【転載】ALIVE-news ◆日用品企業に対する動物実験アンケート途中結果掲載のお知らせ

[ALIVE-news]より転載です。


-----* 転載、ここから *-----

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ ALIVE-news ◆日用品企業に対する動物実験アンケート途中結果掲載のお知らせ┃2014.03.21
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  動物実験は現代社会の中で、化学物質等の安全性や有効性を確認するための手段として、様々な分野の製品開発において行われていることが知られていますが、動物実験施設の許認可制や実験者のライセンス制等を採用している欧米諸国と違い、動物実験に法規制が存在しない我が国では、一般市民がその現状を把握できる手段はほとんどありません。

 近年、国際的にも実験動物福祉の機運が高まり、欧州では化粧品の製造・開発における動物実験及び域内流通が2013年から全面禁止となり、日本でも資生堂が動物実験の原則廃止を発表する等、着実に社会情勢は変化しています。そのような社会情勢の中で、一般消費者は企業の動物実験に対する姿勢に高い関心を持っており、企業はCSRの観点からもそのような声に応えることが求められています。

 当会はそのような一般市民の声を代弁し、動物の犠牲を少しでも減らそうと努力している企業の姿を消費者に知らせ、その消費に際しての参考にしてもらいたいと考えております。

 以上のような趣旨のもと、当会では幅広い分野の企業を対象として動物実験に関する現状調査アンケートを進めており、以下にその途中結果の一部を掲載いたしましたのでお知らせします。

-------------------------------------------------------
日用品企業に対する「動物実験に関する現状調査アンケート」調査結果
http://www.alive-net.net/animal-experiments/household_products/index.html
-------------------------------------------------------

 対象企業は、店頭調査を参考にしながら、各分野において一般消費者が日常的に接する可能性が高い企業を網羅してあります。50音順に並べていますので、日頃愛用されている商品の製造・販売企業がどんなスタンスをとっているか調べてみてください。

 動物実験を行っている企業に対しては、消費者としてそこまでして新製品の開発を望んでいないこと、代替法の採用等により動物実験を減らし、無くしていくことを訴えましょう。動物実験を行っていない、または止めた企業については、今後も動物実験を行わないように訴えましょう。また、回答のない企業へは、消費者として関心を持っていることを伝え、動物実験を行っているかどうか問い合わせてみましょう。

 なお、企業へ問い合わせを行ったり意見を届ける際は、できるだけメールや手紙で、誠意を持って失礼のないようにしましょう。特に回答のあった企業は社会へ説明しようとする誠意が見られる企業であることに配慮しましょう。現代社会では望まなくとも誰もがどこかで動物実験の成果を利用して生活しています。企業もそれなりの理由や経緯で動物実験を行っています。一方的な非難は問題の解決にはつながりません。対立ではなく問題を共有するという姿勢で訴えましょう。

----------------------

以上


※転送・転載可です。転載・転送される場合は[ALIVE-news]より転載と明記してください。
 ただし、HPに掲載されているアンケート結果に ついては無断転載を固くお断りいたします。
 アンケート結果を紹介されたい方は、リンクにてご対応下さい。


-----* 転載、ここまで *-----


まだ、途中結果ですが、こういうのは商品を選ぶ上での参考になっていいですね。

上の転載文、そしてリンク先を見て、感じることは人それぞれだと思うのですが。
私がここで特に強調したいのは、前述転載本文の最後の4行「なお、企業へ問い合わせを行ったり意見を届ける際は、~(以下略)」です。

こういうことって想いが強くて、ついつい熱くなっちゃう方多いですよね。
そういう方の情熱が社会を動かすパワーであり、必要不可欠なものなのですが。
その一方で、組織に組み込まれている立場として、この文章はとても理解できます。


私はALIVEの会員を3年くらいかな?継続している理由は、ALIVEのこうした考え方を好ましく思うからです。

リンク先のアンケート途中結果を見るとわかりますが、どの分野でも「回答のなかった企業」の多いこと。
それに比べれば、丁寧に正直に回答した企業には社会への説明責任を果たしていると感じます。
相手の誠意を持った回答が自分の望むものでないからと言って非難したり騒ぎ立てる人って、結局自分だけが正しくて、人の言う事に耳を傾ける気はないのかな、って気がします。


欧米に比べて、遥かに遅れている日本。
それは日本独自の価値観や思想もあると思うけれど。
例えば、動物実験フリーの商品が売れる実績ができれば、今まで消極的だった企業だって会社方針を180度転換することだって考えるでしょう。企業は儲けを出さないといけないですから。

動物実験フリーの商品を意識的に選ぶ、数が集まればそれが動物実験を減らす大きな力になると思います。
何かを考える一助になれば幸いです。




↓ ランキングに参加しています ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
いつもありがとうございます


↓ とっても励みになります。
スポンサーサイト

theme : 動物愛護
genre : ペット

comment

Secret

爆弾発言!?

