城東動物霊園ペット合同慰霊祭に参加してきました

チカちゃんの眠る城東動物霊園は、廣濟寺というお寺にあります。

徳川家5代将軍の綱吉公に縁のある寺で、葵の御紋が掲げられているなかなか由緒あるお寺なのです。

綱吉公だから動物霊園?と言う訳ではなく、

廣濟寺檀信徒有志の方々の 「だれにでも葬儀ができる費用で、ペット達にも心のこもった弔い」 を してあげたいというご意向で、多大なご寄進によって平成八年に設立されました。

(城東動物霊園HP 霊園について より)


そんな城東動物霊園、毎月18日に月例ペット合同慰霊祭を開催しています。
 → ご法要について

これがね、参加自由・費用不要。

他霊園で火葬・納骨されている方でもご自由にご参加いただけます。

なのだそうです。


実は私、2度目の参加なんですが。
いつも本堂内がいっぱいになるほど参加者がいます。(60~80人くらい?)
老若男女、ワンちゃん連れの方も。


本堂内には椅子が並べられ、席は自由。
全員で合掌した後、僧侶たちの読経が鳴り響き、参加者ひとり一人がお焼香をします。

事前に受付で、飼い主の姓と、ペットの名前を記入するのですが。
全員のお焼香が終わった辺りから、それを全部読み上げてくれます。
「○○家△△の霊、××家□□の霊、~」って延々。

これがね、ペットの名前って様々でしょ。
厳かな雰囲気なだけに、余計可笑しさが増すっていうか、、、クスッと笑いそうになります。

で、ひと通り本堂での法要が終わると。
今度は、僧侶の方々が納骨堂へ移動。
まずは1階納骨堂、そして2階納骨堂へ脚を運んでくださり、再び三度読経されるのです。

私はチカちゃんの霊座のある2階納骨堂で僧侶たちが来てくださるのを待ち。
読経が終わり僧侶が去ってから、それぞれお参り。


今回、感謝の気持ちを込めて心ばかりの寄進を持って行きました。
袋をどうするかなぁと悩んで、こちらのポチ袋をチョイス。↓
ポチ袋


何ていって渡したらいいんだろうと、かなりドキドキしていたんですが。
檀家さんの寄進でこんな立派な動物霊園が建っちゃうほどですもの。
そんなに硬くなる必要はなかったようです。

ちょうど合同慰霊祭の前だったので、お焼香の時に台の横に置くスペースがあるからと説明を受け、そこに置いて来ました。



今回法要の前に、先日ご紹介したこのお寺のワンちゃんだった「ボン」と猫の「トロ」についてお話がありました。
トロちゃんは、前回の合同慰霊祭の翌日から突然の体調不良に陥り、病院で亡くなったそうです。

こちらの廣濟寺は長らく「犬のいる寺」だそうで。
ボンちゃんの前にはピレネー犬(だったかな?)のエルちゃんがいて。
また、いずれ犬をお迎えすることになるだろうとのことでした。

ボンちゃんトロちゃんの霊座もお参りして来ました。
私はいつも寝そべっているボンちゃんの姿しか見たことがなかったんですが、そこには颯爽と立っている若々しいレトリバーの写真が飾られていて胸が熱くなりました。

今度はどんなワンちゃんが来るんだろう。
きっと、霊園を訪れる方々の心を慰めてくれる優しい子が来ることでしょう。




さて、SBSコーポレーションさんのメルマガで、「この文章いいなぁ」「でもメルマガを無断引用するわけにも」と思っていたら、HP内にその文章がありましたので、リンクでご紹介。

 → 終末期の接し方



「動物は言葉がわからない」なんて思っていませんか?
言語に頼り過ぎて、声にならない言葉を理解できないのは人間の方です。

いえ、「おとな」と限定した方がいいかな。
まだ言葉を喋れない赤ん坊だって、言語に頼らず大人の言っていることを理解してます。
痴呆の方も、障害を持たれた方も、言語が自在に操れないだけでその本質は理解しています。

同じ大人同士なら絶対に言わないようなことを、「どうせ理解できないでしょ」と目の前で言っちゃう方がいますが、とても傷ついています。
「どうせわからないでしょ」と今までしてあげていたことを省略しちゃう方もいるかもしれませんが、寂しい思いをしています。

どうか、同じ言語を使えない、期待するリアクションが得られないからといって、心ないもののように扱わないでください。




↓ ランキングに参加しています ↓
にほんブログ村 小動物ブログへ
にほんブログ村
いつもありがとうございます


↓ とっても励みになります。
スポンサーサイト

theme : ハムスター
genre : ペット

comment

Secret

No title

こんにちは(^^)
合同慰霊祭、このような形で行われているのはとても良い事ですね(^^)
こちらの方では年に1回の熊本市の動物愛護フェスティバルの時に行われるぐらいですから。。。たぶん。。。
SBSさんのメルマガ、私も受信しています(^^)
こちらはfbの方にもSBSさんがアップされていたので、シェアもさせていただきました。
読みながら、最後の方は本当に何度読んでもジーンときて。。。
常に同じように考えていても、改めてこうして読むとまた気持ちもあらたになりますね。
そうですね、言葉が通じなくても、話せなくても、彼らは理解していますし、お互いに理解しあおうという想いがあれば、『こうかなぁ~?それともこうかな~?』と、アイコンタクトしたり、色々な形で通じ合う事が出来ると日々感じています(^^)
『どうか、同じ言語を使えない、期待するリアクションが得られないからといって、心ないもののように扱わないでください。』
。。。本当にそう願います。
いつも素敵な記事をありがとうございます(#^.^#)

