ティノくんの耳欠け (とは関係ない動画も)

ティノくん最後の記事、書き始めたのはもう1か月近く前なんですが。
最後と思うとついつい語りたくなっちゃって、イマイチまとまらず時間が掛かってしまいました。


ティノくん♪

8月1日の四十九日の納骨後は、ティノくんのごはんを用意することもなくなり。
ケージも片づけて、ティノくんのいない生活リズムに慣れたつもりですが。
こうして、ティノくんの写真を見ると、「ティノくんて可愛かったなぁ♡」って改めて思います。(涙)


ティノくんが亡くなる2週間前の5月31日の出来事。
アップできないままだったので、この記事を書いてから、ブログ村のデグーカテゴリーを抜けたいと思います。




私が大好きだったティノくんのピンクお耳♡

そのお耳の先が一部欠けていることにことに気付きました。↓
ティノくん、耳欠け

分かるかな?
左耳のとこです。↓
ティノくん、耳欠け


尾欠け、指欠け、耳欠けなんて、ちょっとした事故で起こるものだし、命に係わるものでもないので、1種多頭飼いされてる方ならたいして気にも留めないかもしれませんが。
結構、ショックでした。

沁みない消毒薬(人間用)を綿棒に付けて、ちょんちょんしたらすっごい嫌がっていたけど。
本人は特に気にした様子もなく、痛みはさほど感じてないよう。

まぁ、犯人は一人しかいないので、加奈ちゃんにはくどくど言っちゃいましたが。

毛繕いはティノくんがせがんでいて、ケージ越しにいつも加奈ちゃんが応えてくれてました。
ティノくんの白内障が進んで視力が悪くなってからは、行き違いもあったけれど。
きっと私では足りない部分を加奈ちゃんが補ってくれていたんだと思います。

加奈ちゃんは本当に優しくて、私に捕まりたくなくて威嚇してる最中に目の前に私が手を出しても、威嚇で歯を当てるくらいで絶対に噛まない子です。
だから、加奈ちゃんがティノくんの耳を齧ったというよりも、ハミハミしてる時にティノくんが不意の動きをした為に起きた事故だと思ってます。
傷は特に悪化することもありませんでした。


本当は、亡くなった6月14日にこの記事を書く予定でした。
今となっては、別に取り立てて書くほどの内容でもないけど。
でも、書こうと思っていたのに書けなかったとずっと気になっていたので。
書けてよかったです。


実はもう一つ。
こちらは動画。

玄関の段ボール類がごちゃごちゃした様子が写っているので、ちょっと憚られるのですが。
3月に撮影したティノくんの動画です。


年を取ると、できないことが増えてきます。
後から振り返って、「あの時はこんなことできたよね。すごかったね」って記録の為に撮りました。

ティノくんは、そんな衰えを見せないうちに生涯を終えてしまったので、3月以降も亡くなる直前までこうして段ボールをジャンプして登ってましたけどね。




ティノくん♪

こうして動物さんたちと暮らしていると、「ペットって死んだ時、悲しくない?」って聞いてくる人がいます。
何を当たり前のことを?って思うけれど。
大抵は、そんな理由でペットを飼わないことを選んでいる方、もしくは悲しい思いをしてもう二度と飼わないと決めた方なんですが。

でもね。
幸いにもウチは、2匹共大往生でしたから。

もちろん、失った喪失感は代わりのもので埋められるものではないし。
もう二度と会えない、触れられないと言うのはいいようもなく寂しいです。
これは私自身の気持ち。

一方で、亡くなった子に気持ちをフォーカスすると。
チカちゃんもティノくんも幸せだったよね、と思うんです。
お迎えの時、必ず「ウチ来る?絶対幸せにするよ?」って声を掛けて反応を見てから、お迎えを決めるんですが。
ちゃんと約束は果たせたんじゃないかな、って満足感もあります。



ティノくん♪

彼らは私たち人間みたいに欲張りじゃないから、そんなに多くのことは望んでいません。
あの有名な『犬の十戒』は、言い得て妙だと思います。

特にね、私が心に響いたのは。

You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.
あなたには他にやる事があって、楽しみがあって、友達もいるかもしれない。でも、私にはあなたしかいないのです。


この場合の「あなた」は飼い主(人間)で「私」は動物さんを指します。

ここ数年の間に知り合った人と話していると、多趣味であった(←過去形)ことに驚かれます。
私としては驚かれたことに驚くんですが。
確かに、今は旅行も外泊も一切なし。
平日も休日も夕方になると帰宅したくてソワソワし始めますから。
そっか、今は不本意ながら「無趣味なヤツ」と思われてるのか。