ずばり言うわよっ!

と、まるで某占い師のような書き出しで、いったい何を言うのかというと、実は私、動物愛護に熱心な方は苦手なんです...

なんて書くと驚かれるかも? いや、たぶんhamori☆さんはきっと感づいてると思いますが、じゃあなんでこの動物愛護に関連する記事の多いブログに多々おじゃまし、コメントも書いているのか?

それはhamori☆さんがまさにこの記事のスタンスでいらっしゃるからです。

きちんと自分で情報を確認し、客観的かつ現実的にとらえとてもバランスの取れた感覚で記事を書いてらっしゃるということです。また、たとえばペット関連のイベント等の問題点も指摘しつつも、でも動物に興味を持つ個人としてはいろんな動物が見れたのは良かった等、とても正直にお書きになったりというところも人間として信頼出来るからです。

そうですよ、回答している会社は非常に誠意ある企業です。それに、実験といってもその内容は様々でしょうから。

また、動物実験しないから優良企業かというとそうともいえないですし。でも、動物愛護に熱心な方はそれだけ、それしか見ない、という方もいらっしゃいます。実験してなくても、明らかに別の部分で消費者を裏切っている企業もあるんですけどね。

いつもhamori☆さんの文章の書き方、気配りが行き届いてて感心しております。私なんか、ウケ狙い、または怒りでブッちぎれのどちらかになってしまいますから! ( ̄▽ ̄;)

★Yumikoさん

カテゴリまで設けてこういう記事書いていて何ですが...。
わかります、わかりますぅ!
私がこういうスタンスなもので、度々接触は試みるものの行動を起こすきっかけとなる同志が未だ見つからず。先日きっかけとなればと試験まで受けちゃいましたが、どうなることやら。~(-゛-;)~

>動物実験しないから優良企業かというと
正にそうで、他社が動物実験した結果、安全と確認ができた原料を使っているだけなこともあるわけで。その業界で第一線で商品開発をしている企業は安全性を確認する為の検証が必要だから、その評価は必ずしもフェアじゃない。
そんなに新しい原料を開発しなくても・・・と思うんだけど、海外のコンビニで商品の数が少なくて唖然としたことありません?
例えば日本なら、緑茶のペットボトルだけでも相当種類があって、日本人はそれぞれ好みで飲み分けてる。季節の商品、期間限定商品等々。とにかく目新しいものに飛びつく習性があるから、新たな原料を次々に開発するのは日本の消費者ニーズかと。それが分かってる以上、企業だってそうそう方針転換できないと思います。

いえいえいえ。それは褒めすぎです。
私はYumikoさんほど探究熱心ではないですから。

No title

こんにちはヽ(^0^)ノ
動物愛護に熱心なみ~たですw
でも私も異常に過激に行動したり、発言されたりするのは反対ですね。。。
それってかえって動物を苦しめる事になりかねないですから。。。
昨年、某大手化粧品メーカーが大きな被害を出した際に、動物実験の結果が有効でなかった事を認めていましたが、本当にそこまでして新しい物を出す必要はないと思いますし、何より、もうすでに目に入れたら悪いという事も、切り傷にすり込んだら悪いという事も、食べさせたら悪いって事もわかっているのに、あえて毎回繰り返す事が意味がわからないんですよね。。。
日本の場合は『大人の事情』で、きっとこの状況、続いていくんでしょうね。。。
先日、資生堂主催で動物実験に関する円卓会議が行われていたようです。
こうして決して過激な形ではなく、特に大手の企業などがアクションを起こし始めたというのは、本当に小さいけど、ようやく日本も1歩踏み出したという所でしょうか。
私は日用品と化粧品に関しては動物実験をしていないメーカー(出来れば原料もしていない所から調達)を選んで使っています。
少し値は貼るけど、そういう商品が多くの方々に支持される日が訪れる事を、そして多くの企業が同じお金をかけるなら代替法の研究を進めてくれるよう、心から願いながら。。。
不愉快な想いされたなら、ごめんなさいね<m(__)m>

