FC2ブログ

すごハム☆チカちゃん、永眠 ~応援ありがとうございました~

チカちゃん、今朝9時半頃、病院の待合室で亡くなりました。


以下の画像は、すべて昨晩のチカちゃんの様子です。

チカちゃん☆20130315


チカちゃん、3日前の3月13日に若干食欲が落ちました。
翌朝の投薬の際に量った体重は101グラム。

2日前の3月14日には歩きながらもすぐに左右にコロンと転がってひっくり返るようになりました。
ペレットをカリカリする音を聞くことが少なくなったので、ペレットをお湯でふやかし、粉ミルク等を振りかけて別の器に入れておくと、それも食べてくれました。


そして昨晩も覚束ない足取りながらも、自分の足でハウスから出てきて頬袋にごはんを貯め、アスレチックトンネルのお気に入りの場所で寛ぐ姿も見られました。


チカちゃん☆20130315



2日前にもうまともに歩くことすらできないチカちゃんの姿を見て、今日の通院についてとても悩みました。
通院することが負担になるんじゃないか、人に触れられることを好まないチカちゃんをこれ以上病院に連れて行くことが果たしてよいことなのか。


悩んで悩んで悩んで。
タオルで顔を覆った暗闇の中に浮かび上がったのは、正に上の画像───チカちゃんがごはんを頬袋に詰める姿でした。
そして、ひとつのメッセージが浮かんだのです。


“生きること”をサポートする。


チカちゃんが穏やかな最期を迎えられるように、そればかりを考えてきたけれど。
チカちゃんはこんなにも前向きに生きている。
だから、「どう最期を迎えるか」でなく「どう最期まで生きるか」をサポートすべきではないかと思ったのです。


チカちゃん☆20130315


今振り返れば、今朝のチカちゃんは通院の為にハウスをどかしても反応が鈍かったように思います。
それでもチカちゃんが生きるなら、点滴だけでもしてもらおうと定期健診のソニアちゃんと一緒に連れて行きました。

病院に着いて、チカちゃんの様子を伺うと、キッチンペーパーがモゾモゾと動いているのが見て取れました。
しばらくして診察室に呼ばれ、チカちゃんのプラケを診察台に乗せ、問診に応えていると、獣医師が異変に気づき、「亡くなっていませんか?」と。


すぐには信じられませんでした。
だってさっきまで動いていたのに。


先生がプラケからチカちゃんを出し、手で触れ、聴診器を当て、瞳孔を確認し。
チカちゃんの死亡が確認されました。

先生に「まだ温かいですか?」と聞くと手足は既に冷たく硬直し始めているとのこと。
チカちゃんが直前まで生きていた証に、プラケの中には立派なフンがたくさん落ちていました。
チカちゃんの身を清めてくれるというのでチカちゃんを先生にお預けしました。


チカちゃん☆20130315


チカちゃんは今、目の前に横たわっていますが、とても不思議な気持ちです。

この半年間、チカちゃんの様子に『衰え』を感じる度に『いつか訪れるその日』を想って数えきれないくらい泣きました。
でも、2日前、コロンコロンとひっくり返りながらも、自力でハウスから出てきて食糧を調達したり、おトイレに行ったり、アスレチックトンネルで寛ぐチカちゃんの姿を見て。
こうしてひとつひとつの機能が失われていく様子に悲しいという気持ちよりも、命の尊さに強い感銘を受けました。

どうしたら伝わるのかよい表現が見つかりませんが、『命の誕生』によく似た感動なんだと思います。


チカちゃんは私の心の準備が整うのを待っていてくれました。
今も涙は止まりませんが、驚くほど心は穏やかです。

何一つ悔いはなく、恐らくチカちゃんも同じ気持ちだと思います。
チカちゃんはどんな困難にも挫けず最期まで前向きでした。
本当に素晴らしいハムちゃんで、私はチカちゃんと一緒に暮らせたことを誇りに思います。


獣医師からは腹部の異常を指摘されていましたが、私はチカちゃんの死因は老衰だと思っています。



つぎの動画は3月11日に撮影したものです。

チカちゃんはいつも頬袋に食べ物を詰め込んで、ハウスやアスレチックトンネル、秘密基地など落ち着ける場所でごはんを食べていました。
この晩はペレットを食べるカリカリ音が聞こえたので、ケージを覗き声を掛けると、ハウスから顔を出してペレットを食べていたのです。
その様子を撮影しました。↓
[広告] VPS

チカちゃんがペレットを食べている姿を初めて見ました。
小気味よい音を立てて、チビチビと前歯で削って食べるんだね。
揃えたお手手がとても可愛いです。



チカちゃんは人に触れられることが苦手なハムちゃんでした。

でも、昨年4月にスペシャルアニマルカウンセリングを受け、実はチカちゃんが人間大好きであることを知りました。
カウンセリング後は積極的にチカちゃんのお散歩の後を付いてまわり、たくさん声掛けをしました。
手はどうしても苦手なようだったけれど、私の脚をよじ登り、更に腹から胸へ。
そして、顔の前までやってきてチュッ☆とキスもしてくれました。


最後は手に乗って・・・なんて映画のようなことを考えていましたが、現実は手に乗るとか乗らないとかという次元を越えて、そんなことすら困難であるところまで生き続けてくれました。
最期まで自ら手に乗ることはありませんでしたが、それも”チカちゃんらしさ”です。


病院で死亡が確認されて必至に涙を堪え、その後、いつもの2階の診察室でなく3階の診察室に呼ばれました。
そこで身を清めてもらったチカちゃんを受け取ったところで、堪え切れず落涙。
病院側の配慮で、診察室内で会計をさせていただきました。


途中、小さな花束を購入して帰宅。
玄関へ入って堪えるのをやめて泣きました。

チカちゃんをプラケから出し手に取ると、いつもと変わらぬフワフワな被毛。
そして最近大きくなってしまった柔らかなお腹。
何度も何度も撫でました。
今まで腰からお尻に掛けての辺りしか撫でさせてくれなかったので、額、頭、頬、背中に小さな手足。
いつもは嫌がって避けられていた場所を初めて撫でました。



先ほど予てより決めていた動物霊園へ連絡をしました。
明日3月17日(日)16時に火葬の予約を入れました。
その時間にチカちゃんのことを思ってもらえたら嬉しく思います。


今、私が比較的落ち着いていられるのは、目の前にチカちゃんの姿があるから。
今、私が悲しいのは、チカちゃんの姿をもう見ることができなくなってしまうから。


チカちゃんの遠隔治療をお願いしていた病院へは先ほどメールで死亡の報告と謝意を伝えました。





このブログを通じて、チカちゃんは多くの方に愛され、幸せのエネルギーをたくさんいただきました。
一般に短命と言われる長毛種で、幼少時より脊椎の障害を抱えたチカちゃんが3歳目前まで長生きできました。
これまで、今までチカちゃんを応援してくれていた方々に深謝致します。




靖睦くん
(2歳11か月)

2013年3月16日 永眠


ありがとうございました




↓ ランキングに参加しています ↓
にほんブログ村 小動物ブログへ
にほんブログ村


↓ とっても励みになります。
スポンサーサイト



theme : ハムスター
genre : ペット

我が家のモフモフくんたち

げっ歯目のチンチラ、加奈ちゃんです。
心臓弁膜症と診断されました。
2008年10月20日オランダ産 ♂カラー:ブラックベルベット
体重:710グラム(2018/4/20現在)


うさぎの薫くんです。開帳肢だけれど走るの大好き♪
2016年7月生まれ ♂
体重:940グラム(2018/4/21現在)


<<虹の橋を渡りました>>
ブルーデグーのティノくんです。撫で撫で大好きな甘えん坊さんでした。
2009年5月中旬オランダ産 ♂
2015年6月14日永眠


ゴールデンハムスターの靖睦くん(チカちゃん)です。後肢不自由でありながら歩くのが大好きな頑張り屋さんでした。
カラー:ロング ドミナントスポット シルバー系
2010年4月上旬生まれ ♂
2013年3月16日永眠


シマリスの輝(ヒカル)です。斜頸で回っちゃうけど元気で明るい男の子でした。
2011年2月生まれ ♂
リンパ腫で6か月の闘病の末
2016年8月6日永眠



ジュウサンセンジリスのソニアちゃんです。腹壁ヘルニアをものともしない気の強いお嬢さんです。
2011年5月生まれ ♀
拡張型心筋症と診断され
2018年3月18日永眠

↓ランキングに参加しています↓ブログランキング・にほんブログ村へ
ミニブログ設置しました♪
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
971位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小動物
32位
アクセスランキングを見る>>
ご訪問ありがとう
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
子どもたちの幸せのために
Because I am a Girl 世界の女の子たちに、生きていく力を 国際NGOプラン・ジャパン

動物たちの幸せのために
地球生物会議ALIVE
人と自然の調和をめざす WWFジャパン公式サイト

★生産方法を知ってますか?★ 地球生物会議ALIVE 毛皮のページ
フォアグラの作られ方を知っていますか?

★人間に有効とは限りません★ 医学的見地から動物実験に反対する

★里親という選択肢を★ 一般社団法人ALMA(アルマ) ~犬里親募集~
ちばわん ~犬猫里親募集~
ペットのおうち

保護猫カフェ『ねこかつ』@川越


関連リンク 他


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

更新履歴
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2013年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


ブログ村