以前のようにふらっと旅行に行きたくなることはないのか?と問われれば、そりゃあ行きたいです。
でも、行きたい気持ちを我慢しているのか?と問われれば、そうでもない。
その答えが、引用した「私にはあなたしかいないのです」だと思うんですね。

輝(ヒカル)やソニアちゃんは、恐らく私が一晩いなかったところで、食事の用意さえきちんとされていれば、問題ないでしょう。
でも、加奈ちゃんは、やっぱり1日1回はケージから出してあげないと、ストレスなんじゃないかなと思うんです。
もちろん、ケージから出すだけなら、食事の用意をするだけなら、私でなくても例えばペットシッターさんなどでも代用できるのかもしれませんが。
彼らにとっての私(飼い主)の役割ってそれだけじゃないですよね。
加奈ちゃんに我慢してもらってまで行きたいの?と問われれば、そうでもないかなぁ、と。



もう一つ。
お届けしたいのは『犬の十戒』の(ソマリ+ism)さんの訳で。

Go with me on difficult journeys.
Never say, "I can't bear to watch it ." or " Let it happen in my absence." Everything is easier for me if you are there.
Remember I love you.
最期のお別れの時には、どうか私のそばにいてください。
「つらくて見ていられない」とか「立ち合いたくない」とか、そんなこと言わないでほしい。
あなたがそばにいてくれるなら、私はどんなことも安らかに受け入れます。
そしてどうか忘れないで。私がいつまでもあなたを愛していることを。


原文が英語であることを考えると、前半は『安楽死』を指していると受け取れるし。
日本でも高齢犬や傷病(障害)犬が動物愛護センターに持ち込まれる現実には言いたい事があるけれど、それは今は置いといて。

大切な子を亡くしてずっと後悔し続けている飼い主さんが、この後半の言葉をその子の言葉として受け入れてくれることを切望します。
例え病気であっても、事故であったとしても、彼らは受け入れてくれると思います。
ただ、現実には「そばにいる」ってとても難しいですよね。
でも、日頃からコミュニケーションが取れてる子なら、遠く離れたところからでも強く想えばその想いを受け取ってくれます。
病院に入っている子だったり、外出時間が長くて会えない時間にその子が気になるなら、その子を強くイメージして声を掛けてあげてください。
ポジティブな声掛けなら更にいいですね。
ちゃんと受け取ってくれますよ。

もしかしたら、そばにいてあげられなかったとか、あの選択は間違いだったとか、いっぱいいっぱい後悔はあるかもしれないけれど。
人間より小さな体でも、人間よりずっと広い心で彼らは受け入れてくれています。

だから。
思い出すのは、『後悔』でなく、『幸せで大切な宝物のような日々』でありますように。


ティノくん♪

長文読んでいただきありがとうございました。

そして、今までティノくんを応援していただきありがとうございました。

この後、ブログ村のデグーカテゴリから撤退します。
撤退後は新たにジリスカテゴリを追加し、チンチラ、リス、ジリスで登録となります。
もしよろしければ、また覗きにきてください。


ティノくんバナーも最後かな。。。

↓ ランキングに参加しています ↓
にほんブログ村 小動物ブログ デグーへ
にほんブログ村
いつもありがとうございます


↓ とっても励みになります。
スポンサーサイト

theme : デグー
genre : ペット

comment

Secret

そうですね…確かにいつかお別れの時が来るし、それは辛いけれど…
でも、それよりも一緒に過ごした幸せな時間、楽しかった瞬間、支え合った毎日、その方が大きいような気がします。いつか来るお別れの日を今悲しむよりも、今生きている間にどれだけ幸せにしてあげれるか、素敵な人生にしてもらえるか考えたいですね。。本当に「あなたしかいない」のですから。

ブログを読ませていただいて、ティノくんは幸せだっただろうなと思います。そして、ブログを通してティノくんに笑顔をもらった人もたくさんいます。私も未だにティノくんのカテゴリーを覗かせてもらってます!ティノくんの生きた証ですもんね!私もティノくんを忘れません。

No title

ティノ君のお耳かけてますね・・・。
加奈ちゃんに毛づくろいしてもらってる時に
急に動いちゃったのかな?
猫ちゃんは避妊、去勢手術の印に耳を
切るといいますが・・・耳って痛みを感じにくいんでしょうか?

