悪性リンパ腫(低分化型)との診断名がつきました

先週、ステージでひなたぼっこする姿はもう見れないのか、なんて嘆いていましたが。
昨日、今日とステージで野良寝する姿を見せてくれました。↓

輝くん♪

嬉しくて角度を変えてたくさん写真撮っちゃいました。


さて、輝(ヒカル)くん、昨日は通院でした。
輝くんの最近の状況について報告した後で、先日の細胞診の検査結果を書面でいただきました。

診断名は、「リンパ腫(低分化型)」

体内の構造を理解してないので、イマイチよくわかってないんですが。
リンパは体中に流れている為、どこかを切除すれば済む話ではないとのこと。
Wikipediaで見ると、「血液のがん」とあり、リンパ種に良性はないようです。


いきなり抗がん剤による治療の話が始まりました。
抗がん剤と言うのは、人間の場合でも治療開始後、身体にどのような副作用が出ているか血液検査を始め、検査をしながら治療を進めて行かなければならないものらしく。
シマリスでは症例がない上、体が小さいので血液の採取や、静脈への注射も結構たいへんなんだとか。
マウスでは症例がある(ってゆーか、動物実験だよね?絶対)ので、それを元に・・・。


「で、これ人間だと最終的にどうなるんですか?」

ひと通り説明を聞いた後の私の質問です。
全身に発生するがんの為、どこにどう出るかっていうのはそれぞれのようです。
また、抗がん剤の効果が割と出やすいがんでもあるようです。


輝くん♪


とは言ってもね。
抗がん剤は副作用の問題があるでしょ!?
だから先生に、

「私は、できるだけ最後まで痛いのとか、辛いのとか、苦しまずに生きて欲しいと思っています。治療で完全に元の元気な状態に戻る訳じゃないですよね?治療で延命できたとして、そのほとんどを薬の副作用で苦しませたのでは意味ありません」

と伝えました。

1日でも長く生きて一緒にいたいと思うのは、すべての飼い主さんの願いでしょうから。
いろんな選択があると思います。

今回の記事に限らず、この一連の記事で私の気持ちを書いて来ましたが、それをジャッジするよりも、ご自身に置き換えて『一人称』で「私なら」って考えるきっかけになれば幸いです。
(ここで表明はしていただかなくて結構ですが)



先日カットしていただいた下の前歯↓
輝くん♪


この検査の為に細胞を採取したホッペのカサブタ(おハゲ)はすっかりなくなりました。
取り敢えず、ステロイド剤でも炎症が抑えられるし、既に効果が出ている可能性があるので、今後は量を増やして様子を見ることになりました。
基本的には、「対処療法」を続けて行くことになります。


両脚のおハゲも、リンパ腫がなんらかの影響を与えている可能性を示唆されました。
先日待合室で自らカサブタを引き剥がした方は未だガジガジしていて、こんなピンクの状況ですが。↓
輝くん♪


逆側はほとんど齧らず、皮膚も白くなってきました。
このまま毛が生えてくるといいのですが。


頬袋は相変わらず右側だけ詰めていますが。
ペレットをペースト状にしたこともあって、前回ほどの量ではありません。
先生に頬袋に詰めたものを全部出してもらって、体重を測ると。
なんと、90グラム。

前々回75グラムまで減少してしまったことを考えると、驚異の復活!!です。


先日、先生から検査結果の連絡があった日には、粟・稗・黍等の穀類をほとんど食べていなかったので、それ以来与えるのをやめました。
生野菜もまったく口を付けなくなったので、今日からやめました。

ペレットは「総合栄養食」なので、それだけでも大丈夫なんでしょうが。
単調な食感、単調な味って飽きるよね。

で、細かい穀類なら平気かな?ということで、スーパーフードのアマランサスやキヌア、それに生のヘンプシード(殻なし、刻み)をペースト状にしたペレットに混ぜてあげています。
その他には、輝くんがずっと大好きだったフリーズドライコーンを指で粉々に砕いて振りかけたり。
大好き過ぎてほっぺに入れては出して、1日掛けてチビチビ食べていた生アーモンドや、生クルミなんかも細かく砕いて与えたりしています。
バナナも潰してペースト状にすれば食べてくれるし。
ラクトバイト(乳酸菌)もペースト状なので喜んでペロペロ。

大好きなものが食べられるって幸せだね。



そして驚いたことに。
昨日病院で頬袋の中を出してもらった後は、食餌を与えても頬袋の中に一気に詰め込むことをしなくなりました。
通院で疲れたこともあるのだろうけれど、食欲が落ちてしまったのかと心配してましたが。
朝ケージを覗くと、食器はほぼ空。

朝、改めてごはんを作りましたが、目が覚めた時にチビチビ食べているようで。
通院から丸1日経った今も、頬袋はほとんど膨らんでいません。

輝くんのニーズにようやく私が応えられたってことかな。


動物病院で対処療法していただくにしても、結局は飼い主の問診が重要な役割を果たします。
動物さんとの暮らしは、飼い主がどこまで異変に気付けるか?なので、これからも日々観察を怠らないようにしたいと思います。


ガンの治療をしない以上、よくなることはないのでしょうが。
残された時間を「よりよく生きる」をテーマに輝くんと頑張っていきたいと思います。



↓ ランキングに参加しています ↓
にほんブログ村 小動物ブログ リスへ
にほんブログ村
いつもありがとうございます


↓ とっても励みになります。
スポンサーサイト

theme : シマリス
genre : ペット

comment

Secret

我が家のモフモフくんたち

げっ歯目のチンチラ、加奈ちゃんです。
2008年10月20日オランダ産 ♂カラー:ブラックベルベット
体重:679グラム(2017/6/3現在)


ジュウサンセンジリスのソニアちゃんです。腹壁ヘルニアをものともしない気の強いお嬢さんです。
2011年5月生まれ ♀
体重:285グラム(2017/4/15現在)


うさぎの薫くんです。開帳肢だけれど走るの大好き♪
2016年7月生まれ ♂
体重:880グラム(2017/6/3現在)


<<虹の橋を渡りました>>
ブルーデグーのティノくんです。撫で撫で大好きな甘えん坊さんでした。
2009年5月中旬オランダ産 ♂
2015年6月14日永眠


ゴールデンハムスターの靖睦くん(チカちゃん)です。後肢不自由でありながら歩くのが大好きな頑張り屋さんでした。
カラー:ロング ドミナントスポット シルバー系
2010年4月上旬生まれ ♂
2013年3月16日永眠


シマリスの輝(ヒカル)です。斜頸で回っちゃうけど元気で明るい男の子でした。
2011年2月生まれ ♂
リンパ腫で6か月の闘病の末
2016年8月6日永眠


↓ランキングに参加しています↓ブログランキング・にほんブログ村へ
ミニブログ設置しました♪
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
1382位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小動物
51位
アクセスランキングを見る>>
ご訪問ありがとう
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
子どもたちの幸せのために
Because I am a Girl 世界の女の子たちに、生きていく力を 国際NGOプラン・ジャパン

動物たちの幸せのために
地球生物会議ALIVE
人と自然の調和をめざす WWFジャパン公式サイト

★生産方法を知ってますか?★ 地球生物会議ALIVE 毛皮のページ
フォアグラの作られ方を知っていますか?

Say NO Project

★人間に有効とは限りません★ 医学的見地から動物実験に反対する

★里親という選択肢を★ 一般社団法人ALMA(アルマ) ~犬里親募集~
ちばわん ~犬猫里親募集~
ペットのおうち

保護猫カフェ『ねこかつ』@川越


関連リンク 他


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

更新履歴
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ村