【転載】 TSUBASAだけではできない事 ~国際希少種の登録について~

飼い鳥さんの保護活動などを積極的に行っているNPO法人TSUBASAの公式ブログ『鳥の保護活動/TSUBASAみらくる日記』からの転載です。


-----* 転載、ここから *-----

TSUBASAだけではできない事

こんにちは!

この間の木曜日に、NHKの「所さん事件ですよ!」という番組で特集を組んでいただきました。観てくださいました皆様、ありがとうございます。

内容は、簡単にお伝えすると高齢者と長寿の鳥の別れについてでした。
愛鳥家の皆様からTSUBASAがあって、本当に良かったという趣旨のメールをたくさんいただきました。

ただ、テレビでは語られきれていない事も実はあります。
※今回の記事は少々テレビをご覧になった方向けの記事になってしまいますがご了承ください。
今回のブログ記事は、TSUBASAだけではどうしてもできない事があり、記事を見てくださっている全国の皆様の協力を仰げればと思い、書かせていただきます。

長いので恐縮ですが、実際にTSUBASAに足を運んでいただかずともできるお手伝いです。
どうか、ご協力ください。
もし、ご賛同いただける場合拡散していただけますと嬉しいです。
-------------------
テレビの中で、ヤン坊とロリータという2羽の鳥が出てきます。
その鳥の飼い主様は、私達がお引取りをする前日に亡くなりました。
(NHKさんでは時間軸など微妙に間違っています)
過去の記事 でも2羽を紹介しています。

実は、TSUBASAから唯一里親探しをできない事が確定しているのがあのヤン坊とロリータです。
現状では、彼らは新しい家族の元には二度と行くことができません。
その一生をTSUBASAか、あるいはTSUBASAに何かがあれば動物園さんなどで過ごします。
それは、TSUBASAの意志ではなくて法律の問題です。

~なぜヤン坊とロリータの里親探しができないか~

前提として以下の2つの事が挙げられます。
・2羽がキエリボウシインコという国際希少種に指定されている事
・国際希少種は飼い主の届け出がないと人に譲渡できないこと

そして、2羽の、問題点は以下の通りです。
・国際希少種としての登録がされていなかった事
・飼い主様が亡くなってしまったこと
・飼い主様に身寄りがなかったこと(血縁者がいれば手続きが出来ます/お隣さんなどでは不可)

本来、生前に飼い主様がしなくてはいけなかった手続きをしていませんでした。
そのため飼い主様亡き後、手続きはもう2度と取れなくなってしまったのです。
(飼い主様はずっと2羽の種類を国際希少種ではないヨウムだと思い込んでいました)
TSUBASAは、環境大臣の許可を得た特殊な機関になってします。
そのため、TSUBASAに移す事だけは可能でした。
ですが、法律に則り他への譲渡は禁じられています。
再三に渡り、今回の事は事情があったと管轄の環境省に言いましたが、どうしても一般家庭への許可は出ませんでした。
(本当に引き取って1年以上が経過しますが、つい先日まで粘りましたがダメでした)

TSUBASAにとって、ヤン坊ロリータのような子が増えてくることはとても問題です。
・人と暮らしてきて人が好きな鳥には、等しく出逢いのチャンスを与えたいというTSUBASAの考えが実行できない
・飼い主死亡のケース、多くが引取り費用をいただけません。
 その中で、長寿の鳥を永続的にお世話をする事の金銭的な負担が発生します。

2羽が悪いわけではありません。
そして、飼い主様も勘違いしていたとはいえ時代が20年以上前なので法律に該当する前から飼っています。知らなくても仕方がないことです。
ですが、仕方がないや可哀想という感情論は法律には通用しません。
今回、粘りに粘ったからこそ痛感しています。

前置きが長くなりましたが、皆様へのお願いは第二のヤン坊ロリータを出さないために、未登録の方への働きかけ、あるいは未登録で飼っている方は登録をしていただきたいのです。
ここ10年ほどで飼い始めた方の多くがすでにペットショップで登録をしています。
ですが、それ以前の子達は圧倒的多数が未登録です。