老いて苦しむ様子を見ていられないと保健所に持ち込む
飼い主さんもいるようですが、それで気持ちに納得が
できるのかとといつも疑問に思います。
hamori☆さんがティノ君、チカちゃんと最後の瞬間まで
傍にいて、お見送りができたことで、hamori☆さんも
ティノ君、チカちゃんも幸せでしたね。
私もいつか来る3姉妹と後悔ないよう生きていきたいです。

★ちもさん

そうなんですよ。
私たちが仕事したり、友人や家族と外で楽しんでいる間、彼らはずーっとただ帰りを待ってるんですよね。
それなのに疲れて帰ってくると、お世話をただ手順どおりに黙々と進めちゃうこともあって。
後から本当に申し訳なく思うことがあります。
加奈ちゃんにとっては、平日は私の帰宅後1~2時間が唯一ケージから出て私と触れ合える時間だと言うのに。

依存症によるペットロスなら、医学的治療やサポートが必要だと思いますが。
後悔が頭を離れず、過去の自分を責め続けるなら、過去の楽しかった記憶を呼び覚まして後悔をハッピーで塗り替えて欲しいなと思います。

こうしてティノくんが亡くなっても、覚えていてくれる人がいるのは、飼い主としてとても幸せです。
ありがとうございます。

★Bellyさん

どこかに引っ掛けたり挟まったりした可能性もないとは言えませんが、恐らく加奈ちゃんかなと思ってます。
まさか、その2週間後に・・・とは思っていなかったので、最後の2週間も加奈ちゃんを遠ざけなくてよかったと心から思いました。
耳・・・彼らより人間の方が痛覚は敏感だと思いますが、耳たぶにピアス開けるの痛かったですよ!
それでも、麻酔なしで貫通させちゃうんだから、他よりは痛みを感じにくいんだと思います。

老いて───自分(人間)だって年取るのにね、と思わずにいられません。
長年一緒に暮らしてたペットが年取った、病気になったなど世話できないからって保健所に持ち込む親の姿を見た子供は、親が年取ったり病気になった時、同じことをするでしょうね。

私は本当に幸せでした。
それでも後から「何が悪かったんだろう?」って「悪いとこ探し」しちゃうんですよね。
100点満点のお世話なんてあり得ないから、後悔の種なんて絶対出てくる。
哀しみは我慢しない方がいいから一度どん底まで悲しんで、その後は幸せな思い出をいっぱい思い出せたらいいですね。
その点、私たちは幸せの詰まったたくさんの画像と動画を持っているんですもの。(*^_^*)
我が家のモフモフくんたち

げっ歯目のチンチラ、加奈ちゃんです。
2008年10月20日オランダ産 ♂カラー:ブラックベルベット
体重:679グラム(2017/6/3現在)


ジュウサンセンジリスのソニアちゃんです。腹壁ヘルニアをものともしない気の強いお嬢さんです。
2011年5月生まれ ♀
体重:285グラム(2017/4/15現在)


うさぎの薫くんです。開帳肢だけれど走るの大好き♪
2016年7月生まれ ♂
体重:880グラム(2017/6/3現在)


<<虹の橋を渡りました>>
ブルーデグーのティノくんです。撫で撫で大好きな甘えん坊さんでした。
2009年5月中旬オランダ産 ♂
2015年6月14日永眠


ゴールデンハムスターの靖睦くん(チカちゃん)です。後肢不自由でありながら歩くのが大好きな頑張り屋さんでした。
カラー:ロング ドミナントスポット シルバー系
2010年4月上旬生まれ ♂
2013年3月16日永眠


シマリスの輝(ヒカル)です。斜頸で回っちゃうけど元気で明るい男の子でした。
2011年2月生まれ ♂
リンパ腫で6か月の闘病の末
2016年8月6日永眠


↓ランキングに参加しています↓ブログランキング・にほんブログ村へ
ミニブログ設置しました♪
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
1215位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小動物
43位
アクセスランキングを見る>>
ご訪問ありがとう
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
子どもたちの幸せのために
Because I am a Girl 世界の女の子たちに、生きていく力を 国際NGOプラン・ジャパン

動物たちの幸せのために
地球生物会議ALIVE
人と自然の調和をめざす WWFジャパン公式サイト

★生産方法を知ってますか?★ 地球生物会議ALIVE 毛皮のページ
フォアグラの作られ方を知っていますか?

Say NO Project

★人間に有効とは限りません★ 医学的見地から動物実験に反対する

★里親という選択肢を★ 一般社団法人ALMA(アルマ) ~犬里親募集~
ちばわん ~犬猫里親募集~
ペットのおうち

保護猫カフェ『ねこかつ』@川越


関連リンク 他


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

更新履歴
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ村