FC2ブログ

10周年♪

2か月も放置しちゃってすみません
その間、いろんなハプニングがありました。

加奈ちゃん♪

いちばんショックだったのは、加奈ちゃんが軟便になっちゃったこと。
加奈ちゃんは健康体でお迎えして、今でこそ心臓のお薬を飲んでるし、腰痛的なもの(?)を発症したことが何回かあったけれど。
お腹を壊したのなんてお迎えした当初にあったきり。

しかも、ようやく気温の下がった11月。
半年振りの通院でキャリーに入れてから発症したっぽい。
今まで体調を崩したことがなかったから、私も先生もすぐに治まるだろうと思っていてお薬も3日分の処方。
途中追加追加でお薬をもらいにいき、結局2週間軟便が続きました。

食欲も元気もあるし。
唯一気になったのは飲水量が通常の2倍くらいあったこと。
軟便が治まると同時に飲水量も元に戻りました。

結局なんだったのかなー?
高齢になってくるとちょっとした変化でも心配になっちゃいます。


薫くんとリトくん♪


リトくんは私の不注意で、先日踏んでしまって。
しかも、絶対にやらないようなミスでマズい踏み方だったもので、下半身不随かサイアク・・・な状況も頭を過ぎりました。
本人もパニック起こしてるし、フローリングには出血もあったので、しばらく様子見していましたが、特に動きにおかしなところもなく、本当にホッとしました。

上の画像でリトくん、薫くんと部屋ん歩してますが。
加奈ちゃんとも部屋ん歩できるようになりました。
加奈ちゃんが追い掛け回さなくなった。

部屋ん歩中って、出してる子のケージは扉がオープンになってるから。
加奈ちゃんが興味津々にリトくんのケージに入るんですが。
80グラムの子に合わせたケージに700グラムの子が入ると───怪獣ですわ


加奈ちゃん♪


薫くんとも仲良くしてくれたら、部屋ん歩時間が増えるのにね。
先日、ちょっとしたハプニングがあって2匹同時に動物病院に連れて行ったんだけど。
ソフトキャリーでほとんど外が見えない状況にもかかわらず、診察台に2つのキャリーを置いたら加奈ちゃんがギャワギャワ怒ってて、先生に「本当に仲悪いんですね」って苦笑されました。

そんな薫くんにも心配な出来事が。
昨晩、いつものように部屋ん歩をさせていた時のこと。
最近の薫くんのお気に入りは、ベッドの脚部分のポールをジャンプで跳び越えること。
高さは床から10センチ。
これってラビットホッピングできるんじゃ!? なんて思ってるんですが。

もちろん、やらせませんよ!
薫くんの場合、頸椎に奇形があるし、後肢開帳肢もあるので、ハーネスや人の意思でさせるジャンプの負担がどんな悪影響を及ぼすかわからないから。

話逸れましたが。
そのジャンプの時にジャンプに失敗したのか?と思わせるような大きな音がしたんです。
私が慌てて声を掛けて、おかしなところがないか薫くんを凝視していると。
薫くんの動きがぎこちない。
何より片方の後肢が体の外にはみ出ている気がする。

ただゆっくりながらも足はしっかり床について動いてるし、伸び~もできてる。
取り敢えず最悪なプランプランな状況(骨折)ではなさそうなのがホッとしました。
あまり刺激しないようにして、早めにケージへ戻して様子見。
今朝の段階でケージの中を走る姿を確認し、動きに違和感がなかったのでようやく安心できました。


加奈ちゃん♪


そして私は。
先日誕生日を迎えたのですが。
その直前、これまたハプニングがありました。
加奈ちゃんを病院に連れて行く日の朝。
キッチンで皿を洗っていたら、皿が割れてスポンジを持っていた右手親指の付け根に欠けた部分を強く押し当てる形となり出血。
うわぁぁと思いながら、水道水で傷口を流すもいつまで経っても水が赤くて、シンクにあったフライパンに赤い水が溜まっていく。
おや?これってヤバいやつじゃ───!?