近隣で古くから以下の鳥を飼っている方はいませんか?
・キエリボウシインコ
・シロビタイムジオウム
・オオバタン
・コバタン(コキサカオウム含む)
他の希少種は以下のURLよりご覧ください。
http://www.env.go.jp/nature/yasei/hozonho/index.html
国際希少野生動植物種の一覧PDF→11ページ

もし、飼っている方がいたら手放す事などを一切検討していない余裕のある段階で、ぜひ、登録をしてもらってください。

登録は、環境省の抱える登録専門機関「自然環境研究センター」 にお尋ねいただくと、教えてくれます。希少種以外は登録が出来ません。
不安があれば、TSUBASAにもお尋ねください。

この登録は、そもそもは譲渡するためにあるのではなく、国際希少種を飼っていますという届出です。本来、国際希少種を飼っている方は全員が等しくしなくてはいけない届出です。
手間はかかりますが難しくはありません。

このたった一枚の登録票で、鳥達の命運が分かれます。
未登録の国際希少種を飼っている方の多くが、インターネットを見られません。
だからこそ、TSUBASAの発信力だけではどうにもなりません。
時々ある、「飼い主さんが入院しました、老人ホームに入居しました」という引取り依頼はいつもどきりとします。
鳥が可哀想というのはもちろんですが、また希少種なのでは・・・?と不安になるからです。
登録さえしていれば、その鳥のこれからの次の未来に可能性が増えます。
どうか、皆様のご協力をお願いします。






と同時に、、、。
鳥達のお引き取りには引取り費用が掛かりますが、全ての方が払えるわけではありません。
飼い主様が亡くなってしまうとお支払いいただけないなど、現実のTSUBASAの経済状況はあまり楽とはいけません。

皆様のご支援をよろしくお願いいたします。
メールにて住所とお名前も記載していただけますと助かります。

※「NPO法人TSUBASA」はゆうちょ銀行です。
 ゆうちょ銀行と他金融機関ではお振込み方法が異なりますのでご注意ください。

■お振込先
 ゆうちょからNPO法人TSUBASAのゆうちょへ振込をする場合:
 記号:10300
 番号:73376151
 名前:トクヒ)ツバサ
 -------------------------------------
 他行からNPO法人TSUBASAのゆうちょへ振込をする場合:
 店名:○三八(読み ゼロサンハチ)
 店番:038
 預金種目:普通
 口座番号:7337615
 名前:トクヒ)ツバサ



-----* 転載、ここまで *-----


因みにこんな鳥です。 → キエリボウシインコ

大型インコですから、半世紀かそれ以上の寿命があると思います。

そして、野生動物の保護と言うのは、そんなに昔からあったわけじゃない。
皆さんのご実家、あるいはおじいちゃん・おばあちゃんの家、またはご近所さんで、皆さんが生まれる前からいた大型インコやオウムはもしかしたら対象になっているかもしれません。
未登録の子がいましたら、飼い主さんの万一の場合でも、その子たちに希望を残せるよう登録をお勧めしてください。


対象は、鳥だけではありません。
種の保存法に関する資料として、
国内希少野生動植物種の一覧[PDF]
国際希少野生動植物種の一覧[PDF]

更にその下に
環境大臣の許可を要する種(表一)[PDF]
登録対象種(表二)[PDF]

てのがあります。

「登録対象種(表二)」の中にチンチラが入ってますねー。
ペットショップのチンチラは、繁殖個体が出回っているはずなので、問題ないと思いますが。
おサルさん系は密猟・密輸も多いと聞きますから、珍獣を飼っている方は、この機会にチェックした方がいいかも!?


この記事はリンクしていただいて結構ですが、転載される場合は元記事からお願いします。



↓ ランキングに参加しています ↓
にほんブログ村 小動物ブログ チンチラへ
にほんブログ村
いつもありがとうございます


↓ とっても励みになります。
スポンサーサイト

theme : 鳥さんとの暮らし
genre : ペット

comment

Secret

No title

法律は難しいですね。ひとつ例外を許せば、次も許さなくて
いけなくなりますもんね。
鳥さんの世界はよく知らなかったですが、登録が必要な
場合もあるんですね・・・。
知らずに今でも一緒に暮らしている方が気付いてくれると
いいですね。
どこにでも珍しい子を買いたいという方はいるので、その場合は
しっかり届出をしてほしいです。

