかり忘れていた“しあわせの記録”がそこにはいっぱい詰め込まれていました。
最後は闘病のことばかりで、Yumikoさんからコメントいただくまで「戦うシマシマくん」なんて言葉すら忘れてたくらいですから。

いつもなら霊園へ向かう電車の中、涙を堪えるのに必死だったけれど、幸せな思い出に浸っていました。



そして輝くん、姿を変えて帰って来ました。↓
輝くん☆

棺に納めきれなかった白い花ばかりですが。


帰宅したら、加奈ちゃんが心配そうに控え目にこちらを見ていました。
こういうとこ、本当に優しいんですよね。
いつもなら、ケージから出せ!って感じなんだけど、チカちゃんの時もティノくんの時も心配そうにハウスの中からこちらの様子を伺っているんです。
で、声を掛けるとようやくハウスから出てくる。


そして、ソニアちゃんも出迎えてくれました。
それがね、大サービス!!!
こぉ~んな可愛い顔で。↓
ソニアちゃん♪

ソニアちゃんに、可愛いから写真撮らせて!と言って、カメラを準備したものの。
ケース越しだと、アクリルの傷に焦点が合ってしまってソニアちゃんが写せない。
天面の金網越しに写そうと思ったけれど、これもピントが金網に合ってしまって。
そこで、天面の金網の扉を開けて写真撮影に挑みました。

普段ならダッシュでハウスに隠れるソニアちゃんなのですが。
「大丈夫だからね~。ソニアちゃんすっごく可愛いからお写真撮るだけだから」
って少しだけ扉を開けたのですが、上画像のとおり、しっかりカメラ目線で待っててくれました。(〃ω〃)



今回、過去の記事を読み返すことで思いました。
日々のちょっとした記録って大事だなって。
今は何でもないことだけれど、失ってみるとものすごく大切な思い出なんです。
そして、人間て覚えているようで忘れてることいっぱいあるんですよね。

老化が始まると、今までできていたことができなくなります。
病気も一緒です。
そして亡くなるとね、時間て前に前に流れて行くだけなんだよな~って毎回“時の無情”を思います。
過去には戻らない。過去は取り戻せない。

上のソニアちゃんの可愛いお顔に感動したことだって、記憶に残るような出来事じゃありません。
でも、こうしてブログにアップすれば、“しあわせの記録”として残るんだよね。

動物さんたちと暮らし始めた頃のように、もっと積極的に写真を撮って、もっと積極的にブログアップしていきたいなぁと思いました。



↓ ランキングに参加しています ↓
にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
にほんブログ村
いつもありがとうございます


↓ とっても励みになります。
スポンサーサイト

theme : シマリス
genre : ペット

comment

Secret

輝君、お疲れ様でした。

輝君、きれいなお花に囲まれて
ただ眠っているような穏やかな
お顔ですね。
決して健康な身体ではなかったけど
毎日一生懸命生きて、生きて・・・
とても強い子だな~と思ってました。
でも、もし野生の子だったら、こんなに長く生きられたかな?
もしほかのおうちにお迎えされていたら
こんなに愛されて、食事やケージのことまで考えて
もらえたかな?と思うと、輝君はhamori☆さんの
おうちの子になって、本当に幸せなリス生を過ごせ
ましたよね。
hamori☆さん、訪問するのがおそくなりました。
私も輝君が旅立ったことを読んで、悲しさより
よくがんばったね!とほめてあげたい気持ちに
なりました。輝君に心から拍手を送ります。

★Bellyさん

温かなメッセージをありがとうございます。
輝くん、最後の方まで私を認識してくれていたようなので、安心感はあったのではないかな?と思っています。
最初は1歳の誕生日も迎えられないんじゃないかって心配していたのに、5歳半までしっかりリス生を全うしてくれました。
だから、「どうしてもっと…」とか「まだ…」なんて言えません。
お褒めの言葉と拍手を輝くんに伝えます。
ありがとうございました。

確認お願いします。

hamori☆さん、こんばんは。
はい、ひかるくんに沢山の拍手を
伝えてください!!

まだ気持ちが落ち着かない時に
申し訳ないですが、yahooアドに
メールを送りました。
確認してもらえますか?
よろしくお願いします。

★Bellyさん

ご連絡ありがとうございます。
メール返信させていただきました。
いつもいつも本当にありがとうございます。
我が家のモフモフくんたち

げっ歯目のチンチラ、加奈ちゃんです。
2008年10月20日オランダ産 ♂カラー:ブラックベルベット
体重:695グラム(2017/3/4現在)


ジュウサンセンジリスのソニアちゃんです。腹壁ヘルニアをものともしない気の強いお嬢さんです。
2011年5月生まれ ♀
体重:245グラム(2016/11/19現在)


うさぎの薫くんです。開帳肢だけれど走るの大好き♪
2016年7月生まれ ♂
体重:800グラム(2017/3/11現在)


<<虹の橋を渡りました>>
ブルーデグーのティノくんです。撫で撫で大好きな甘えん坊さんでした。
2009年5月中旬オランダ産 ♂
2015年6月14日永眠


ゴールデンハムスターの靖睦くん(チカちゃん)です。後肢不自由でありながら歩くのが大好きな頑張り屋さんでした。
カラー:ロング ドミナントスポット シルバー系
2010年4月上旬生まれ ♂
2013年3月16日永眠


シマリスの輝(ヒカル)です。斜頸で回っちゃうけど元気で明るい男の子でした。
2011年2月生まれ ♂
リンパ腫で6か月の闘病の末
2016年8月6日永眠


↓ランキングに参加しています↓ブログランキング・にほんブログ村へ
ミニブログ設置しました♪
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
1836位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小動物
77位
アクセスランキングを見る>>
ご訪問ありがとう
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
子どもたちの幸せのために
Because I am a Girl 世界の女の子たちに、生きていく力を 国際NGOプラン・ジャパン

動物たちの幸せのために
地球生物会議ALIVE
人と自然の調和をめざす WWFジャパン公式サイト

★生産方法を知ってますか?★ 地球生物会議ALIVE 毛皮のページ
フォアグラの作られ方を知っていますか?

Say NO Project

★人間に有効とは限りません★ 医学的見地から動物実験に反対する

★里親という選択肢を★ 一般社団法人ALMA(アルマ) ~犬里親募集~
ちばわん ~犬猫里親募集~
ペットのおうち

保護猫カフェ『ねこかつ』@川越


関連リンク 他


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

更新履歴
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ブログ村