★み~たさん

( ̄∇ ̄;) こちらこそ不快な思いをされてたら失礼しました。
上のコメントを読まれて、コメント内容に影響を及ぼしちゃったんじゃないかしら?と申し訳なく思ってます。
そう、「異常に過激に」がどうしても目につくから動物愛護の印象が悪いんですよね。
私もブログPCテンプレートの右段下にバナー貼ってますけど、人間と動物は違うし、そもそも病気になった人と同じ症状にしたマウスじゃ土台が違う訳で。

私は動物実験に関しては、科学者の興味本位的なものをなくして欲しいってのがいちばんです。
以前どこかで、デグーが何日間水を飲まずに生きていられるか、という記事を見ました。直接の研究論文ではなく引用だったので、試す人間が出ないようにか具体的な数字は書かれていませんでしたが。ラクダのように水が貴重な地域の使役動物なら、その成果は何かの役に立つでしょうが、デグーに水を与えず死ぬまで待つ研究成果の何が人類の役に立つのか。
3Rも必要ですが、それ以前にブラックボックスの現状を何とかして欲しいものです。

hamori☆さん、大丈夫ですよ(#^.^#)
ありがとうございます(*´∀`)
せめて日本もEUみたいに、どの施設で、どんな研究が、どんな動物がどのくらい、という事をデータ公表して欲しいですね…
某大手メーカーの施設は環境汚染のもとを出してるという話もありますし…

★み~たさん

こちらこそ、わざわざ再びコメントいただいてご丁寧にありがとうございます。
環境汚染ですか...。
大手メーカーなら、ISO14001を取得していそうなものだけど、環境汚染とか問題ないんでしたっけ!?
そのうち冗談でなく防護服着て生活しなきゃいけない時代が来るかもですね。
我が家のモフモフくんたち

げっ歯目のチンチラ、加奈ちゃんです。
2008年10月20日オランダ産 ♂カラー:ブラックベルベット
体重:679グラム(2017/6/3現在)


ジュウサンセンジリスのソニアちゃんです。腹壁ヘルニアをものともしない気の強いお嬢さんです。
2011年5月生まれ ♀
体重:285グラム(2017/4/15現在)


うさぎの薫くんです。開帳肢だけれど走るの大好き♪
2016年7月生まれ ♂
体重:880グラム(2017/6/3現在)


<<虹の橋を渡りました>>
ブルーデグーのティノくんです。撫で撫で大好きな甘えん坊さんでした。
2009年5月中旬オランダ産 ♂
2015年6月14日永眠


ゴールデンハムスターの靖睦くん(チカちゃん)です。後肢不自由でありながら歩くのが大好きな頑張り屋さんでした。
カラー:ロング ドミナントスポット シルバー系
2010年4月上旬生まれ ♂
2013年3月16日永眠


シマリスの輝(ヒカル)です。斜頸で回っちゃうけど元気で明るい男の子でした。
2011年2月生まれ ♂
リンパ腫で6か月の闘病の末
2016年8月6日永眠


↓ランキングに参加しています↓ブログランキング・にほんブログ村へ
ミニブログ設置しました♪
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
1249位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小動物
48位
アクセスランキングを見る>>
ご訪問ありがとう
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
子どもたちの幸せのために
Because I am a Girl 世界の女の子たちに、生きていく力を 国際NGOプラン・ジャパン

動物たちの幸せのために
地球生物会議ALIVE
人と自然の調和をめざす WWFジャパン公式サイト

★生産方法を知ってますか?★ 地球生物会議ALIVE 毛皮のページ
フォアグラの作られ方を知っていますか?

Say NO Project

★人間に有効とは限りません★ 医学的見地から動物実験に反対する

★里親という選択肢を★ 一般社団法人ALMA(アルマ) ~犬里親募集~
ちばわん ~犬猫里親募集~
ペットのおうち

保護猫カフェ『ねこかつ』@川越


関連リンク 他


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

更新履歴
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


ブログ村