★Bellyさん

コメ返が遅くなってごめんなさい。
指定された動物をペットショップから購入する場合は、登録も同時にするので問題ないんですが、買った時は指定されてなかったのに、ってケースだとフツーに生活していて情報が入ってくるものじゃないので、そういう場合ですね。
何十年も可愛がってもらって、飼い主さんとのお別れの後、行き場がなくなってしまうのは本当にお気の毒です。

太平洋でお散歩

お久しぶりです。
仕事忙しいところに色々めんどうなことのオンパレードですっかり読み逃げ犯になっておりました。<(_ _)>

動物関係に関わらず、法律変わっても、それに関連することに自分が関係しない限りわかりませんよね~。
また、飼い始めはいろいろ調べたりするけれど、ある程度普通に暮らし始めると、あまり情報収集しなくなったりしますし。

リストの「シロナガスクジラ」の記載を見て、思わずつまらん妄想が...
「お宅で飼ってるシロナガスクジラのクーちゃん、ちゃんと登録しないとだめだよぉ~」(爆)!!!

まあ、こういう動物に関しては、ヒゲとか、骨とか、製品類の取引に関して、ということなんでしょうけど。
すいません、おバカコメント、失礼しました。v-435

★Yumikoさん

こんばんは。
いえいえ、こちらこそ、PCで写真をアップできなくなってしまったせいで、すっかり更新する気力がなくなってます。orz

法律って仕事で関連するものについては、改正される度に社内講習会が開かれるし、何をするにも基本なものなのに、ペット始め日常生活に関連する法律って自分から調べない限り案外知らなかったりしますよね。
義務教育から試験なしでいいから、もう少し知識として学んでもよさそうな気がします。

シロナガスクジラ・・・確か学校のプールサイズでしたっけ!?(笑)
でも、結局守られるのは美しい動物だったり、可愛い動物だったり結構えこひいき激しいんですよね。
ハムスターだって絶滅・・・危惧?しちゃった?かな・・・棲息地域まで人間の開発が進んでのせいなのに、チンチラとは扱いが大違いで静かに立腹してます。(-"-;)
我が家のモフモフくんたち

げっ歯目のチンチラ、加奈ちゃんです。
2008年10月20日オランダ産 ♂カラー:ブラックベルベット
体重:679グラム(2017/6/3現在)


ジュウサンセンジリスのソニアちゃんです。腹壁ヘルニアをものともしない気の強いお嬢さんです。
2011年5月生まれ ♀
体重:285グラム(2017/4/15現在)


うさぎの薫くんです。開帳肢だけれど走るの大好き♪
2016年7月生まれ ♂
体重:880グラム(2017/6/3現在)


<<虹の橋を渡りました>>
ブルーデグーのティノくんです。撫で撫で大好きな甘えん坊さんでした。
2009年5月中旬オランダ産 ♂
2015年6月14日永眠


ゴールデンハムスターの靖睦くん(チカちゃん)です。後肢不自由でありながら歩くのが大好きな頑張り屋さんでした。
カラー:ロング ドミナントスポット シルバー系
2010年4月上旬生まれ ♂
2013年3月16日永眠


シマリスの輝(ヒカル)です。斜頸で回っちゃうけど元気で明るい男の子でした。
2011年2月生まれ ♂
リンパ腫で6か月の闘病の末
2016年8月6日永眠


↓ランキングに参加しています↓ブログランキング・にほんブログ村へ
ミニブログ設置しました♪
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
912位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小動物
42位
アクセスランキングを見る>>
ご訪問ありがとう
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
子どもたちの幸せのために
Because I am a Girl 世界の女の子たちに、生きていく力を 国際NGOプラン・ジャパン

動物たちの幸せのために
地球生物会議ALIVE
人と自然の調和をめざす WWFジャパン公式サイト

★生産方法を知ってますか?★ 地球生物会議ALIVE 毛皮のページ
フォアグラの作られ方を知っていますか?

Say NO Project

★人間に有効とは限りません★ 医学的見地から動物実験に反対する

★里親という選択肢を★ 一般社団法人ALMA(アルマ) ~犬里親募集~
ちばわん ~犬猫里親募集~
ペットのおうち

保護猫カフェ『ねこかつ』@川越


関連リンク 他


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

更新履歴
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


ブログ村