FC2ブログ

【転載】◆ ALIVE-news ◆作家の渡辺眞子さんも新聞でパブコメを呼びかけ

ALIVE-newsからの転載です。

12/1発信から日が経っちゃってる上、毎日新聞の記事なので、既に目にした方もいらっしゃるとは思いますが。


-----* 転載、ここから *-----

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ ALIVE-news ◆作家の渡辺眞子さんも新聞でパブコメを呼びかけ┃2011.12.1
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
パブコメの締め切りまであと一週間ほどとなりました。
会員の皆様にもぜひ意見をお送りいただきますようお願いいたします。
以下毎日新聞の記事です。

--------------------------------------------------------
しっぽの気持ち:動物たちに快適な環境を=渡辺眞子
http://mainichi.jp/life/housing/news/20111129ddm013070018000c.html

 風が冷たい空気をはらむころになると、毛皮を身につけた人たちを見かける。
ジャケットやコート類の襟と袖口といった衣服のワンポイント遣い以外にも、
手袋やブーツの縁、キーチェーンやバッグなどにアクセサリーとして装着する
タイプも多い。服の先で揺れている毛皮製品の数々。それらは、かつて生き物
だった。そして、その命は人を飾るためだけに奪われた。海外では特定の動物の
毛皮製品の輸出入や取引を禁止したり、ひとつの町が毛皮の衣料品販売を禁じる
条例を可決したりと、ファッションのための毛皮を否定する動きがある。
 私たちの生活は好むと好まざるとに関わらず、多くの動物たちの犠牲の上に
成り立っている。実験動物や畜産動物について口にしようとすると、よく質問
されるのは次の二つだ。「では、あなたは肉も魚も食べない?」「病気になっても
治療を受けない?」。完全な菜食主義者や一切の医療を拒否する人しか、畜産と
実験動物についての思いを述べることが許されないのだろうか。
 牛や豚や鶏が、それぞれの動物種に合った環境で、できるだけ快適に暮らして
ほしい。実験に供されるネズミやウサギが、可能な限り痛みや不安なく、3Rの原則
(数の削減、苦痛の軽減、代替法)が順守される中で飼育管理されてほしい。
結果的に食用に処理し、実験の末に安楽死処分する対象への扱いを憂えるのは偽善
なのかもしれない。それでも、これだけの恩恵を受けている彼らへの福祉を徹底
したいという考えこそ健全ではないだろうか。
 環境省では「動物の愛護及び管理に関する法律」の改正案についてパブリック
コメントを来月7日まで募集している(環境省ホームページ参照)。内容には
「虐待の防止」「罰則規定の見直し」などに加えて実験動物と産業動物の取り扱いが
含まれる。動物実験や肉食の是非を問うのでなく、その動物たちの扱いに適切な
規制を設けるべく、たくさんの方にご意見をお送りいただきたい。
 冬空の下、帰る家のない猫たちが毛をふくらませて寄り添い合っている。
命について深く考えさせられた1年が、大きな宿題を残して過ぎようとしている。(作家)

毎日新聞 2011年11月29日 東京朝刊
------------------------------------------------------------------------

※転送・転載可です。転載・転送される場合は
[ALIVE-news]より転載と明記してください。

alive-newsは送信専用です。このメールに返信はできません。
お問い合わせ等は、以下のアドレスへお送りください。
***********************************
NPO法人地球生物会議(ALIVE) 事務局
TEL:03-5978-6272 FAX:03-5978-6273
e-mail:alive-office@alive-net.net
(メールを送る場合は@を小文字の@に直して下さい)
http://www.alive-net.net/
***********************************


-----* 転載、ここまで *-----


毛皮を身に着けている人を見るとゾッとします。

それは生きていた動物から剥いだもので、それを作る為に何匹殺したんだろうね?って。

ポイント遣いだって一緒。
たったそれだけの為に殺された命がある。
その毛皮、本当に必要?って。

まぁ私だって、つい最近までフードの縁にラクーン・ファーをあしらったダウンコートを着ていた訳で。
だって、その毛皮がどこから来たものかなんて考えもしなかったから。

だからね、
知ってください。

→ 毛皮(リアルファー)はいらない|NPO法人アニマルライツセンター

→ 地球生物会議ALIVE 毛皮のページ


畜産も一緒。
私たち人間は顔の前面に目がついていることから、もともと捕食動物だったんでしょう。
(獲物との距離を正確に測る為に捕食動物は顔の前面に目があり、被捕食動物は敵を素早く察知する為に顔の横に目があるといわれています)
だから、私は命を殺して肉や魚を食べることに罪悪感は感じてません。

ただね、
一生、体の向きを変えることすらできないような狭い狭い場所に閉じ込める養豚場や養鶏場、
牛だって日本人好みの霜降りの肉を作る為に、本来草食動物である牛に牧草より穀類を与えて、やっぱり日の当たらない狭い牛舎に閉じ込められる。

捕食動物が生命維持の為に、被捕食動物を殺して食べることは自然の摂理に叶っていると思うけれど、これって虐待じゃね?て思うわけです。
そう考えると「霜降りの肉」が「不健康な牛の肉」にしか見えなくなってくるんですね。


因みにそう言うわけで、私はフォアグラに反対です。
まぁ、フツーに生活してて食べる機会もないけどね。

→ 畜産:動物は食べ物じゃない!|アニマルライツセンター

→ フォアグラ:動物は食べ物じゃない!|アニマルライツセンター


パブコメの締め切りは明日12月7日です。



ランキングに参加しています。お願いします。
にほんブログ村 小動物ブログ チンチラへ
にほんブログ村
Thank you!!



↓ とっても励みになります
スポンサーサイト



theme : 動物愛護
genre : ペット

我が家のモフモフくんたち

げっ歯目のチンチラ、加奈ちゃんです。
心臓弁膜症と診断されました。
2008年10月20日オランダ産 ♂カラー:ブラックベルベット
体重:710グラム(2018/4/20現在)


うさぎの薫くんです。開帳肢だけれど走るの大好き♪
2016年7月生まれ ♂
体重:940グラム(2018/4/21現在)


<<虹の橋を渡りました>>
ブルーデグーのティノくんです。撫で撫で大好きな甘えん坊さんでした。
2009年5月中旬オランダ産 ♂
2015年6月14日永眠


ゴールデンハムスターの靖睦くん(チカちゃん)です。後肢不自由でありながら歩くのが大好きな頑張り屋さんでした。
カラー:ロング ドミナントスポット シルバー系
2010年4月上旬生まれ ♂
2013年3月16日永眠


シマリスの輝(ヒカル)です。斜頸で回っちゃうけど元気で明るい男の子でした。
2011年2月生まれ ♂
リンパ腫で6か月の闘病の末
2016年8月6日永眠



ジュウサンセンジリスのソニアちゃんです。腹壁ヘルニアをものともしない気の強いお嬢さんです。
2011年5月生まれ ♀
拡張型心筋症と診断され
2018年3月18日永眠

↓ランキングに参加しています↓ブログランキング・にほんブログ村へ
ミニブログ設置しました♪
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
1563位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
小動物
48位
アクセスランキングを見る>>
ご訪問ありがとう
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
子どもたちの幸せのために
Because I am a Girl 世界の女の子たちに、生きていく力を 国際NGOプラン・ジャパン

動物たちの幸せのために
地球生物会議ALIVE
人と自然の調和をめざす WWFジャパン公式サイト

★生産方法を知ってますか?★ 地球生物会議ALIVE 毛皮のページ
フォアグラの作られ方を知っていますか?

★人間に有効とは限りません★ 医学的見地から動物実験に反対する

★里親という選択肢を★ 一般社団法人ALMA(アルマ) ~犬里親募集~
ちばわん ~犬猫里親募集~
ペットのおうち

保護猫カフェ『ねこかつ』@川越


関連リンク 他


検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

更新履歴
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2011年12月 | 01月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


ブログ村