傷自体は2センチ程度で痛みもまぁ、シマリスに噛まれたと思えばって程度。
でも出血量が半端じゃなくて、これって病院に行って縫ってもらうレベルなんだろうか?と冷静に考える。
いや。経験ないものでね。
誰かのアドバイスが欲しいと思い、#7119初めて利用しました。

で、なんだかんだ準備に手間取り、病院着いても結構待ち時間があり、診察を受けたのは怪我してから1時間半後。
にもかかわらず、出血は全然治まっておらず、病院に行く選択が正しかったと実感。
そして初めての縫合。
問診を受けたその場でやるのね。
準備してくれた看護士さんに「痛いですか?」と聞くと、「麻酔が一番痛い」と言われ、「歯医者と一緒ですね」なんて笑い合っていたんですが。
どこに麻酔するのかと思ったら、傷口をビロンと開いて傷口から中の四方八方に針刺すのね。
いやいやいや。傷口に針刺すとか、正気か?
ってくらい衝撃を受けました。
ただ、3回くらい刺された頃から麻酔が効き始めて、「あ、ホントだ☆麻酔効いて痛くなくなってきた」って先生に麻酔が効いたこと伝えましたが。
いよいよ縫合!
釣り針みたいな細くて小さなカーブのある針をピンセットでもって縫うのね。
血、ダクダク出てるのに傷口ビロンと開いてガーゼで吸いながら縫ってて。
先生曰く、「縫えば止まりますから」ってことらしいんだけど。
縫った皮膚の下で出血した血が溜まったりしないんだろうか???
結局4針縫いました。
初めての体験に私は異様に興奮して一部始終をガン見(笑)してました。

誕生日直前、40代の最後になにやってるんでしょうね。(汗)


加奈ちゃん♪


近況報告が長くなりましたが。
10年前の今日12月22日は、加奈ちゃんをお迎えした日。
あの日から10年が経ったと思うと感慨深いものがあります。

去年事務所が移転して、10年振りくらいに古巣に戻ったんですが。
懐かしい顔に合うたびに、「乗馬続けてるの?」「海外旅行行ってる?」なぁんて、昔の多趣味だった頃の話題を持ち出されて、そうだったよね、なんて懐かしく思ったりしてます。

まさか、外泊できなくなるとか、夜遅く帰宅できなくなるとか考えもしなかった。
「できない」じゃなくて「したくない」だから、今の状況を不満に感じたことはないし。
この10年、本当にいろんな経験ができたとモフさんたちには感謝しかありません。


今年も残すところあとわずか。
健康で年末年始を迎えましょう!
2か月振りの更新ですが、ここまでお付き合いくださった方ありがとうございました!



↓ ランキングに参加しています ↓

にほんブログ村
いつもありがとうございます


↓ とっても励みになります。
スポンサーサイト



theme : チンチラ(げっ歯類)
genre : ペット

tag : チンチラ うさぎ シマリス

我が家のモフモフくんたち

げっ歯目のチンチラ、加奈ちゃんです。
心臓弁膜症と診断されました。
2008年10月20日オランダ産 ♂カラー:ブラックベルベット
体重:710グラム(2018/4/20現在)


うさぎの薫くんです。開帳肢だけれど走るの大好き♪
2016年7月生まれ ♂
体重:940グラム(2018/4/21現在)


<<虹の橋を渡りました>>
ブルーデグーのティノくんです。撫で撫で大好きな甘えん坊さんでした。
2009年5月中旬オランダ産 ♂
2015年6月14日永眠


ゴールデンハムスターの靖睦くん(チカちゃん)です。後肢不自由でありながら歩くのが大好きな頑張り屋さんでした。
カラー:ロング ドミナントスポット シルバー系
2010年4月上旬生まれ ♂
2013年3月16日永眠


シマリスの輝(ヒカル)です。斜頸で回っちゃうけど元気で明るい男の子でした。
2011年2月生まれ ♂
リンパ腫で6か月の闘病の末
2016年8月6日永眠



ジュウサンセンジリスのソニアちゃんです。腹壁ヘルニアをものともしない気の強いお嬢さんです。
2011年5月生まれ ♀
拡張型心筋症と診断され
2018年3月18日永眠

↓ランキングに参加しています↓ブログランキング・にほんブログ村へ
ミニブログ設置しました♪
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
1447位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小動物
48位
アクセスランキングを見る>>
ご訪問ありがとう
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
子どもたちの幸せのために
Because I am a Girl 世界の女の子たちに、生きていく力を 国際NGOプラン・ジャパン

動物たちの幸せのために
地球生物会議ALIVE
人と自然の調和をめざす WWFジャパン公式サイト

★生産方法を知ってますか?★ 地球生物会議ALIVE 毛皮のページ
フォアグラの作られ方を知っていますか?

★人間に有効とは限りません★ 医学的見地から動物実験に反対する

★里親という選択肢を★ 一般社団法人ALMA(アルマ) ~犬里親募集~
ちばわん ~犬猫里親募集~
ペットのおうち

保護猫カフェ『ねこかつ』@川越


関連リンク 他


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

更新履歴
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2018年12月 | 01月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


ブログ村