★み~たさん

本当にこの霊園と出会えたことはラッキーだったと思ってます。
SBSさんのメルマガ、私も最後の方は何度読んでもジーンときます。
犬が病気になったからとか、高齢になったからという理由でセンターに持ち込む方にとって、その子と暮らした○年間は何だったんだろう?と言う気がしてなりません。
現代人は忙し過ぎるのかな...。

No title

私の住んでいるところにも、このような場所が
あればいいのに。。。本当に素敵なところですね。
多くの方が法要に集まる気持ちが分かります。
費用不要・・・これ、かなり恐縮しちゃいますよね。
3姉妹がこの世を去った後に落ち着ける場所を
用意してあげたいと、hamori☆さんの記事を
読んで思うようになりました。でもこちらは
市の霊園ぐらいしかなくて・・・
私もSBSさんのメルマガ、読んでいます。
うさぎの平均年齢が7~8年と言われているので
Bellが6歳を迎えて色々考えることが多くなりました。

No title

こんばんは!
私もSBSさんのメルマガ読みました。
そして涙。。。どうしても別れる時の事を考えると、ついついハムちゃんとお別れした時の事が重なってしまって(T_T)
いつかはナッツともそういう時がくるのかと思うとまたまた涙が。。。
一緒にいられる今を、毎日大切に過ごさなきゃ、と改めて感じます。

前の記事の「犬を飼うってステキですーーーか?」を読ませていただきました。
そして子供にも読ませました(^^)
お話の途中まで、まるで、うちの子の事?というくらい同じストーリーでした(笑)
子供は、ナッツが“思っていたのと違ってじゃれたりしない”、“自分の大事な物をすぐ齧って壊してしまう”と言って、今ではほとんどお世話をしません。
まぁ、もともと期待はしてませんでしたが(^_^;)
これを読んで、動物を飼うということは、動物になにかを期待するのではなく、たくさんの優しい気持ちと楽しい思い出をもらうんだ、という事を少しでもわかってくれたらと思います。

★Bellyさん

東京は埋める場所を持たない人が多いので霊園の数だけは多いです。
それでも、心のこもった対応をしてくれる場所は多くはないかも。
素敵だなぁと思うのは、小さなお子さん連れでお参りや法要に参列するご家族。
こういうご家庭で育つと動物の命を大切に考えてくれる大人になるでしょうね。
我が家はお骨を埋める場所も、ミニ仏壇を置く場所もないのでこういう選択になりましたが、この霊園にお預けして本当によかったと感じています。
Bellちゃん...そうですよね。ウチもティノくんがそういう時期なので色々考えちゃいます。

★もっちぃさん

こんにちは。
ハムちゃんのことは以前記事を読ませていただきました。
そのことではコメントに伺えてなくて申し訳なく思ってます。

確かにチンチラは神経質ですし、あまり子供向けじゃないかもしれませんね。
でもお子さんが「つまんない」と思ったチンチラをお母さんが大切にお世話している姿を見るのって、お子さんの心に少なからずいい影響を与えているんじゃないかと思いますよ。
我が家のモフモフくんたち

げっ歯目のチンチラ、加奈ちゃんです。
2008年10月20日オランダ産 ♂カラー:ブラックベルベット
体重:679グラム(2017/6/3現在)


ジュウサンセンジリスのソニアちゃんです。腹壁ヘルニアをものともしない気の強いお嬢さんです。
2011年5月生まれ ♀
体重:285グラム(2017/4/15現在)


うさぎの薫くんです。開帳肢だけれど走るの大好き♪
2016年7月生まれ ♂
体重:880グラム(2017/6/3現在)


<<虹の橋を渡りました>>
ブルーデグーのティノくんです。撫で撫で大好きな甘えん坊さんでした。
2009年5月中旬オランダ産 ♂
2015年6月14日永眠


ゴールデンハムスターの靖睦くん(チカちゃん)です。後肢不自由でありながら歩くのが大好きな頑張り屋さんでした。
カラー:ロング ドミナントスポット シルバー系
2010年4月上旬生まれ ♂
2013年3月16日永眠


シマリスの輝(ヒカル)です。斜頸で回っちゃうけど元気で明るい男の子でした。
2011年2月生まれ ♂
リンパ腫で6か月の闘病の末
2016年8月6日永眠


↓ランキングに参加しています↓ブログランキング・にほんブログ村へ
ミニブログ設置しました♪
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
701位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小動物
28位
アクセスランキングを見る>>
ご訪問ありがとう
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
子どもたちの幸せのために
Because I am a Girl 世界の女の子たちに、生きていく力を 国際NGOプラン・ジャパン

動物たちの幸せのために
地球生物会議ALIVE
人と自然の調和をめざす WWFジャパン公式サイト

★生産方法を知ってますか?★ 地球生物会議ALIVE 毛皮のページ
フォアグラの作られ方を知っていますか?

Say NO Project

★人間に有効とは限りません★ 医学的見地から動物実験に反対する

★里親という選択肢を★ 一般社団法人ALMA(アルマ) ~犬里親募集~
ちばわん ~犬猫里親募集~
ペットのおうち

保護猫カフェ『ねこかつ』@川越


関連リンク 他


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

更新履歴
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ村